どうせ地球のチリだからな。

生き方を変えたから、ブログも変えようと思った。
企画屋の日記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Smile for birthday パーチー

2011-05-22 01:02:56 | Smile for birthday
金曜日。
「名取文化会館」での合同誕生会が終了した。

俺は、この誕生会が楽しいとは思わなかった。

悔しいに近い、淋しさが強かった。
避難所の生活なんて身近じゃない。
遠い外国の出来事みたいに震災前は思っていた。
やっぱりこんなの普通じゃない。
誕生日はテーブルを囲んで、君が生まれた時の話をして、お母さんやお父さんにプレゼントをもらう日。
会館の便所の前で、ベンチをテーブル代わりにオバアチャンから、
「ママは仕事で遠くに行ってるんだよ。」
なんて嘘をつかれて食うもんじゃない。

【一瞬の笑顔だけでも。】
そう思ってやっている。
間違ってるのかどうかすら分からなくなってる。
ただ、クリエイティブな部類に入っているとは思う。
大人は、皆で彼等を育てなければいけないんだ。
教育上、我慢も大切。

でも、彼等は毎日毎日すごく我慢をしている。

もう一個食べたそうにしている子がいた。
(この子だけいいんだろうか?)
という空気が流れた。
俺も迷った。
でも、
「いくらでも食えよ。」
って言った。
正解かどうかは知らない。
今も、思い出すと泣きそうになる。
「ママにも食べさせたかったな。」
と、さっきの子が言う。
ほら!
子どもは何でも知ってるんだ。
いつか彼等が大人になって、その時の子ども達が我慢してたら、
「我慢すんな!」
って言ってあげて欲しい。
あの時、そういう大人たちがいたなと。
そう思ってくれればいい。

その材料代は、全国から集められたものらしい、と同時に知って欲しい。
感謝じゃなくて、いつか事実を知って欲しいんだ。

それとミポリン、ありがとう。
炊き出しや、やってくれた様々な段取りのことじゃない。

君が泣いてくれたこと。
そこに感謝したいんだ俺は。

避難所の方からお礼をと、君が俺に話をふった時、もしかしたら俺はツレナイ態度を取ったかもしれない。
それは、俺がお礼を言われる立場になんかねぇからと毎回ただただ葛藤をしているから。
皆が出してくれた予算(基金)で、ケーキを作ったのは九二四四。
俺は何にも出来ないからね。企画を考えるだけ。
上辺だけ。
それが歯がゆいから、スコップ団で頑張る。
泥が跳ねようが、口に入ろうが知らねぇ。
そんなもん洗ってウガイすればいい。
所詮、その程度しかできねぇけど、筋トレだと思ってやればいい。
仕事も、ビシビシ来てる。
ガンガンやろう。
ガンガン生きようぜ。
成功の根拠や保証なんてないように、無理だという理由も俺にはさっぱり見当たらねぇ。
やれる奴が、やるしかないんだよ。
仕事も活動も、途中で投げ出したら俺はゆきえさんに笑われちまうし、怒られる。
まぁ見てなよ。
俺はやるぜ。

パーティ中のスコップ団の皆は、指示をされなくてもやはり察しが良い。
ナイスコップ!
今日も明日も重労働なのにありがとう。
藤原キャップもヨコチンさんもありがとう。

写真を一挙公開します。
長くてすみませんでした。

大成功でした。
しかし、ものすごく切なくなりました。
今日も明日も、まだまだこの毎日が継続する。
避難所からの出勤なんて、最悪だよ。最悪。

【僕たちは、笑顔を諦めない。】
俺の中では意義が広くなった気がする。

子ども達が歌ってくれた歌。
聞いてられなかった。
悲しくて。
歌詞の意味が、俺の胸を崩壊させました。

君が明日も生きているという保証はない。
3/10の全員が「明日も普通」と、そう思ってた。

だからね、俺は祈る。
愛とは祈りなのだと思う。
歌ってくれてありがとう。
歌詞のままだけど、俺から約束する。

「たとえば君が傷ついて、くじけそうになった時は、
必ず僕がそばにいて、支えてあげる」
教わらなくたって知ってることだろう?
誰もがよ。

歌ってくれた歌。Believe。


パーチーの際の練習をするヨコチンとキャップ。
あのスキップ。


動物的な動きをマスターしようとしたのか、スキップでやめりゃいいのに・・・
逃げてるじゃん!やめろやめろ!!


これを見よ。
すげー。


このオッサン(九二四四氏)が創ったんだよ。
怖いね、なんか。


いた!またいた!
ちょいちょいいる!
手拍子がかわいい。
中身は変態40オーバーのお二人です。


ピアノの伴奏。ピアノの先生。
一芸バンザイ。


さぁ吹け!
吹き消せ!!


