どうせ地球のチリだからな。

生き方を変えたから、ブログも変えようと思った。
企画屋の日記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ゴミは持ち帰ろうぜ。

2012-02-12 01:31:06 | Weblog
今日のスコップ。
あった事を書くね。
あった事と感じたことを。

今日、取材クルーを連れてサンドウィッチマンが来てくれた。
元々、Smile for birthdayとかキャノラインで繋がりがあった。
去年の夏、仙台市の子ども達のスタンプラリーも協力してくれたっけ。
「友人だから、来たんだ。」
そのように富澤さんは言ってくれたんだぜ。
ありがとう。

俺が怒ったのは。

東北放送の方々は俺達の活動と、それに感動したと言い続けてたサンドウィッチマンの気持ちを伝えに来てくれていた。
最後の俺達の会話をしている最中に、カメラが回っている最中に、彼等の後ろに回り込み「はよう、はよう!」と写メを撮っている姿があった。
ディレクターが困ってその方を引っ張ろうとしても、本人は気付かない。

クルーの方々を困らせてしまった事を、謝りました。
「大丈夫です。なんとか編集で。」
と言って下さったけれど、これまでの事を思い出したら頭に来たと言うよりも、悲しくなった。

今日は、三軒あった。
少しだけ離れた三軒目は、坪数の少ない家だから今日のような人数はいらない。
邪魔だということではなく危険度がましてしまうから。

同時並行をしていても、取材の行ったり来たりで俺がケルヒャーではなく、雄大がする羽目になってしまった。
雄大が悪いのではなく、経験値的に水の残量と時間、効率の良い水の流し方は、やはりある。
それでも彼は頑張って、ずぶ濡れになりながらも俺の代役をこなしてくれた。
勿論、時間の読みが甘いし水も足りなくなってしまう。
一、二軒目を終わらせた人達が駅に着く頃には全員が終わって揃ってるはずだったが、それがずれてしまった。
寒い中、お待たせして申し訳なかったと思います。

雄大。
ありがとう。
助かった!
ずぶ濡れ雄大。
極寒です。


これが。


こう!


しかし、問題はそこからで、一、二軒目に道具を片づけに戻ると誰もおらず、代わりにサンドウィッチマンが差し入れてくれた弁当のゴミが散乱していた。
俺達はそれを片づけ、道具を片づけ、さらに30分程時間を要してしまった。

保志さんやタケチン、トシユキ達に相談をした。
「これは、言った方がいいかなぁ?それとも、何も言わずに気分よく帰ってもらった方がいいのかな?」
「団長に任せるよ。ブチ切れて来なくなる人がいても、仕方がない。俺達だけでやり始めた事だから俺達はずっと来るよ。」
「そうか。じゃあ、軽く言おうと思う。ありがたいとは思ってるから感謝の念しかないしね。」
「任せます。」
「任されます。」

道具を安田工務店に片付けて、やっと駅に戻るとこう言われた。
「こんだけ待たせて、何様だ。」
と。
「すみませんね。」
と言うだけが限界でした。
「すみませんね、じゃねぇだろう。寒いんじゃ!」
と言われた。
「案外、作業の内容も大したことねぇしな。偉そうに。周りに沢山ひでぇ家もあるだろう。」
だそうだ。

それは申し訳ない。
ここは東北です。
そして、一応、冬だ。
そして、もう地権者がいない家が多いんだ。
やってやりたくても、連絡がつかねぇんだよ。
天国に連絡するしかねぇんだよ。
「片づけてさしあげましょうか?」
ってさ。

出来んのかテメェに!!!!

で、あのようにブチ切れました。

真面目にやっていた方々へは、大変不快な思いをさせてしまいました。
だから、精一杯頭を下げました。
「それ以外の方々、ありがとうございました!大変助かりました。」
と。
その姿を見てトシユキが泣きそうになった、と言ってくれた。
俺は、それだけでいいや。

明日からの新ルール。
待ってなくていいです。
寒いから、風邪もひいてしまう。
作業が終わって、事務局や俺に用がない場合には帰って下さって構いません。
それを言っておけば良かったね。
ゴミも持ち帰ってください。

批判やご指摘のメールは、言った通り案の定ワンサカです。

【リーダーの資質のない傲慢な無知でバカ丸出しの勘違い。】
あらま!その通りだ!!ごめんなさい!!
【短気なチンピラと変わらない】
弁解じゃなくて、本当は滅多に怒らないんだよ。地震の前とか特に。
【時間にルーズ、管理能力もない】
弁当のゴミと、使いっぱなしの道具を片づけて回ってたんじゃ!タケチンとトシユキと!!
カツヤですら驚く弁当のゴミ!!
管理能力は・・・管理しようとしてないからな・・・。
した方がいいならするか?
いや。
やめようね、やっぱり。
みんな大人だし、俺より立派な人が多いから。
【芸能人気取りの勘違い。モテモテが嬉しいんじゃないの?】
はははは。
俺が好きな女は一人だけじゃ!

色々言われるが、俺が嫌なら来なきゃいい。
バカ丸出しで、管理能力もなく、チンピラみたいにキレて、何も悪くないダンプップを蹴っ飛ばすアホです。
(ダンプ、ごめんよ~。これからはもう蹴ったりしない。絶対に。)

それでもいいなら来てけろ。
現地集合、現地解散。
自分のことは自分でやれる【大人】の方の参加をお願いします。
芸能人が来てはしゃいじゃう気持ちは分かるけど、そこであった悲しい災害を想像できない人は、その家の人を傷つけるだけ。
まして、庭にゴミを捨てていくなんてなぁ・・・。

「二度と来んなボケ!」
とお家の方に代わって俺が言うしかねぇだろうがよ!!

二度と、来ないでください。
宮城の事は、宮城の男がやるさ。
段々、偏屈な卑屈ボーイになっちゃうもんね。
「ヨソモノキライ」

そう言いたくないんだよ。
だって、全国に好きな人もいっぱいいるからね。

俺ね、本当に明るい人なんだよ本当は。

今日、初めて参加した方には、それは分からないだろうけど。

機会があればまた来て下さい。
そういう方々には大変失礼いたしました。ごめんなさい、本当に。
次は、元気にやれるように、それぞれが自重しよう。

今日は小さい子もいた。
その前であんなにデカい声を出してしまって、ごめんなさい。
お父さん、お母さん。
本当にごめんなさい。

明日、アメとか持っていこう。
今日はムチだったから。

無知って言われたムチ野郎より。

それと、もう一つ。
スコップ団は思い出作りの場じゃねぇから。
3人で始めた、ショボショボチームですから。

最近知って、行く勇気がなくて、それでもあと数回しかないから一回ぐらい参加しておこう。

そんな感じならばノーサンキュー!
明日はそんなにヘビーじゃないと思う。

だけど、来週はヘビーな上に悲しすぎる現場です。

アホな奴、絶対に来るなよ?
絶対に。
絶対に、絶対に来るな。
「あぁ行かねぇよ。」
ありがとう。

骨折の痛みを知ると、切り傷なんて「別に」と思える。
でもね「切り傷」の痛みは、実は変わらんのだよ。
程度を知っただけで。

誹謗中傷、ご批判、ご指摘、様々な角度から言われ続けて早一年。
慣れてきたけど、傷付くことには変わらない。
「団長、強いね。」
「強いもんか!!マスクしてるからそう見えるだけじゃ!」

