ちょいスピでセラピー的なKizukiの日々

オーラソーマや色んなセラピーなどから気付きを得て、ありのままの自分に還ることを目指して生きてます。

他人の人生から学ぶ

2017-06-20 09:02:05 | 身辺雑事

****************************************
急きょ追加開催決定!
   「マヤ歴をつかって、天に願望をオーダーしよう!」


 マヤ歴とは古来マヤの神官たちが宇宙意識とつながり、宇宙のサポートを得て王や国の願望を実現させよう
 という目的で使っていた暦です。
 なので、自分の願望を叶えるために自分がどんな星のもとに生まれたか、どんな運勢をもっているかを知る
 ことはとても宇宙のエネルギーと同化していきやすくなることでもあります。
 あなたもマヤ歴を使って、自分の願望を天にオーダーしませんか?

 <開催日>
  6月26日(月)   13:00~15:30
   ・あなたのKIN、「太陽の紋章」、「ウェイブスペル」、「銀河の音」は?
   ・それらを最高に生かすには?
   ・オーラソーマボトルとのシンクロ
   ・あなたの100年年表
   ・宇宙に願望をオーダーする

 <参加費>
   ¥5800
     
 <ナビゲーター>
   マヤ歴ライフナビゲーター  坪内恵津子

 <場所>
   岐阜市 ヒーリングビューティサロン 些々羅 
          ※バス停「市役所南庁舎前」より徒歩2分、名鉄岐阜駅より徒歩15分

  お問い合わせ・お申込みは、
    chakra@aura-soma.name
までお気軽にどうぞ。

*****************************************


    <6月中旬~7月中旬までのご予約状況 >
                                
 15日(木)   午前10:00~  ×     午後 13:00~ ×  15:00~ ×  17:00~ ○
16日(金)   午前10:00~  ×     午後 13:00~ ×  15:00~ ×  17:00~ ×
 17日(土)   午前10:00~  ×     午後 13:00~ ×  15:00~ ×  17:00~ × 18日(日)   午前10:00~  ×     午後 13:00~ ×  15:00~ ×  17:00~ ×
 19日(月)        カラーセラピー in 笠寺
 20日(火)   午前10:00~  ×     午後 13:00~ ×  15:00~ ×  17:00~ × 21日(水)   午前10:00~  ×     午後 13:00~ ×  15:00~ ×  17:00~ ○
 22日(木)   午前10:00~  ×     午後 13:00~ ×  15:00~ ×  17:00~ ×
 23日(金)   午前10:00~  ×     午後 13:00~ ×  15:00~ ×  17:00~ ×
 24日(土)   午前10:00~  ○     午後 13:00~ ×  15:00~ ○  17:00~ ○
 25日(日)   午前10:00~  ×     午後 13:00~ ×  15:00~ ×  17:00~ ×
 26日(月)   午前10:00~  ○     午後   「マヤ暦で天に願望をオーダーしよう!」講座
 27日(火)   午前10:00~  ×     午後 13:00~ ×  15:00~ ×  17:00~ ×
 28日(水)   午前10:00~  ×     午後 13:00~ ×  15:00~ ×  17:00~ ○
 29日(木)   午前10:00~  ×     午後 13:00~ ×  15:00~ ×  17:00~ ○
 30日(金)   午前10:00~  ×     午後 13:00~ ×  15:00~ ×  17:00~ ×
7月1日(土)   午前10:00~  ×     午後 13:00~ ×  15:00~ ○  17:00~ ○
  2日(日)   午前10:00~  ×     午後 13:00~ ×  15:00~ ×  17:00~ ×
  3日(月)   午前10:00~  ○     午後 13:00~ ○  15:00~ ○  17:00~ ○
  4日(火)   午前10:00~  ×     午後 13:00~ ×  15:00~ ×  17:00~ ○
  5日(水)   午前10:00~  ×     午後 13:00~ ×  15:00~ ×  17:00~ ○
  6日(木)   午前10:00~  ×     午後 13:00~ ×  15:00~ ×  17:00~ ○
  7日(金)   午前10:00~  ×     午後 13:00~ ×  15:00~ ×  17:00~ ○
  8日(土)   午前10:00~  ○     午後 13:00~ ○  15:00~ ○  17:00~ ○
  9日(日)   午前10:00~  ×     午後 13:00~ ×  15:00~ ×  17:00~ ×
 10日(月)   午前10:00~  ○     午後 13:00~ ○  15:00~ ○  17:00~ ○
 11日(火)   午前10:00~  ○     午後 13:00~ ○  15:00~ ○  17:00~ ○
 12日(水)   午前10:00~  ×     午後 13:00~ ×  15:00~ ×  17:00~ ○
 13日(木)   午前10:00~  ×     午後 13:00~ ×  15:00~ ×  17:00~ ○
 14日(金)   午前10:00~  ×     午後 13:00~ ×  15:00~ ×  17:00~ ×
 15日(土)   午前10:00~  ○     午後 13:00~ ○  15:00~ ○  17:00~ ○
 16日(日)   午前10:00~  ×     午後 13:00~ ×  15:00~ ×  17:00~ ×                                     