残ってるぞ?
やっと笑ったな君!!


スコップ団が大活躍・・・
いいぞ雄大!!


すげー!


ばんざーい!
40肩!
あがらナイツ!


赤ちゃんも食う!


ガンガン食え!
旨かろう!
俺の先輩が作ったんだよ。
(ヤツレてるとか言われてるけど、地震とか関係なくいつもあんな感じなんだよね・・・)


歌を歌ってくれた。


スコップ団は背中にFUCK SAIGAI!とか背負ってるけど、優しい人しかいねぇんだよ。
荒くれてるけど、優しいんだよ。
歌を聞いて涙目のゆっきぃ。
分かるぞ。
切ねぇよなぁ。


手拍子。


三上!
三上ちさこ!
さすがだった。



雄大も泣きそう。


たけし!
浮かねぇ顔!
笑え!


いまあげるからね。
待っててよ~。


おばあちゃん達。
Smile for birthdayは子どもに限定なんかしていない。
みんな昔、子ども!


んんんんんんんナイスコップ!
間違った!
ナイスマイル!!



コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

アプローズ

2011-05-17 09:15:00 | Smile for birthday
「はいこれ、父さん。」

息子(長男)はレゴブロックが好きだ。
小さい頃からレゴで遊んでいる。
元々、仕事に時間をとられがちな俺は、たまに時間のある朝にリクエストを出し、その翌朝それを褒めてあげたりしていた。
「車を作って。」
という簡単なお題から入り、数年経つ。
最近では、
「恐竜を作って。」
とか、
「戦闘機よろしく。」
とか難易度が高いものをリクエストしてるが、どうやったら創れるか分からないものまで簡単に創る。
一日がかりで。
途中、簡単ではないのかもしれないが、俺は結果しか知らないから簡単に創るように感じるのかもしれないね。
そんな彼が、レゴブロックで青いバラを冒頭の言葉とともに朝イチでくれた。
随分、単純なモノを作ったなぁと思ったが、真意に気付くまでに時間はかからなかった。

4月29日に書いた記事

これを読んでのことかどうか、偶然なのか知らないけど、アプローズは「賞賛」花言葉は「夢かなう」
青いバラのレゴ。




ありがとう。

今日は、8件の仕事の打合せ。
それと、現場作業。
ケーキの配達の指令もあるな。

仕事をガンガンしないと、全てがとまる。
体を壊すのと一緒だ。

多忙であるが、頑張ろう。
それが最優先だ。

【ヘイ!スコップ団】
5月20日(金)
名取市文化会館にて、避難所の解散式と震災後からの子ども達の誕生会を行います。
盛り上げるには人手が足りねぇ。
スコT着て集まれないだろうか?平日だけど。
Smile for birthdayの企画ではありますが、人助けに理由はいらねぇじゃん。

5/21.22は山元町の役場じゃい!
午前9時に集合!
ガンガン行こうぜ。

スコップ団、団員大募集。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Smile for birthday 2011.5.12

2011-05-13 23:28:15 | Smile for birthday
昨日のSmile for birthdayの報告です。
携帯の写真では、子ども達の表情がうまく取れないから、二日酔いでグダグダの駄目オッサンは夜になればシャキーン!
俺と同じ誕生日の子ども達です。
なんかね、恐らく一生関わらないで終わる子たちだったんだろうけど、こうした企画で知ったし、関わった。
俺の息子達といつか親友になるかもしれない。
俺や橋浦先輩がしている事は、単純にそういうこと。
皆さんが支援してくれている活動は、皆さんの未来そのものである子どもの笑顔を守るということだと思います。
何度も言うけど、記憶はいつか置換される。
そういう大人がいたっけなぁ、といつか思ってくれて、いつか同じようにこの子ども達が誰かの為に頑張ってくれたら、それでいいじゃねぇか。
ガソリン、食料、犬猫の保護、ペットフード、ドライアイス、イルカ、自転車、車、スコップ団、ゆきえさんの家族のこと。
色々やったけど見返りなんか求めてない。
でもSmile for birthdayは気持ちが前向きになるし十分な見返りがある気がする。
もちろん、その全てがとても重要だと信じていたけど、その全てがとても悲しかった。
この活動は何か違う。
それこそ、ずっと続けられると思う。
震災のアレコレがいつか落ち着いたら、施設や幼稚園への活動にシフトすればいい。
祝福されない子なんていちゃいけねぇんだ。
俺は弱い男だから、この二ヶ月でもう無理だとも思ったし、何も知らねぇくせにガタガタいう奴の言葉に負けそうになったりした。
でも、もう大丈夫。
強くならなきゃいけない目的が出来たからね。