帰りに、ゆきえさんの墓参りに行った。
プリプリしながら。
雑巾でゴシゴシ磨いて、その雑巾を「チクショウ!」と投げつけられたゆきえさんに謝りたい。

めんご。

ゆきえさん。
俺は、まだまだバカ小僧だ。
君の最後のメールを思い出して、明日もなんか我慢して、スコップ持って行ってくるね。
ご家族、みんな花火を見に来てくれるってさ。
よかったよ。
君に伝えに行くんだよ。
「皆が、君を愛してた!」
って。
「俺達は元気にやっとるぞ!!」
って。
最初の一発目は、その一発。

ドンとやってやる。

それまでは、もう少々無理をしよう。
何があっても、無理をしよう。

我慢は・・・。
出来ねぇこともある。

いつものように、
「バカだねぇ。実にバカだねぇ。」
と笑って見ててくれればいい。

頑張るよ。
もっと我慢しよう。

君の無念に比べたら、屁みたいなもんだ。
屁みたいなもんだ。

そうやって笑って、バカにしながら俺を見ててくれ。
俺達に何が出来るかは知らん。
知らんけども、君のやりそうなことをやるよ。
娘達も、俺達が出来ることはなんだってするよ。


またケンカをしながら、髪を切ってもらう時はいずれ必ず来る。
俺達が天国に行く時には、君の年を超えてしまうなぁ!!
ははははは。
いっぱいいるよ。
髪を切らなきゃいけない人が。
儲かるのう!!
よかったじゃねぇかよ。

ね。

【告知1】
エスパルのパネル展は3/10までですが、現在の場所での開催は2/14まで。
2/15~は場所を変えて、エスパル内で見られますが今のフルスペックで見られるのは、それまでの間です。

【告知2】
スコップ団 福岡から
福岡でもパネル展が開催されます。
会場:天神福岡三越1階ライオン広場
開催日:2月13日(月)~2月19日(日)
もちろん無料です。
ぜひ見に来てください。
リーフレットを配るお手伝いをしてくれる方も歓迎します。
常駐スタッフに声をかけてください。

【告知3】
フランスで3月10日の鎮魂花火大会の翌朝10時に、アヴィニヨン法王庁のすぐ横の市内で最も大きな教会で、
日本のため、子供達の将来のため、それから世界の人たちのためにミサを開催してもらうこととなりました。
すごいね。
アヴィニヨン市役所にもスコップ団の活動が展示されるってさ。
それと3月12日から1週間くらい、フランス東部のベルフォール市の中学校でも小さな写真展が開催されます。

そんな感じです。
あ~、なんか疲れちまった。

もう嫌だ。
嫌になった。

でも頑張ります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (58)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 募金の時間 ヨコシンより | トップ | さぁ行こう。 »
最近の画像もっと見る

58 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ゆうこ)
2012-02-12 01:55:42
了くん。
ギフトショーの件では、本当にお世話になりました。
あなたがいなかったら、父の今後の人生が全く違うものになったでしょう。
多忙なあなたが、私たちのために時間を割いてくれた事。
感謝しきれないほど感謝してます。
本当にありがとう。

それからさ。
文句があるなら来なくていい。
そのひと言に尽きると思う。

あなたが財産と命をかけてやって来た行動を、批判できる立場の人間なんて居ない。
一人もいない。
平了の人間性を知らずに参加し、場を乱し、批判し。
一体何様のつもりなんだろう。

スコップ団の団長としての平了だけを知り、彼の本来の生き様を知らずにスコップ団に参加する人たちがいる。

そして何よりも、被災された方々の心情を想像すらしないで参加してくる馬鹿がいる。

忘れてはならない事は、人助けに対する本当の意味での責任感。
了くんは、スコップ団の活動で満足したことなんて一度もない。
良かったって心の底から感じた事も一度もない。
なぜなら本気だから。
了くんはいつだって本気で向き合う。
知ってるんだよ。
スコップ団のしていることの小ささを。
私たちが誰かのために出来ることは、本当に小さな事なんだってことを。
だからこそ家主の方に対していつも謙虚です。
自らの時間をかけて、無償で行ってる活動をした後に「失礼があったらすみません。」と言う。
家主さんにありがとうと言われたとしても、「お互い様ですから。」と答える。
こんなかっこいい大人が他にいますか?

批判をするならまず自分から。
あなたたちに出来ますか?
平了と同じことが。
文句があるならやってから言いなさい。
と、私は思うよ。
キツイね。。。(涙) (ターキッシュギュル)
2012-02-12 01:58:08
読んでいて
読ませて頂いて
ブログを綴りながら 言葉では言い現せない程の 想いと。。。。

そんな 甘い状態ではないですね。
ただ
忘れないで下さい。
どんなに打ちひしがれても 非難が発せられようと
本当の意味を理解してる人は近くにいるし
たとて気づかなくても 見守って、支えて、応援して、平さんの前進する 姿に励まされた 方々は それ以上にいらっしゃいます!
沢山の方々が 見守ってますよ!!
心身くたびれたましたら 整体師ギュルが 心と身体をほぐします“得意は特効ツボを押さえた腰ほぐし!”
いつでも ご用命下さいませ~(^Д^~)


情熱は
試される!
Unknown (かづる)
2012-02-12 02:11:57

だんちょも前に書いていたけれど 、それが「温度差」ではない「性格や人間性の違い」って事なのかもしれないですね。

繋ぎ合えない手があるのは、仕方の無い事なのかもしれません。
Unknown (矢沢B吉)
2012-02-12 02:12:01
 どの世界でもアホはいるもんだ。そういうアホにキチンと対処する。そういう人間は貴重だし俺は好きだ。
どうか泥のように寝てください。 (お母☆)
2012-02-12 02:15:56
平 了様

団長としての仕事、お疲れ様でした。

人助けに理由はいらない。
けど。
想像力はいるね。

なんだか盛り上がってて、そこへ参加してワクワクする気持ちはわかる気がする。

でももし、自分の家や庭だったら。
片付けを依頼して、瓦礫や泥がキレイになったとしても、
知らない人達の食べかすやゴミが残っていたら(それも大量に)、
がっかりして涙が出るでしょうね。

スコップ団の皆さんはそれがわかっている。
ブログを読めばわかります。

なので、にわかスコップ持ちの言うことはソレとして、
終わったことは昨日に置いて、
未来の、やるべきことをやり、輪を閉じたあとの愉しみを考えながら、
泥のように寝てください。

また明日が来るから。
多分、ぶらんにゅーな明日が(もう今日だけど(笑)

もうただ黙って見ていよう、と思っていたのですが、
やっぱり贔屓したくなって(笑)、コメントしました。

最後の一踏ん張り、カッコイイとこ期待してますよ、団長。
もう一息だっスコップ団!
ファイト!

(長文コメント失礼しました。)
難しいけど、前へ (みつ江)
2012-02-12 02:30:06
欧州に住んでいます。
津波の子供たちのために、邦人が何人かのグループに分かれてバザーなど行ったので、何度か手伝いました。
だけど、何個か有る邦人グループの中でも、お互いを
誹謗中傷する場面が何度かあったそうです。
津波の子供たちを助けるのが目的なのに、邦人のなかで、
足を引っ張ってどうするの?
無償でやることの難しさを感じました。

困っている人を助ける。何の見返りもなく。
元々は人間としてとてもシンプルな事なのに。

今日のことはとても残念なことでしたね。
多分、有名になりつつあるスコップ団に単に参加したかっただけの方かもしれませんね。
一人ひとりが「困ってる人を助ける」という目的を
考えれば、自ずからどのように行動すれば良いか、
頭の良い人だったらわかるはず。

団長は気にしないで、前を向いて歩いて下さい。
気にするのは時間の無駄です。
ゴールはもうすぐ。
支援と見守ることしかできないけれど。
日本中、世界中から見守っています!