                  
        ※これより先のお日にちのお問合わせの場合は、まだ空いている場合が多いですので、
         ご希望のお日にちとともに下記のメールアドレスにお問合わせください。
   


       お問い合わせ・ご予約は  chakra@aura-soma.name まで

**********************************************










さて、「人生解読講座」のお話はまだ終わらないのですが、今日はちょっと横道にそれたお話をしたいと思います。
私自身が、人を通して自分を見る、自分を知る、ということがテーマの人間ではないか、ということに深く感応したことからちょいと思ったことです。
最近、将棋の若き天才棋士14歳の藤井4段がどこまで連勝記録を伸ばすのか、ということで騒がれていますね。
私は全然将棋を指すことはできませんし、ルールさえ知りませんが、27連勝ということがものすごいことだということぐらいはわかります。
だって、どれだけ実力の差というものがあったとしても、勝負ごとには「運」がつきもの。
それを27回も自分に引き寄せたままでいられる、ということは並大抵ではありませんもの。
それか、「運」さえ関係ないほどの実力の差が歴然としてあるのか・・。
彼は「4段」という枠には収まらないのでしょうが、それにしても内包している実力はいったいどれほどのものがあるのか・・ 空恐ろしい気さえします。



さて、この明るいニュースが連日報道されていることによって、あるときこんな裏話的なお話もやっていたんです。
将棋の世界では26歳までに「4段」にあがれなければ、将棋の世界を去らなければならない、というルールがあるそうです。
将棋という世界に入ってくる少年たちはそもそもがその地域では「天才じゃないか」と騒がれた少年たちばかりです。
その「天才たち」が推薦されて育英会に入り、そしてそのなかで切磋琢磨されてふるい落とされていく。
そこで「3段」まで登りつめる。
そこは26歳までに何が何でもその上の4段にならねば、というほんの一握りの天才たちの集まりです。
その下のリーグとは全くムードが違うそうです。
張り詰めた緊張感。
そこは別名「鬼の巣」とも呼ばれているそうです。
鬼のような形相をした人ばかりの巣窟だということなのでしょう。
そこに数年在籍し、今年26歳になり、ついに4段になれずに将棋界を去ることになった、というある青年がテレビに出演していました。
その人は、なんと高校2年生のとき、将棋の世界で生きるんだ!と決め、高校を中退したんだそうです。
将棋ってものすごく戦略を考えなくてはいけないし、記憶力も要求されるし、1人で勉強するときには有名な対決の譜を自らなぞってみるというだいたい勉強をしますよね。
あれには何時間もかかる。
学校の勉強より、将棋の勉強をするための時間がどれだけあっても足りない!と思って将棋の世界で生きることを決めた彼は思い切って中退したんだそうです。
「それからがむしゃらに、猛烈に将棋の勉強を積みました。」
とその人は語りました。
“がむしゃら”“猛烈”と自分で言い切れるなんて、どれだけの努力をしたのか想像にあまりあります。
そして順調に3段まで来て、そこからどーしてもこーしてもどれだけ勉強しても4段にはあがれなかった・・・
ちなみに3段リーグから4段にあがれる確率はわずか2%なんだそうです(!)
天才のなかの天才たちが生き残った“鬼の巣”と呼ばれるところから這い上がることのできる確率がわずか2%!!
「ここまでやってきて初めてわかるのですが、僕の実力はどれだけ頑張っても3段までだったんだな、と。4段に上がるまでの能力はなかったんだ、とわかります。だからそういう意味では将棋界を去ることに悔いはありません。」
とその人は言いました。