今日は仕事がどうしても抜けられなくて、橋浦先輩自らが配達して回った。
だから、昨日俺が撮った写真です。
この笑顔を諦めちゃいけない。
俺たちが守るべきものは、案外側にある。

「やだよ。恥ずかしいよ。」


「スゲー変な顔してあげる。こっち見てみそ。」
「どれ~?」


「お誕生日おめでとう!ケーキ持って来たよ!」
無言で首を振り、逃げる子。
お母さんが捕まえて抱っこするけど、ケーキからも顔を遠ざける始末。
配達員は女性がいいかもしれん・・・。


東京のおばあちゃんが、内緒で頼んだケーキをお届け。
「実は色々と訳があって・・・。」
ここには書かないけど、俺を信用して色々の話をしてくれた。
「届けましたよ。大丈夫!よかったね。」
と報告の電話をしたら、おばあちゃんが泣いた。
良かったな。おばあちゃん。本当に。
俺たちがやってんのは、ケーキを届けてるだけじゃないんだと知った。
気持ちを運んでんだ。
逆にありがとう。


夜は、俺の誕生日集会。
昔ならバイクを集めて・・・
ってとこですが、今はホラ、大人だから「仙臺居酒屋おはな」を貸切にしてパーリー!
おはなの佐々木さんは俺のバンドのベース。
サンキュー。旨かった!
橋浦先輩が作ってくれた超すげぇケーキ。
ありがとう、先輩。大好き。


火を点けると、もはやキャンプファイヤー。
うける!
俺のガッツポーズの意味もよくわからない。


火を消したあとは、平一家恒例の顔面ケーキがあるので、俺はジャケットを脱いでいた。正解。
巻き添えを食らうタケチンと橋浦先輩。
ざまぁみやがれってんだ。


俺には心強く、優しい仲間がいっぱいいる。
俺のワガママにも付き合ってくれて、俺なんかの誕生日を祝ってくれる仲間がいる。
ありがたいことだ。
書くと泣きそうになるけど、橋浦先輩のスピーチに、
「彼は全てを賭けて、様々なものを守ろうと活動をしている。
今は、Smile for birthdayという活動もしている。
今日は逆に了君に笑顔を届けたい。
彼が守ろうとしている【ALWAYS ON YOUR SIDE】というdeep oceanのコピー。
【いつだって君の味方】だという言葉を、彼に贈りたい。
了君がその言葉をたくさんの人達に贈るならば、俺たちは皆、君にその言葉を贈ります。
君は一人じゃない。」
会場は盛り上がりました。
この人、話がうまいな。ケーキもうまいけど。
ありがとう。
愛してるぜ。先輩。

皆がいるから、俺は頑張れる。
それはいつだって一緒。
今のような状況下なら尚更の事だ。

最後の写真は、俺の息子たちと特大盃(日本酒なみなみ)で乾杯をするの図。

君らの笑顔も勿論だけど、君らの友達のこともパパに任しとけよ。
大丈夫。
皆で何とかするからね。
君のお嫁さんになるかもしれんからな。

オレンジジュースか。
いつか俺と、宮寒梅を飲もう。
いい感じの人達が作ってる酒なんだよ。

いつか君達も大きくなって、パパの友達みたいなすげぇ素敵な仲間が出来るといいね。
そう祈りながら乾杯した。



コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

【緊急募集】Smile配達団

2011-05-13 12:55:20 | Smile for birthday
Smile for birthdayの配達員を大募集です。
平日、週末ともに。
予定は出ているので、登録だけしてくれれば、
「この日、行けますか?」
と、その配達だけお願いするような感じになります。
出前とは違うので待機する必要がない為です。

子ども達に、心から
「おめでとう!」
って思える人がいいなぁ。
俺は二度泣かれた。
笑顔が素敵な人の方がいいのかもしれねぇ。

人助けに理由はいらない。
お願いします。

連絡先は、パソコンからは届きませんが、
cheapdust-vo@softbank.ne.jpです。
携帯電話は09066807854

未来を担う笑顔の為だ。
やってやろうじゃねぇか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Smile for birthday 仙台市内二件

2011-05-12 18:25:06 | Smile for birthday
はい終わり!
マッパ…いや、マッハで届けてきたぜ。
女の子は俺を見るなり無言で首をフルフル振って泣きそうな顔に…
男の子は、超笑顔になりましたとさ。