うぇい、うぇい、おおおおお!
うぇいうぇいおおおおお!
Unknown (サクラバ)
2012-02-12 02:57:07
団長…。ファイトだよっ!!
知っているよ (macamaco)
2012-02-12 03:55:09
「それ以外の方々、ありがとうございました。本当に助かりました。」

深々と頭を下げたその姿に胸が苦しくなった。

こちらこそ、ありがとう。手伝わせてくれてありがとう。

いつも誰よりも大変なところをやり、休憩もせずに、あちらこちらに気を配りながら動き回ってくれている。知っているよ。

終礼で語った事だけでも、団長が怒る充分の出来事だったのに、それ以外の事があったのですね。そして、そのあとにも批難のメールが届いてしまうなんて。

知らなかった。


帰り際に必要があってちょっと話しかけた時、普通に対応してくれてありがとう。誰とも話したくない気分だったでしょう。

すぐに切り替えて、怒りの対象と関係ない人に普通に対応するって、意外と大変だ。それができる人だって知っているよ。


テレビやラジオ、、、好きで出ているわけではなくて、『団長』としての役割として出ている。やらなくていいならやりたくない。活動を、現状を知ってもらうために忙しい中、対応してくれてありがとう。


今までも本当に色々な言葉を投げつけられていても、自分ひとりで受け止めて対応してくれてありがとう。やたらに怒ったり、キレたりする人ではない。知っているよ。


とっても優しい。

知っているよ。

笑うとかわいい。

知っているよ。

今よりも、もっともっとその先を考えている。

知っているよ。


「もう県外のヤツはくんな。」そんな言葉言わせてしまってごめんね。言われた方より、言った方が傷ついたはず。

11日だったのにね。11ヶ月目、穏やかに過ごしたい日だったのにね。


アナタのこと、何も知らないかもしれない。『団長』だったり『平了さん』だったり、『団長を演じている平了さん』だったり、、、。でも私は自分の目を信じてる。
私が見て
私が聞いて
私が話して
私が感じて
私が知っている姿だけでも、アナタが好きです。応援すると決めたのです。


差し入れのお弁当、私は片付け続行してたチームだったので残念ながらいただけなかったけど、美味しかったってみんな喜んでいたよ。団長はちゃんといただけましたか?

おいしいご飯を食べて
ゆっくり眠って
明日もあの場所で会いましょう。
つきなみだけど… (ラビッツ☆RS(NORIHIRO))
2012-02-12 04:50:40
「トブトリアトヲニゴサズ」

ゴミの問題は、以前もありました。
町のボランティアセンターのホームページでも記載がありました。

真摯にボランティアにきてくださる気持ち、労力にはほんとうに感謝いたします。

けれど来てくださる方には、もうちょっと気配りをお願いしたいものです。
大切な家族や小さい頃から優しく見守ってくれた近所の人達を亡くし、コンクリートの土台だけになった実家の場所やそれぞれに家だった場所、道端にあきらかに津波で流されてきたのではなく、その後に空き缶やペットボトルをそこに棄てて行った人達。

棄てたあなたにとっては、そこはなんにもない場所に見えるだろうけど、地元の人にとっては生まれ育った場所だしふるさと、瓦礫だけだろなんて思ってるかもしれないけど、そもそも瓦礫なんてひとかけらもなかった。
みんなそれぞれのなにげない日常の暮らしのあった大切な場所、それがかけらに変わってしまった…。

いろいろありますが、人としてのルールとモラルを守るのは誰の責任でもなく自分自身なので…。

言うべきことは言い、不備だったことは謝り、修正する、スコップ団の活動の主旨とかけはなれた批判をするのはいかがなものか?ですね!
寒さの中…わかりますが、団の主旨は弁当のゴミをそのまま置いて行くことではなく、道具はきちんと片付けること、どちらもスコップ団だから… ではなく、普通に考えたらわかることですよね。

「バツだったところは修正して角度をちょっと変えたらプラス」
お疲れ様でした。
明日も体調管理に気をつけてくださいね~!
前回ね、 (チャポテン。)
2012-02-12 05:23:54
東京から一緒に行った、他のボランティアには行ってるけどスコップ団は初参加だった人に「スコップ団はどうでした?」って聞いたら、「恵まれてるね!!」って言われて、一瞬「どういう意味じゃゴラッ!!」ってキレそうになったんだけど、深呼吸した。


「こんだけ人数が集まるなら、ボラセンとかと連携して山元町以外にも行けば良いのに」だなんて、主旨とか意味とか成り立ちとかが分かってナイんだな…って思ったけど、深呼吸した。





ヘイ、スコップ団。


世の中には色んなヒトが居るけども、君等はどうにも揺るがないココロを持ってるんだから、大丈夫なんだぜ。







来週、行きます。


仲間を連れて。
Unknown (Unknown)
2012-02-12 05:43:21
時と場所をわきまえる。使った道具を片付ける。ゴミを持ち帰る。基本的な事。それが出来ない大人。残念で悔しい。
今日もお疲れ様です。 (ハチ公)
2012-02-12 05:43:53
スコップ団の皆様。いつもありがとうございます。

世の中いろんな方がおりますが、自分が出したゴミを片付けることができない方がいる…ということに驚きを隠せません。

この悲惨な被災地で、悲しくとも立ち直るしかない人々になんという仕打ち。人間性を疑います。


「ヨソモノキライ」本当にそう思わずにはいられません。


それでも、そんな世の中でも、スコップ団の皆様がしてくださっていることに、感謝をしている人々がいることを忘れないでください!電気に+と-があるように、オセロに白と黒があるように、批判はつきものですが、感謝はもっとたくさんあります。


姿形は見えずとも、陰ながら応援しております。つらい時はそれを思い出して、めげずに頑張ってください!
私の考え。 (デンキマン)
2012-02-12 06:32:43
平さんの話題が、毎晩続いてもうすぐ一年。
私の母は、子供達は、妻は、あなたの味方です。
年末の賞与は、全て花火代に。
あなたがしてくれたように、私はそうした。
真似でしかない。
しかし、それは学びの第一歩である。
あなたの言葉を借りて、私は職場の後輩達に発問を行い、命の琢磨を感じています。
あんな状況で、初めて来てくれたのはあなた達だった。
「気にすんなよ!」と笑うあなたが、頼もしかった。
今もあなたは、私の中では笑っている。
いつだって無理して、笑っている。
「破産しちゃうよ~!」と笑ってましたね。
一日に食パン一枚でした。
そんな時に頂いた果物やラーメン。
ガスコンロ、ガソリン、懐中電灯。
全て、私は次の方へ渡した。
ただひとつ。
tairaというステッカーが貼ってある懐中電灯を除いて。
あなたは二日で、おむすびひとつ。
それなのに私達の方が辛いだろうと全てをくれた。
チョコレートの美味しさを初めて知った。
あなたは、
「いっぱいあるから、いいのいいの」
と全部くれた。