しかし・・・と私は勝手に想像をめぐらせます。
見るからにその人は利発そうで、まともそうな人でしたが、世間的には今どき「高校を中退した」という肩書きで、26歳になった人を気持ちよく、その人の能力に見合った企業が受け容れるのだろうか、と。
問題を起こしたわけでもなく、面接で「将棋の世界に生きようと思ったから」と事情を話せば、あぁ、そういうことか、と採用担当者は納得はするかもしれません。
けれど彼が「将棋」という特殊な世界一辺倒で生きてきて、「社会性」を身に着けているのかどうか?ということについては、不良になり問題行動を起こしてドロップアウトした子どもと同じことじゃないか、と見るかもしれません。
いずれにしても普通に高校を卒業した人に比べたら圧倒的に不利だよねぇ・・。
この人はいったいこれからどうやって生きていくのだろう?と他人ごとながら心配してしまいました。
将棋が好きでたまらないのは今でも変わらないのだから、とプロ棋士ではないにしても何とか将棋の世界の片隅ででも仕事はないだろうか、と探すのか、ええぃ、未練がましいわい、まだまだ人生は長いのだから、と違う世界に行こうとするのか・・・
いったい彼の心情になりきって、彼の目線から世界を見てみたい、とさえ思うのでした。
そして私なら「ま、高校までは出て置こうか・・」と思っただろうなぁ、とかね。



かたやもう1人、最近気になった人。
ある夜、「さぁて、そろそろ寝ようかな」と思った0時に近い時間でした。
「ギタリスト特集」ってやってたんですよ。
そのなかの1人に私は目を奪われてしまいました。
もうその衝撃、最近ではワンオクに出会ったときと同じくらいでしたよ。
MIYAVIという若い青年でした。
何でも世界でも有名なソロギタリストで、「サムライギタリスト」って呼ばれているらしいです。
「カッテイング」と呼ばれる奏法を使って音を短く切るようにする演奏が得意な彼はまさしくそのギター1本で世界に切り込んでいくサムライだからでしょうか。
ソロで世界に通用するギタリストってすごいじゃないか。
ギターのことは何も知らないし、弾けもしない私ですがこの青年がめちゃめちゃすごいテクニックを持っているということだけはわかりました。
そしてド派手な風貌にド派手なパフォーマンス。
でも、決して下品ではない・・。
この人はすべてギターだけで語ろうとしている。
なにか天性の人を惹きつけるものを持っている人だなぁ、と思って見ていました。
この番組ではギターのテクニックについても詳しく解説してくれていましたので、なんだか惹きこまれて寝なくちゃ明日に差し支える時間だったんですけれども思わず最後まで見てしまいました。