半袖早かった~
スゲー寒い。

スコップ団Tシャツ。
注文メールありがとう!
返信はゆっくり明日します!
ナイスコップ!
アンド、バーニング!
アンド、ターン!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Smile for birthday 古川

2011-05-12 16:21:36 | Smile for birthday
古川にも届けたよ~!
ご不在でしたが、玄関は開いてたから(笑)、ソッと手紙を添えて置いてきました。

そしたら、今電話が来たよ。
「ケーキだなんて久しぶりだから、喜びます!」
だってよ。
た~まんねぇ!
祝われる日に祝いまくるのもいいもんだ。

仙台戻ってもう二件配達!
アヴァンギャルドの工事もしなくちゃいけない。

結局、毎年誕生日パーチーは間に合うのか??
というハラハラがついてまわるね。
でも、俺の誕生日より子ども達が優先でござる。

皆、分かってくれるさ。
でも、飛ばせ飛ばせ~!

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

Smile for birthday 気仙沼

2011-05-12 13:05:40 | Smile for birthday
さく君、四歳です。
無事で良かった!

俺と同じ誕生日だよ。

誕生日おめでとう。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Smile for birthday 女川

2011-05-11 18:51:28 | Smile for birthday
ナビに出ないエリアで、迷いまくりながらも、なんとか着いた!

いぎなり(※1)喜んでた!
自宅が流されて、ケーキなんて諦めてたということ。
お母さんの方でした。
「新聞の人?間に合わせてくれたんですか?!」
「へい。」
「すご~い!やった~!」

いいね。
九二四四先輩とタケチンと俺の三人ですが、泣かれることもなく最高の笑顔を見せてくれたんだ。
年齢なんて関係ない。
女の子みたいに喜んでたぜ。
娘や息子も超笑顔。

逆に俺達が嬉しくなって笑ってた。
寂しい顔したお母さんなんて嫌だ。
お母さんがニコニコしてれば、子ども達も嬉しかろう。
お母さん、頑張ってね!
明日は四件届けます。

良かった。

ばんがり(※2)行くべ!

※1
たいそう、とてもの仙台弁
※2
気合い入れて、ガンガン、ビシビシみたいな意味合いの仙台弁(沿岸)

アンカー、頑張ってるよ~。
皆、ありがとう!
眠くなってきた。
32歳、終盤戦散々だったけど最後の日。
良かったなぁ。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Smile for birthday & Happy Children's Day

2011-05-06 00:55:03 | Smile for birthday
久しぶりにパソコンから更新します。
今日は【こどもの日】
考えてみれば、子どもの頃【こどもの日】に対する感謝の念ってなかった。
鯉のぼりとか、柏餅も俺のモチベーションをそれほど上げるでもなく、次に近い自分の誕生日を指折り数えていた。
それとGWが嬉しかっただけ。
でも、自分が親になってみて鯉のぼりの意味とかを知るにつれて、愛情が有難かったと思えた。
避難所の子ども達は、すごく明るい。 それこそ想像も出来ないような恐怖や悲しみを体験、経験してるはずなのに。
それを思うと胸がいっぱいになる。
本当に少しだけかもしれないし、有難がって食べてもらう気もない。
やってあげたかったから、一方通行で構やしねぇ。
少しずつでも集めればこんなにすごい量になる。
九二四四氏から、
「了くん。こどもの日さ、ケーキとかやってあげたいんだよね。」
と言われたのが始まり。
ケーキでは行き渡らせるのに限界もある。
圧倒的な物量が必要だし、好き嫌いもある。
「日持ちのする、ポッキーとか駄菓子とか、箱に入ってるような【子どものお菓子】を呼び掛けよう。俺は正直、ケーキよりコアラのマーチの方が喜ぶと思う。お菓子の家企画。俺は絵本を見て、本当に夢のようだと思っていました。教室をお菓子の家にしたい。」
ケーキ屋に言う話じゃないと思ったが、
「ほんとだね!」
と軽く承諾。
あれ?プライドは?と思っていたら、
「俺が子どもの時でもそうだわ。親切の押し売りはやめよう。ありがとう。」
そのようにして、お菓子集めが始まりました。
本当に凄い量だった。
皆の気持ちに泣けてくる。
その賛同してくれた人達に伝えたいのはその行事の様子の写真ではなく、子ども達の表情だ。
結果報告は、景色ではなく気持ちや心を伝えたい。
「やったよ」
ではなく、
「こういう顔してくれた。」
の方が、俺は嬉しい。
そういう写真が撮れていればいいなぁと思います。
100%は伝わらなくても、少なくとも俺はそういう気持ちで報告を返す事が誠意だと思っています。
ありがとう。