我慢強いあなたを怒らせるなんて、私は胸が潰れる思いと憤りを隠せない。
命の恩人なんて、そうはいない。
しかし、事実として彼は私達家族のそれになる。
彼だって人だ。
例え今回の件が過ちでもそれで全て評価できるのか、あんたが。

例え、世界を的に回しても私は彼を支持する。
バカな (中村)
2012-02-12 06:48:11
あれだけのことを言わせてしまったのは、参加した人の誰かだろう?
リーダーの資質がない?
お前にはあんのかよ?
ない人にこれだけの人が集まるか?
バカも休み休み言いなさいよ?
普段、彼はとても優しい。
おばあさんと、おじいさん想いで、子供も好き。
犬や動物が好きな、優しい優しい人だ。

Unknown (おばま)
2012-02-12 06:57:03
埼玉にいます。今週は参加していません。
うまくかけませんが、ごみを捨てていく人がいるのは悲しいことです。その人は、普段から道や駅でポイ捨てしているんですかね。隣の家にごみ捨ててるんですかね。
色々な誹謗、中傷するのは自由だが、誰かのもしくは自分のプラスになるんですかね?
参加者全員が、団長様の想いを完全理解するのは難しいかもしれません。ただし、自分は何をしに来たかは忘れないで行動すべきと思います。
うまくかけなくてすいません。
本当は
【誰が頼んだ!文句あるなら来んな!】
【芸能人みたいならTVで見てろ!】
【ごみ捨てるくらいなら、差し入れもらってんじゃねえ!もらったモンは持って帰れ!】
って言いたいのですが。

※とりとめもないので、削除してもらっても構いません。
ありがとう (その1)
2012-02-12 07:09:08
極寒の中、たった1人の愛する嫁とその子供達…以外の人達のためだけに今日もありがとう。
毎日、ありがとう。
すべての人に平等に与えられた時間を、沢山の人達の為に使ってくれてありがとう。
愛する旦那が傷つき、疲れ果てて…「もぉ行かないでいい!」と言いたい気持ちを飲み込んできっと今日も送りだしてくれたであろう、お嫁さん…ありがとう。
僕達だけのかっこいいパパでいてくれればいいのに、今日も大事なパパをみんなに貸してくれて…ありがとう。
今日も貴方と素敵な仲間達が、ケガのないように…そして貴方を傷つける言葉や行為がないように…お祈りしております。
花火ドカン (地元民)
2012-02-12 09:36:34
私の住む地域にもきてくれてありがとう!
なんか、ゴチャゴチャ訳分からんことはほっといてサクサク進みましょう!
来月、花火ドカン!
それでいいのだ。
恥という概念 (くろたま)
2012-02-12 11:59:03
団長・団員の皆さま、寒い中お疲れ様です。

普通の大人は事情を確認してから討議するもの。
いきなり怒ったり、他者批判したり、誹謗中傷する人は、自分と状況を分析できない理解能力のない人ばかり。
そういう人は常にそういう言動をしていて、自分が他者にどんな評価を受けているかもわからないのでしょう。
あなた嫌な上司、嫌な同僚、嫌な家族、嫌な大人、嫌な客、嫌な近所の人…だよ。
仕方なく関わって貰っているのも知らないのね。

スコップ団、ボランティア活動は観光ではありません。
ツアーガイドでもない。自分の欲しいサービスが受けられるわけではない。

真面目にボラに行く人は、滅私奉公の気持ちを持って行く。
団長やスタッフは常に滅私奉公でしょう。

自分の行動は、未来を託す子供たちに恥じない行動なのか?
今わからない人には、生きているうちに理解するチャンスがありますように。

Unknown (みえ)
2012-02-12 12:19:37
ゆきえさんのお写真のところで、涙が溢れてきて、気がついたら東京駅、大手町で降りたかったのに。。。

写真でさえ、このオーラ。癒されました。

…私も気を付けます、自分の行動。明日からまた仕事。頑張ります。
想像力と配慮の欠如ですね。。。 (てんてん)
2012-02-12 12:23:01
先週、はじめてスコップ団に参加しましたが、
意識の高いプロ集団、と思いました。
邪魔にならないように動くのが精一杯。
でもこの人たちの意識に寄り添いたいと思い頑張りました。

今日、このブログを読んで、改めて自分の行動を振り返りました。
自分はどうだろう?
ちゃんと意識を持って行動しているだろうか?
スコップ団の考えを理解しているだろうか?

団長の考え・行動は正しいと思います。
きっとそういわないと、わからないバカが多すぎるのだと思います。
団長ばかりが悪者になてしまう、そんな世界がバカらしく思えます。
でもその世界に生きる者として、この世界をよくするためにも、私は一歩ずつでも歩んでいきたい。
そう思いました。

団長やその思いに賛同して動いてくれている人たちが悲しい思いをしたことが悔しくてなりません。
どうか今日は、ケがのないように、そう祈るだけです。
部外者 (九二四四 橋浦 邦義)
2012-02-12 12:40:03
昨日、何があったか知らない俺は部外者。
でも、いつ、どこであろうと、了君を批判するようなことがどっかで起きたら、それは俺にとって部外じゃない。
どこのどなたか存じませんが、あなたが了君に直接モノ申すなんぞ100年早いわ。
俺で十分。
「平了という生き方」について、しっかり一から教えてあげるから。
了君のブログを最初から読むか、俺の「平了講座」受けてからスコップ団に参加しなさい。
そう言えば (さちこ)
2012-02-12 12:46:07
私が7月に参加させて頂いた時も、前日のポイ捨てで団長が切れてた事思い出しました。一瞬何に怒ってるか聞こえなくて、働きっぷり悪いと怒られる?とか思いビビりましたが、あなたが切れるのは当たり前!自分家にゴミや吸い殻捨てられたらみんな怒るはず、団長は間違ってないと思います。あなたはあなたのままで良い。そんな団長だからみんなついてきているんです。
自分を信じて、仲間を信じる (応援団)
2012-02-12 13:11:23
先日も話したばかり
いろんな人がいてあたりまえ
いろんな考えがあってあたりまえ

その中で、ベクトルが一緒であれは前にすすめる

最後に、俺たちは間違っていなかったって、きっと思うはず
おつかれさまです。 (群馬の赤い彗星)
2012-02-12 13:31:08
昨日3回目の参加をさせて頂きました。

ゴミ放置、待たせた発言等は知りませんでした。それで、よくあれだけで抑えたなと関心です。

あの直後に花火資金を手渡すのに、ちょっと抵抗がありましたが。硬い握手をしてもらいヨカッタ。

大した協力はできていませんが、今後もよろしくお願いします。
Unknown (Unknown)
2012-02-12 13:36:20
私が14年間見てきた「了」という男は、自分の事よりも他の人のために怒り、泣ける男です。

昨日怒ったと言うなら、怒りたくても怒れなかった人の代わりに怒ったのでしょう。

りょうはバカだけど、ばかじゃない。

チンピラの様にキレても、チンピラの様な理由ではキレない。


そーゆー男です。


世界が敵になっても、私はそばにいます。
Unknown (M)
2012-02-12 13:45:57
2/11に初参加した県外の者です。

終礼での言葉は、当然の事をおっしゃっていたと思います。
初参加の緊張もあったとはいえ、最後に周囲を見渡すことをせず、お弁当のゴミに気付かなかったことは、本当に反省です。