番組が終わってからもしばしの間ぼーっとしてしまい、you tubeで彼の動画を探して見ていたくらいです。
そして後で知ったんですが、このMIYAVIという青年は身体中に絵ではなく、文字の刺青を入れているらしいです。
なんでも、絵を入れないのは「自分は刺青をメモ代わりの物だと思っているので、忘れちゃいけない大切な言葉だけを入れているんだ」ということです。
その写真も見ましたが、胸の真ん中あたりに大きく「不退転」と書いてあるのが目に留まりました。
そして彼のプロフィールも知ったのですが、なんでもこの方はもともとはサッカー選手になりたかったんだそうです。
でも怪我のためにその夢をあきらめざるを得なかったんだとか。
そしてギターはそれから始めたんだとか。
ということは、結構ギターを始めたのは遅い年齢ではないでしょうか。
私はふと「不退転」という文字を思い出し、いやいや、怪我のためとはいえ、すでに“退転”しちゃってるじゃないのよ? どういうこと? と思いました。
この人は将棋の世界を26歳で追放となり、自ら去ったわけではなく追い払われた形となっている人とは違い、自らさっさとサッカーに見切りをつけ、全然違うギターという世界に行って成功した人です。
いわば、退転して良かった~ということなわけですよね。
サッカーでは花開くことはなかったけれども、次に来たこのギターという世界では2度と自ら退転することは許されないぞ、という決意から書いた言葉なんでしょうか。
そうだとすれば、結構この人の場合も、サッカーの世界から身を引いたということを背負っているんだな、と思いました。
この青年はかつて自分が追い求めた夢の世界がサッカーだった、ということについて今どういう感慨を抱いているんだろうか、と気になりました。
サッカーが大好きであれば、怪我で一流選手になる夢からは撤退せざるをえなかったかもしれませんが、サッカー界というものに身を置くという選択はあったはずです。
けれど彼は全然違う世界に身を置いた。
そしてそこで大成功をおさめた。
それは、全くサッカーを忘れ去ったからこそ出来たことなんだろうか。
それともかつてはプロまでをも目指そうとしたことが今もなお何かに生き続けているんだろうか・・?



なにかのアクシデントによって自らが「この世界でずっと生きる!」と決めた世界から撤退せざるをえなくなったとき、何が何でもその世界のなかにはとどまるという選択をする人と、あえて全然違う道を行く人がいる。
それぞれの人の人生を想って、つらつらと勝手にいろんな想像をめぐらせ、そして自分だったらとてもこんなことには耐えられなかっただろうなぁ、とか私ならどうしただろうなぁ、というようなことを考えるのがとても好きなんですね、私は。
自分が歩むことのなかった人生、世界。
それを他の人がまざまざと見せてくれる。
こんなに楽しいことはありません。
人生、2倍も3倍も生きることが出来たような気になる。
こうして“今の”“等身大”の自分を確認し、己を知る。
そういうことによって自分を測るということ自体が私の今生でのテーマだったんだなぁ、とつくづく思ったことでした。
そしてこのテーマは、汲めども汲めども枯渇することがない。
以前私は使命について「もし使命を知って、あぁ、それだったらもう私、やり遂げちゃってるじゃないの、ということがわかったら私は自殺しちゃうしかないのかもしれない。だからもう知らなくてもいいや。」と思った時代があった、ということを書いたことがありますが、使命というものはどうやら学んでも学んでもゴールがないようなもののような気がしてきました。
何人までの人のことを知ったからもうこれ以上はいいや、ということがない。
1人1人の顔が全員違うように、1人1人の人生も全く似ているものがない。
皆さん、それぞれの人生が確固として、存在する。
それがとても素晴らしいし、面白いことだなぁ、とつくづく思います。



******************************************
★全国一律1品から送料無料
    お支払いの方法は振り込みです。
    振込先はゆうちょ銀行と普通銀行があります。
    ゆうちょ銀行に口座をお持ちの方であれば振込手数料は発生しません
    が(1か月に3回まで無料、4回目からは発生することに変更になりました)
    それ以外は振込手数料が発生することをご了承ください。
    製品の大きさによって通常郵便か宅配便を利用するかはこちらで
    決めさせていただきます。ご指定はできませんのでご了承ください。

    商品の到着は基本、「受注」から翌々日の発送となります。
    それ以上にかかる場合もございますので、その際は事前にご連絡いたします。

   すべて、お問い合わせは
     chakra@aura-soma.name
    までお気軽にどうぞ!

*******************************************




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「人生解読講座」を受けて ... | トップ | 「人生解読講座」を受けて ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。