「これは、どういうふうにおいしいの~?」


「あっちはなんだろう?あっちがいい。」


「おかしだらけ!おかししかない!」というワクワクし過ぎて、ただ歩き回る女の子の背中。


「おにいちゃん、ずるい!」
「まだ、いっぱいあるよ。」
このお兄ちゃん。
「今、おばあちゃんが片付けに行ってるんです。おばあちゃんにも少し頂いてもいいですか?」
と聞いてきた。なんて確りしてるんだ。
「あたりまえだ!お前のおばあちゃんも昔こどもだったからな!」
と言って、脇をくすぐってやった。
スゲーひかれた。


子どもは状況を悟る。
俺はそうだった。
皆もそうでしょう?
記憶はいつしか置換される。
当時は意味が分からなくても、そのうちきっと良いも悪いも分かってしまう。
大人は、全員が教育者でなくてはならないと思う。
正しく聞いて、正しく考えて、正しく判断してあげる。
子ども達が興味を持ったその瞬間の回答が大切だと思う。
「雲はどうやって出来るのか?」
正しく答えてあげられれば、子どもはいつか科学者になるかもしれない。
「なんでだろうね?わかんない。」
と言うのは簡単。
でももっと簡単な事は、分からなければ一緒に調べることだ。
面倒臭がらずに接していく事で、俺たちは復旧を、彼等は復興を担うことになる。
大自然の前に、俺たちは歯が立たなかったけど、英智を育て上げ無敵な街創りをするには彼等の協力が絶対に必要。
10年後、15年後。
彼等と共に僕らはまだ働いているはず。
そっ啄(漢字の変換がPCでは出来ない。)
という言葉がある。
ヒナが出ようとした瞬間に、母鳥が外から殻をつつき割ること。
師家と修行者との呼吸がぴたりと合うことです。
その出ようという瞬間やまたとない機会は「興味」そのものに他ならない。
そして、愛情や寂しさのサインを見逃さない事だとも思う。
俺はそう思う。

子ども達の為に、本当にありがとうございました。

逆に俺たちの心が救われたような一日になりました。
皆のお陰だと、心から思っています。
ありがとう!

それと、先日の泣かしてしまったSmile for birthday.
見えますか?
涙が・・・。
ひしっとお母さんにしがみついてるし・・・。
でも、ケーキの魔力は興味をひいた。
ナイス九二四四!
「かわりに僕が消してあげる!」
偉いぞ兄ちゃん!


本当におめでとう。
ゆっくり大きくなってね。
よかったなぁ無事で!


それと、我妻が誕生日だったから特別に、仕方なく、渋々ではあるが・・・。
おめでとう。
オッサンの勇気や実践力が犬達230頭を救ったと思う。
根底にはゆきえさんの事があるけど、いつも俺たちは一緒にやれていて、いい仲間だと思っている。
人助けに理由はいらない。
もう少し、続けよう。
おめでとう。
バカボンのパパと同じ。
41歳の春です。カッカッカ。


俺からだ。食べな。
これからも、色々とあるだろうし、予定通りには進まねぇのが人生だ。
それでいいと、俺は思う。
頑張ろう。
仕方ねぇじゃんか。起こったことは。


とにかく、皆どうもありがとう。
永遠に笑顔が続く事なんて無理だ。
ただ、その一瞬一瞬の笑顔を連発させるのは出来んじゃねぇの?
俺はそう信じてる。
やるっきゃねぇ。
なぁタケチン。
いつも俺の側にいてくれて、ありがとう。



コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

迂闊だった…

2011-04-30 20:45:48 | Smile for birthday
Smile for birthday.

二歳のかわいい女の子です。
「まま~!」
(お母さ~ん!変な形相の悪いオッサンが来た~!しかも2人も!ズカズカ上がって来たし~!)

行くまでは、橋浦先輩と、
「いい企画ね♪Smile for birthday」
「マジで♪Smile for birthday」
とウキウキしていたが、泣かせてどうする?
いや~、泣かせてどうするんだよ?
アホかっつぅの!
ポロポロ、ポロポロ、泣いていた。
偶然持っていたペロペロキャンディ(ぐるぐる)を渡して気をひき、出来る限りの猫なで声を出して、最後はハイタッチまで持っていった。
俺は、決して諦めない。

しかし、まさかまさかのCry for birthday.

その後、我妻が41歳の春を迎えたので、ケーキでお祝い。
ボランティアスタッフも入れると、スゲー人数になった。
嬉しそうだった…

逆だ。
こいつをベコベコに泣かせて、二歳児を笑わせるべきなのに…

写真はいずれ。
パソコンを立ち上げて、取り込む気力がない。

いや~、へこむわ~…
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加