言った方が辛い言葉を言わせてしまって、ごめんなさい。
大事なダンプを蹴らせてしまって、ごめんなさい。

もう1度、参加させて頂こうと思っています。
Unknown (☆月夜)
2012-02-12 14:01:01
あと少しだから・・・
と隠すことも出来たでしょうが
こうして平さんが想いや現実を綴って下さって
嬉しく思います。

どんな時でも、必ず一般常識、マナーを守れない残念な人はいるんですね。
そういう人に限って、文句も言う。
東北の真冬だから寒いのは当たり前
ごみを捨てていくなんて、もってのほか!!
何をしにそこに行っているのか
家が綺麗になっても、周りがゴミだらけなら
意味ないってわからないのか・・・
情けないです。

平さんの
『俺が好きな女は一人だけじゃ!』
かっこいいです♪
奥様をこれからも大切にしてくださいね。

土台を知れ。 (沼田 孝人)
2012-02-12 15:50:17
私が初めてスコップ団に参加したのは6月19日です。
前の日団長がブチキレた次の日です。
友達に「沿岸部の家の片付けに行こう。」と言われて「ボランティア?いいよ。」って感じの軽い気持ちで参加しました。

朝一番。ヤンキー風のお兄さんが現れて「昨日はキレてすいませんでした。」から始まって、「俺達はボランティア団体じゃねえ!」「作業になるな!」「あれは瓦礫じゃねえ、思い出だ!」「笑うな。しゃべるな。」「体調管理出来てねー奴は帰れ!」「俺はお前らの面倒までは見切れない、自分で管理出来ないなら邪魔だ。俺一人でやる!」等々…で始まりました。

なんだこの人は?ヤバイ所に来てしまった…と思いました。

その日は6月にしては気温が高くて、すぐ汗だくになるような日でした。スコップ団のみなさんは、黙々と淡々と片付けていました。文句1つ言わず。初めて参加した私達の事を気遣いながら。ここまでやるのかよ?と思うほど全く手を抜かない。
この人たちはマジでやってる。自分の家を片付けるように。これを毎週?信じられない…。

本当に、ただただ凄いと思いました。本当に、自分が恥ずかしくなりました。

私は、参加するにあたって、「片付けに来てやってる」とか「誰かに褒められるかも」とか、そういう感情を少しでも持っちゃいけないと思って参加したつもりです。でも朝の団長の言葉やみんなの行動を見て、自分の心のどこかにそういう恥ずかしい感情が残ってるなと思いました。

2回目の参加は11月です。
なんとなく6月の時とは感じる空気が違いました。あの頃のような張り詰めた空気、悲壮感、怒り、みたいなものが薄れているように感じました。
でも私はそれで良いと思いました。団長達が笑ってふざけているのが見られて、なんとなくホっとしました。みんな人間なんだし、いつまでもあの時と完全に同じ感情ではいられなくていいと思います。

ただ思ったのは、今日初めて参加した人はどう思うのかな?ってことです。
団長達は、本当に悲しい事や辛い事を経験した上で笑ってるってことを理解してるのかな?って思いました。土台を知ってるのかなって。

これから参加しようと思っている人がいるなら、少なくともその土台を知ってからにして欲しい。知らないなら、感じられないなら黙るべきです。


団長。
毎日ブログを読んでいますよ。今日は初めてコメントしました。
直接話したことないけど、ずっと応援してます。世の中には、俺みたいな奴がいっぱいいますよ。

3月10日参加します!必ずぶっ放してやりましょう!
Unknown (Unknown)
2012-02-12 16:32:25
一度スコップ団に参加し、それからずっとブログを読ませて頂いています。

今日の記事は涙が出ました。
団長の活動、想いはブログでしか知りませんが、それでも悔しいです。
なぜ、そんな配慮のない言動をする人がいるのか…。

どうか、後1ヶ月、お体に気を付けて頑張ってください。
Unknown (Unknown)
2012-02-12 16:56:54
雄大さん、風邪をひかれませんでしたか?
寒い中のスコップ、皆さんお疲れ様です。

「スコップ団」の趣旨を今一度考えるきっかけになったこのページです。

ただ、団長には、ゆきえさんにいい報告でお墓の前に立ってもらいたいです。
Unknown (静江)
2012-02-12 18:40:45
了くんはいつも一生懸命だね(私は53歳だからこう呼ぶのを許してください)何と言ったら良いか解らないけど、私はずっとずっと君の応援をしていたいよ! まっすぐまっすぐ生きて行って欲しいよ! 花火大会行くからね!! 
笑ってしまう (気仙沼の坊主)
2012-02-12 18:58:58
団長。おつかれさまです。初めてコメントします。寺で住職をしております。生臭いですけど。まずは四月のドライアイス、本当にありがとうございました。僕は、そのドライアイスのお陰で妻と再会できたんだ。僕は、そのお陰で変わり果ててしまったけれど妻ともう一度キスできた。
団長はさ、もう、あの頃の規模の団長じゃないんだよ。望んでないんだろうけど。だから、あの頃のように誰にでも突っかかって行く立場にないのかもしれないね。だから周りから見たら「こわ~。」とか「なんだアイツ」とかとなってしまう。
団長に近い人はみんな「本当は優しい」ってことを知ってるんでしょうけどね。
もしかしたら、多くに耳を傾けてもっともっと成長するチャンスを与えられたのかもしれないよ。って妻なら僕に言うと思う。
でも、その一方で僕は思うんです。
聖人君子ではないんです。誰もかれも。
団長は決して、自分だけが正しいって言ってないよね?色々な考えがあって社会なんだって言ってる。
本当にその通りだと思う。僕は、職業柄耐えたけど、避難所の生活が長くて、自殺まで考えた人達を多く見た。その原因は心無い一言だったり、ボランティアの方々の態度に辟易してたから。団長は新潟が好きだって言うね。
僕は一時期、すごく嫌いだった。
新潟のボランティアの人達が、「私達も家族を失った。」とか「人は支え合っていく」とか、「支援がなければ何もできない」などととかく震災に対して先輩面をしてくるのが嫌だった。最後なんて脅迫ですよ、脅迫。でも、それは一部の人で全部じゃない。ボランティア活動をしている人全てが嫌いになった時もあった。
でも、それは一部の人で全部じゃないのです。「人助けに理由はいらねぇ。」その言葉で、どの団体よりも人数を集め続ける団長は、完璧じゃないかもしれないけど、結果的にはどの団体よりも求心力やカリスマがある。つまり、今最も力のあるリーダーでしょうよ。政治家なんかよりも随分と立派なリーダーでしょうよ。たぶん、怒られて逆ギレってやつでしょ?
ヘイスコップ団。気にすんな、気にすんな。
どこの世界に被災地で取材してるテレビの前でピースするバカがいる?
どこから来た人達?何歳くらい?子どもだったら分かりますけどね。子どもは「分かってない」からね。団長。アナタは我慢する方が簡単だって呟いてたね。本当にそうかもしれない。
僕は我慢しないで、感情を出せるリーダーの方を支持したい。「バカヤロー」って言って国会を解散させちゃうような人って、今はいない。

団長。
自重をするという勉強をする機会だと思えばアナタはどこまでも伸びるだろう。
完璧な人などいない。でも共に学ぼう。子ども達は、多分、アナタを必要としてる。
テレビの前でハシャグ人、ゴミを捨てる人よりも。

文句を言った人。
想像力を磨きなさい。
逆ギレなんてやめなさい。
多対一で言われたんでしょう?
思い当たるから、色々アンタは心当たりがあるんだよ。弁解しない団長の爪の垢でも飲みな。

言っておくけどドチラの味方でもない。
団長たちやドライアイスを支援して下さった方々へは、一生をかけて感謝をし通す覚悟はあります。
でも、どちらの肩を持つ訳でもない。

その上で文句言った方へ。
アンタは幼い。
アンタはイライラしないってか?
声を荒げる事もないってか?そんなことをしていてはいけない。いつかバチがあたる。
それか、超完璧な人ってことかも!!

