どうせ地球のチリだからな。

生き方を変えたから、ブログも変えようと思った。
企画屋の日記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

おやすみなさい

2011-12-29 17:28:36 | Weblog
ばあちゃんがまだ温かいのに、もう動かない。
ばあちゃん、おやすみなさい。
またね。
りょうより。

タバコがうまくない。
ばあちゃんの事で祈って下さった皆。
ありがとう。
ばあちゃんに、最後、男を見せられてよかった。

ばあちゃん、俺は地震なんかに負けなかったよ。
ジャンル:
モブログ
コメント (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 会えたぜ。 | トップ | ばあちゃんのこと »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとう (望月(嫁))
2011-12-29 17:59:04

洋子おばあちゃん。
了さんのおばあちゃんでいてくださって
本当に、ありがとうございました。


空に逝っても
了さんのことを
了さんの家族の事を
ずっとずっと見守っていて下さいね。


合掌。


おやすみなさい。 (micamaco)
2011-12-29 18:02:09
おばあちゃまの旅立ちが、
どうぞ安らかなものでありますように。

団長を見ていると、おばあちゃまはじめ、ご家族の皆さまのあふれる愛に包まれて育ってきたのだと感じます。

あの小さかった了ちゃんが、頼もしい大人の男になったと、嬉しく思っていらっしゃる事でしょう。

了さんのおばあちゃまへ。
了さんのまわりには、たくさんの人が集まっていますよ。了さんは地震なんかに負けなかったですよ。おばぁちゃまの愛にはかなわないかもしれないけれど、みんな了さんが大好きです。安心して、お空の上から見ていて下さいね。
Unknown (Unknown)
2011-12-29 18:06:05
そうでしたか、おばあさま。人生終盤に震災を経験され、そんな事に負けず果敢に生きる団長を頼もしく思われたことでしょう。
ぜひおばあさまの額にキスを。魂宿らない肉体になったかもしれませんが、きっとどこかで見てるはず。
私の大叔父も震災による避難生活で健康損ない他界しました。三月の花火は団長のおばあさまやそういう個人にも捧げたいですね。

少し休んで、また頑張りましょう。

祈ります (もじゃ)
2011-12-29 18:30:15
おばあちゃん、行ってしまわれたのですね。
おばあちゃんがあったかい場所で、先に行かれた方々と再会して笑っておられることを祈ります。
それから、団長がちょっとでも心あたたかく年末年始を過ごせることを祈ります。
おばあ様のご冥福を心よりお祈りいたします。 (はるか)
2011-12-29 18:43:19
残念でした。
おばあ様は天国で団長さんの話をゆきえさんにされるような気がします。


団長さん
無理されないように。
年末年始は、どうか心と体と休めてくださいね。
Unknown (かづる)
2011-12-29 19:20:58

2万発プラス、おばあさまへの1発
皆で贈りたいな。
Unknown (SSS)
2011-12-29 19:26:12
 自慢のお孫さんだったでしょう。

 お婆さんは、最高の自慢話を、天国に持って行かれたと思います。私は今ボランティアで、相当のお金を使っているので、家計的には親不孝ですが、「助けられて調子に乗らず、あの時は助けた側に回って自慢の息子だった」と親の最期には言われればいいと思っています。

 年始、また頑張りましょう!
Unknown (ほり)
2011-12-29 19:47:54
いっぱいいっぱい、ありがとうを伝えてください。

自分も春になったら行ってきます。
Unknown (にしむら)
2011-12-29 19:53:50
当たり前ですが、
おばあちゃんがいなければ、
私たちは、りょうさんと出逢うことは
できなかったわけで。
考えると、切ないです。

お悔やみ申しあげます。 (mici)
2011-12-29 20:23:50
「ありがとう」「愛してる」‥‥そして「またね」


了さま、お悔やみ申しあげます。

今日、あなたの前から立ち去ったおばあさまは、

でも、あなたが忘れないかぎり、

あなたの中で生き続けます。

常にあなたとともにあり「ありがとう」「愛してる」

を、ささやき続けてくれます。

なぜ? ‥って、私は知っているから。

春に、私も父を亡くしました。

が、父はいつも私とともに居てくれます。

私の中で生き続けています。

「ありがとう」「愛してる」をささやいてくれます。

だから私も「ありがとう、またね」って言うのです。

「あなたを愛してる」

「いつかまた、どこかで会えるよね」

「それまでちょっと、待っていてね‥‥またね」

「またね」

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事