その場合は僕が代わりに謝ろう。
団長風に。
「ごめんぷ~。」
花火はいいアイデアだけど、反論もあるでしょう。でも、供養とは気持ちです。どんなカタチであれ、尊敬に値する、世への問いかけであるように思います。
気仙沼の汚い寺の住職より。
合掌
Unknown (shimo)
2012-02-12 19:19:07
11日に参加していた地元民です。
すみません、あの時、もっとちゃんと後確認をしておけばよかった。
「使った道具は有りませんか?」と、聞きに回って回収すれば良かった。
「ゴミは持ち帰って下さいね」私も声を上げて伝えればよかった。
「不安全行動ばっかりだな」という声に、
「ならあなたが安全な行動を示してあげて下さい」と言えば良かった。

やっぱりどこかが他人事だったんじゃないかってあの終礼からずっと悔やんでいます。
一緒に心をこめて頑張ってくれていた県外の方に申し訳ない。遠い遠い所から来てくれて、一生懸命スコップして、駅前ですっかり冷たくなったほっき飯を、美味しい美味しいって食べてくれた人たちに。地元民として恥ずかしい。自分の「ホーム」の事なのに真摯になり切れなかった事が。

団長の言葉も、皆さんからのご指摘も、絶対に忘れません。これからのスコップ、もう一度団長のブログを読み返して参加させて頂きます。本当に、すみませんでした。
いい大人の対応 (ささか)
2012-02-12 20:03:58
「気仙沼の坊主」さんとほとんど同じだけど…。

最近、ガキが悪いことをしたら、ちゃんと怒って、ちゃんと説明して、ちゃんと謝らせる大人がいないよね。

団長みたいないい大人の周りで育つ子供は、後になって恵まれていたと思うんだろう。俺もそう思う。

だから、アダルトチルドレンども!団長に怒られろ!そして謝れ!そしたら許してもらえる。それだけだ。

いい大人が周りにいなかっただけ。ただ不幸だっただけなんだ。

団長に怒りをぶつけるのは間違いだ。

スコップ団で怒られたことをありがたかったと思え。そんな経験をすることもないだろう。それが後で自分の糧になる。

いい経験したな。俺も行きたかったぜ。
Unknown (Unknown)
2012-02-12 20:23:12
社協のボラは、大半が溝掃除だった。
バスで長時間移動して。
でも、文句言ってゴネた奴はいない。
ゴミ持ち帰るなんて当たり前の事だし
道具をバラバラにして
置いて帰る意味も分からん。

スコップ団を批判したい人間が
わざとやったとしか思えないんだが?
Unknown (jun)
2012-02-12 20:34:43
団長は間違ってない。
待たせたのは悪かったかもしれないけど、それは待ってた人の中に原因あるし、団長待つのは普通の事で文句言うことじゃない。そんな人は次回は来なければ良い。

すみません、一度もスコップ行けない、陸スコッパーの独り言。
Unknown (Nana)
2012-02-12 21:43:32
平さんを始め、スコップ団の要となっている方々は当初からこれはボランティアではないと仰っていました。
ボランティアというのは、有償で行う労働、つまり仕事に対して、無償で行う労働という意味の「労働」をめぐる定義で、その行為の主体者の分別でしかなく、また、直接は関係のない他者への提供を前提にしている言葉だと思います。
スコップ団の活動は労働ではなく、お互い様の思いやりが原動力になっている人助けだから、自分に直接は関係のないひとに自分の労働力を無償で提供するという気持ちで参加するのであれば、それは合わないのだと思います。
違いは、相手が自分に関係がないひとだと思うか、自分と関係のあるひとだと思うか、にあると思います。
ボランティアを否定しているのではありません。
ただ、無償というところを、他の何かで補って労働の動機付けにする場合は、スコップ団の方とは対極に位置するでしょう。
前者は自分のために、後者のスコップ団の方は自分を含めた「ひと」全てのために。
平さんがいつも子供のために、と仰ることがそれを端的に表しているように思います。

どうか、あともう少し、とにかくけがのないようにと祈っています。
花火の計画、参加させていただきます。
残りの4回 (ゆっきぃ)
2012-02-12 21:54:44
スコップ団の基本は【現地集合、現地解散】
最後に団長を待つという決まりごとは最初からなかったんですよ。
昨日はただただ悔しかった。
悔しかったけど、それさえ霞む様な嬉しいこともたくさんありました。
あなた方がスコップ団にいてくれて本当に良かった。
どうか最後まで。
私が言うことじゃないのは分かってますが、宜しくお願いします。
応援団 (coffeemilk)
2012-02-12 22:08:02
私は団長さんの応援がしたいです。

出来ることを、損得なしで実行できる、、、私の目指す、生き方です。

かっこいいですよ。希望をありがとー。
ふざけんな (みなと 伸一)
2012-02-12 22:33:08
まってて寒きゃ来るなよ
津波の足跡を消すためにやってんだ てめえらのゴミくらい 地元まで 持って帰れや 誰がチンピラみたいな 団長にしたんだぁ
二度と来るなよ おまえらの分俺がいく 気持ちのわからねぇ かっこつけに来るやつは 顔出すな 花火大会の前だから 一番大事なんだ 今からが本番なんだよ 今までの足跡を消すなよ ねっ 団長 にゃはは言い過ぎだったらごめんちゃい まじに還暦がいくぜよ おぅいかいでか 団長
スコップのみんな 覚悟して 優しくしてね ブフ
はじめまして (丹野 峯稔)
2012-02-12 22:46:52
あるお店で3/10に行われる鎮魂花火のポスターを拝見してブログに入りました。
私自身も仙台市東部で被災し、地震の影響で自宅兼お堂を解体し、お堂も住まいも仮の状況です。

皆さんの真摯な活動に心より敬意を表します。

かくいう私も震災直後は体と車が動けたので
富山県まで物資調達に行きました。
富山で車を借りてできる限り多くの物資を積んで戻りましたが個人レベルでできる範囲に限界を感じつつ十数件に配れるだけ配りました。

戻った後は自宅の片づけと今後の事。
お堂、住居をどうするか?自身の事に専念せざるを得ない状況でした。

「自分は何ができるか?」自問の毎日の中で
毎月11日に地元の海岸に塔婆を立て犠牲になられた全ての御霊の慰霊供養に足を運びました。

正直言って、この行動は「自己満足」です。

誰かに頼まれた訳でもなく誰にアピールするでもなく、取材を受けても撮影を嫌い
ただ、自分の想いをぶつけるかのごとく、毎月風に吹かれ雨に打たれ必死に拝んでいます。

でも、それでいいと思ってます。
私ができる事はこれしかないので。

実際の皆さんの活動は私なんかよりずっと
崇高なものです。

事の正否善悪の価値判断などどうでもいいんです。
自分が誰かの為に精一杯できる事をする。行動を起こす。たとえ自己満足であっても少しでも何かの助けになれればそれでいいと思います。

悲しいかな、自分は自分の足元を整える事に集中しなければいけません。

行動できない歯がゆい思いを皆さんに託します。

来月の花火企画も無事に成功する事を心よりご祈念いたします。(当然協力しますよ!!)
心からエールを (石井明)
2012-02-12 23:12:43
平様

はじめまして。
スコップ団の皆様に、心から、エールを送らせて頂きます。
極寒の今、お身体、くれぐれもお大事になさってください!

石井明
新ルールって (Aya)
2012-02-12 23:13:26
最初からそうだったよね。

勝手に来て勝手に帰る。自分の事は自分で。ゴミを持ち帰るのは当然のマナー。

頑張ったね。ダンプップを蹴った団長の気持ちが何百倍も痛かったろうに。

あのね、「応援する」って「邪魔しない」事だよ。

【ALWAYS ON YOUR SIDE】
「いつだって貴方の味方よ」
「友達を手伝うのにボランティアって言わねぇ」
「人助けに理由はいらねぇ」
「迷ってるなら一緒にどうだい?」
「私たちがスクうのは泥に限った話じゃない」

これがスコップ団です
Unknown (熊谷浩太郎)
2012-02-12 23:33:42
いつもいつもお疲れ様です。
ブログ読みながら、なんか知らんが涙がでそうになりました。怒りなのか失望なのか、、どんな人物がそんな誹謗中傷をするのかうまく想像が出来ない。
せちがらい世の中ですね。
まあ今さら東京スコッパーに「応援してます!」なんて言われなくても団長は戦い続けることが出来る人だと思いますが、俺はマジで応援してます。すげーマジでだよ。ひとまず来週、お世話になります。気合い入れて行きますんで。
気仙沼の坊主さんへ (グロ屋)
2012-02-12 23:35:37
スコップ団や山元町にほんの少しだけ関わったものとして少しだけ言わせて下さい。

自分は新潟県人です。震災の先輩面したような奴らがいたということを知り、正直とてもショックを受けています。特に「自分も家族を失った」なんて言える奴がいた・・・にわかには信じられません。

ですが気仙沼の坊主さんのところにそんな輩がいて、皆さんに不快な思いをさせたのは新潟県人として恥ずかしいし、悲しい。
いつの日か、新潟が嫌いになったという感情が少しでも薄れてくれればと願います。
はじめまして (hiro)
2012-02-13 00:13:28
初めてコメントいたします。
震災直後から仕事仲間がそちらに入り、子供3人、犬2匹の私は援護射撃チーム。
現地の情報が欲しくて、ネット徘徊中イルカ(スナメリ?)のニュースからこちらを知りました。

私の初めての被災地は阪神淡路でした。
その後、いくつかの自然災害を経て、中越も現地に入っています。
昨年の水害地域にも短期ではいりました。
いつかはスコップとはつりでも担いで参加させていただこうと思っておりましたが、
援護射撃がまだ必要な状態。そちらに向かう事かなわずでおります。

若い衆が(稀におっさんもいますが)煙草のセロハンを現場に捨てたら、「帰れ」と言います。
お弁当の割り箸一本でも、親方に引き取らせます。
タメ口、無駄口、愚痴…聞こえたら二度と来なくていいです。

現場を預かり、スタッフ、職人の全てに責任をとることはそこから始ります。
因みに首からブランと下がるネックレスや、ごつい指輪も禁止です。
工具やガレの出っ張りにまいたらどうすると。
相手さんや大切な物に傷をつけたらどうすると。

やくざと言われようが、チンピラと言われようが、ある意味やくざ者なので一向に構いません。
最近では姉御ですが…。

とはいえ、普段は小学校1年から大学生までの母親です。
そんな怖い生き物でもありません。
余談…お前は可愛げがないと、旦那には別宅作られましたが、普通のおばちゃんです。
愛するのは1人だけって言われてみたいですよ。

そんなおばちゃんの目にも、団長は筋を通した男前に見えますよ。
一貫してそれでいい、ついてこれない奴はついてこなくていいでよいと思います。

あと少し、お体を大切に心穏やかに頑張られてください。

なんとか仕事をごまかせたら、バイクのゴーグルに粉塵マスク、工具袋を腰にぶら下げたおばちゃんが、こっそりいるやもです。
見て見ぬふりしてやってくださいね。

初めてコメントします (KawakamiTakahiro)
2012-02-13 00:44:39
ほぼ日でスコップ団のことを知り、それ以来ブログをたびたび見させてもらっています。この記事を読んでたまらなく悲しくなりました。自分のような部外者がコメントするのも…と迷いましたが、一言だけ!!沖縄にいる僕みたいなヤツだって勝手に応援してますよ!3月10日、ちょっと離れたところからですが見守ってます!!
Unknown (あや)
2012-02-13 01:00:46
ムカつく。
マジでムカつく。

ワナワナする。
ワナワナしすぎて、超目が冴えてきた。
Unknown (ck)
2012-02-13 02:27:57
現場にゴミを残さないとか、原状復帰していくなんていうのはロケするときの基本中の基本です。どんな所に行ってもやるのが当たり前で、被災地云々は全く関係なく、言い訳の余地もありません。自分の現場だったら、散らかしたまま帰ろうとする人に対して蹴りを入れるところです。同じ業界の人間として、そんな基本的なところで取材協力先を怒らせるようなことがあったのだと思うと顔から火をふきそうです。心から謝罪申し上げます。申し訳ございませんでした。
やりがい・・? (momochan)
2012-02-13 02:41:08
「案外、作業の内容も大したことねぇしな。偉そうに。周りに沢山ひでぇ家もあるだろう。」って、大した作業じゃなくてよかったじゃないですか!お家の方に取っては被害が少ない方が良かったでしょう。
スコップ団が行かなくても良い状況が一番望ましいわけで、お家の被害が無い事、せめて被害が少しでも少ない方が良いのではないでしょうか?
「やりがいのある」大きな被害の爪痕を望んで、スコップにいらしているのでしょうか。
もうひとことだけ… (ラビッツ☆RS)
2012-02-13 03:08:51
こんばんは。
伊達さんや富澤さんのご厚意で差し入れしていただいたお弁当。その気持ちは純粋にふるさとを愛する気持ちの表れだし、そのふるさとのために頑張っているスコップ団のみんなのその姿を見てそうしてくれたと思うので、自らも活動してみてその労力にたいしてねぎらいの気持ちだと思います。その気持ちのことを考えるそんなスコッパーが増えたらいいですね!
思った事 (Unknown)
2012-02-13 04:40:26
自分もそうかもしれませんが…
当たり前のような事ですら、誰かに言ってもらわないと気が付けない

可哀想な大人が居ます。


謙虚な気持ちが無い人が参加してしまったんだな…と思います。


その場に居た人も、居なかったけどブログで読んだ人も、自分達の出来事として感じていると思います。


自分達はあの震災を生き延びている…
でもいつかはあの世にいくんだから、『当たり前の生活』のありがたさを忘れずに、亡くなってしまった方々の分も一日一日を大切にしたいと思います。
スコップに参加された皆様へ (Unknown)
2012-02-13 08:20:07
新潟県人から、震災の先輩被害者面して云々・・
という言葉を聞いて、不愉快な思いをなさった
「気仙沼の坊主」さんへ。
「グロ屋」さんが「気仙沼の坊主」さんに
おっしゃったことに付けたしさせてください。

どんなに『気持ちわかるよ』って言われても、
実体験がないと、恐怖、不安、そのほか、災害によるもろもろによる心身のダメージは理解できないものと思います。
理解しようと、その恐怖と不安を想像をしていく
しかないのです。時間が過ぎれば・・と
人は言いますが、絶対そんなことはありません。
なにかにつけて、災害時の事が浮かぶのです。
忘れようたって忘れられるものではありません。

災害の悲惨さ、悲しみ、恐怖、不安を経験した
新潟県人の発した言葉が、災害直後の
「気仙沼の坊主」さん並びにそのほか、不快な思いをなさった方々の「上から目線」に感じられたのでしょうか?
誰よりも今の悲惨さ、悲しみ、恐怖、不安を
理解できるよ。という意味だったと、
受け取ってくださいませんか?

新潟県内各地にもたくさんの避難者がおられると
聞きます。

今回のスコップで、団長、ほかのスコップ加者の、ひんしゅくを、怒りを買った態度、言葉。挙句に、団長に「ヨソモノキライ」と言わしめた者が、
新潟からの参加者だったのかは判断つきかねますが。

もし、もしそうであっても、「個人」の事として
「新潟県人」をひとまとめにしないで
下さいませんか?
どこの「県人」であっても、どうにも頭を悩ます
「個人」はいるものです。

『スコップ団』の現地集合、現地解散。
自分のことを自分で管理できる人。
その趣旨をじっくり再確認して、
『スコップ』に参加したいものです。

     東北のおばちゃんでした。
応援してますよ~ (すぎちゃん)
2012-02-14 12:21:49
熊本の阿蘇に住んでいます。
遠くてなかなか現地で活動するわけにはいかないけど、ここからでも私にもできることを、小さくやっています。

矢面に立つと、大変なことがたくさんありますね…。
でも批判したりする人よりも、きっと何倍も何倍も多くの人が応援してます。
イヤな思いをしながらも活動を続けてくれて、ありがとうございます。遠くから見てると、本当に「ありがとう」です。
いつもいつも (Unknown)
2012-02-15 23:08:33
春先から活動をずっと陰ながらブログでのぞいていました。
団長の考え方、自分は大好きです。

大切な友達の友達が亡くなった3月11日。
3月10日の花火をきっと天国で見てくれると信じ、少しばかりの気持ちを振り込みました。
彼女の分までも私は友達を支えていきたいと思います。

土日の都合が合わず手伝えていない自分が言うのもなんですが、団長の言ってることは間違ってないと思います。
それがわからない人間には活動をしてほしくないですね…。

たくさんの方々の手助けをしているスコップ団。
寒い中ですが、風邪をひかぬように…気持ちだけで申し訳ありませんが応援しています。
今日読みましたが (伊藤)
2012-02-16 13:50:02
ぶっ飛ばしたほうがいいよ。
そんなバカは・・・って思ったが、よく耐えましたね。すごいです。
いろんな意味でありがとうございます。
Unknown (フジやん)
2012-02-22 12:22:24
団長、おつかれさまです。
何度もコメントやメールをしようとし、書いては消すを今日まで繰り返してきました。
2月10日のあの日、スコップしに山元町に参加しました、加古川のフジやんと申します。

「こんなに待たせて何様だ」や、「案外たいしたこと無い」等の発言については知らないので話せませんが、弁当のゴミについては当事者なので話したいと思います。
「サンドイッチマンさんからの差し入れでーす。数に限りがあるので、お早めに!」
と配っておられた方。
そして、食べ終わる頃に
「ゴミはこちらの袋にまとめましょうね!」
と言っておられた方。
この方たちが現地のスコップ団の本体の方なのか、はたまたどっかから参加の方なのかは我々には区別が付きません。
言葉を発する人がいれば、それは我々にとっては“スコップ団の指示”に聞こえます。
我々もその袋にゴミを入れました。何の疑問も持たずに。
で、誰も責任を持って管理するはずも無いその袋は現場に残され、折からの風で口を縛ってない袋からゴミは散乱・・・
これが真相だと思います。
ゴミを当たり前のようにその辺に捨てるような輩は、誰一人来てなかったと今でも信じてます。

あの日から、スコップ団のブログやサンドイッチマンさんのブログを見るたびに悲しくなる。
団長が神戸や姫路に来てた。その辺りでは必ず“加古川”の文字を目にしたはず。
その度に団長は、あの日の事を思い出し、嫌な気持ちになったのか、と思うとさらに悲しくなる。
どうか県外を、加古川をキライにならないで欲しい。
スコップ団を応援し続け、自費でポスターやフライヤーを作り、3月の花火の支援を募っている男の気持ちを汲んでやって欲しい。
彼が地元の新聞に、スコップ団に参加することと花火の事を取材され掲載されたことで、僕と親交のあった方から「東北に役立てて下さい」との添え書きでお金を頂きました。


どうか、ひとくくりに「二度と来るな!」と言わないで欲しい。

それ以外にも、スコップ団の意気に感じて、会社を丸三日間お休みにして社員数名と参加した社長さん、少しでも役に立ちたいと、たった一人で申し込んできた高校球児、そんな色々な人間が思いを持って往復27時間の0泊3日に参加したのです。
ブログを見て団を応援している人たちが、画面の向こうから誹謗中傷しているコメントを見るのは本当に辛いです。

弁解がましくて伝わらないかも知れませんが、ゴミの件は本意ではないことをどうしても伝えたかったのです。

団長、お体ご自愛ください。

また、3月の鎮魂の花火のご盛会をお祈りいたします。
乱文ご無礼しました。
Unknown (こだま)
2012-02-22 15:36:05
団長に文句を言った人や、
テレビカメラにふざけて映り込もうとした一部の人は【論外】として、
弁当のゴミが散乱していた件は私も強風のせいかなと思います。
(あの日は強風により飛散しそうな衣類をビニール袋に詰め直した日でした)

弁当ゴミをビニール袋に詰めて、一箇所に纏めていたのが
口を閉めておらず、強風により散乱してしまったんでしょう。
食べ終えた弁当ゴミをその場に食い散らかして帰るような人は
一人も居ないと私も信じています。

でも、考えようによっては
団長が一軒目に戻り、散乱しているゴミに気付いて良かった。
家主さんじゃなくて良かったです。
(ギリギリ)不幸中の幸いでした。

最後の最後まで手を抜かないスコップ団なのに
今回はミスがあったと思います。(私も)

一軒目で使った道具は最後は誰がどう片付けるのか?
ここに何人か残ってトラックを待つのか?二軒目に合流するのか?
弁当ゴミは誰がどうする?(持ち帰りが基本でしょうが)
私を含め皆の配慮が少し不足していたと思います。(猛省)

【信頼と実績のスコップ団】
最後の最後まで手抜きをせずに、
ミス無く、怪我無く、事故無く
働かせるのは想像力と集中力。

あとラスト二週。
浮き足立って事故などが起こりややすくなるタイミングです。
最後の最後まで気を抜かずにいきましょう!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。