ちょいスピでセラピー的なKizukiの日々

オーラソーマや色んなセラピーなどから気付きを得て、ありのままの自分に還ることを目指して生きてます。

かみいしづ緑の村公園

2017-05-20 08:41:03 | 身辺雑事

****************************************
キャンセル出たため、両日のお席、若干数あります!
NEW企画リリース


   「マヤ歴をつかって、天に願望をオーダーしよう!」


 マヤ歴とは古来マヤの神官たちが宇宙意識とつながり、宇宙のサポートを得て王や国の願望を実現させよう
 という目的で使っていた暦です。
 なので、自分の願望を叶えるために自分がどんな星のもとに生まれたか、どんな運勢をもっているかを知る
 ことはとても宇宙のエネルギーと同化していきやすくなることでもあります。
 あなたもマヤ歴を使って、自分の願望を天にオーダーしませんか?

 <開催日>
  5月22日(月)   13:00~17:30
    27日(土)   13:00~17:30
       ※どちらも内容は同じです。ご都合のよいほうをお選びください。
       ※終了時間は多少前後する可能性があります。時間に余裕をもってスケジュールをお組みください。

 <内容>
   ・あなたのKIN、「太陽の紋章」、「ウェイブスペル」、「銀河の音」は?
   ・それらを最高に生かすには?
   ・オーラソーマボトルとのシンクロ
   ・あなたの100年年表
   ・宇宙に願望をオーダーする

 <参加費>
   ¥5800
     
 <ナビゲーター>
   マヤ歴ライフナビゲーター  坪内恵津子

 <場所>
   岐阜市 ヒーリングビューティサロン 些々羅 
          ※市役所南庁舎より徒歩2分、名鉄岐阜駅より徒歩15分

  お問い合わせ・お申込みは、
    chakra@aura-soma.name
までお気軽にどうぞ。

*****************************************
********************************************
    <5月中旬~6月中旬までのご予約状況 >
                                
 10日(水)   午前10:00~  ×     午後 13:00~ ×  15:00~ ×  17:00~ ○
 11日(木)   午前10:00~  ×     午後 13:00~ ×  15:00~ ×  17:00~ ○ 12日(金)   午前10:00~  ×     午後 13:00~ ×  15:00~ ×  17:00~ ×
 13日(土)   午前10:00~  ×     午後 13:00~ ○  15:00~ ○  17:00~ ○ 14日(日)   午前10:00~  ×     午後 13:00~ ×  15:00~ ×  17:00~ ×
 15日(月)         カラーセラピー & 九星カード占いの日 in 笠寺
 16日(火)   午前10:00~  ×     午後 13:00~ ×  15:00~ ×  17:00~ × 17日(水)   午前10:00~  ×     午後 13:00~ ×  15:00~ ×  17:00~ × 18日(木)   午前10:00~  ×     午後 13:00~ ×  15:00~ ×  17:00~ ×
 19日(金)   午前10:00~  ×     午後 13:00~ ×  15:00~ ×  17:00~ ×
 20日(土)   午前10:00~  ○     午後 13:00~ ○  15:00~ ○  17:00~ ○
 21日(日)   午前10:00~  ×     午後 13:00~ ×  15:00~ ×  17:00~ ×
 22日(月)   午前10:00~  ×     午後 「マヤ歴を使って天に願望をオーダーしよう」ワークショップ
 23日(火)   午前10:00~  ○     午後 13:00~ ○  15:00~ ○  17:00~ ○
 24日(水)   午前10:00~  ×     午後 13:00~ ×  15:00~ ×  17:00~ ○
 25日(木)   午前10:00~  ×     午後 13:00~ ×  15:00~ ×  17:00~ ×
 27日(金)   午前10:00~  ×     午後 13:00~ ×  15:00~ ×  17:00~ ×
 28日(土)   午前10:00~  ×     午後 「マヤ歴を使って天に願望をオーダーしよう」ワークショップ
 29日(月)   午前10:00~  ○     午後 13:00~ ○  15:00~ ○  17:00~ ○
 30日(火)   午前10:00~  ○     午後 13:00~ ×  15:00~ ×  17:00~ ×
 31日(水)   午前10:00~  ×     午後 13:00~ ×  15:00~ ×  17:00~ ×
6月1日(木)   午前10:00~  ×     午後 13:00~ ×  15:00~ ×  17:00~ ×
  2日(金)   午前10:00~  ×     午後 13:00~ ×  15:00~ ×  17:00~ ×
  3日(土)   午前10:00~  ×     午後 13:00~ ×  15:00~ ×  17:00~ ×
  4日(日)   午前10:00~  ×     午後 13:00~ ×  15:00~ ×  17:00~ ×
  5日(月)   午前10:00~  ○     午後 13:00~ ○  15:00~ ○  17:00~ ○
  6日(火)   午前10:00~  ○     午後 13:00~ ○  15:00~ ○  17:00~ ○
  7日(水)   午前10:00~  ×     午後 13:00~ ×  15:00~ ×  17:00~ ○
  8日(木)   午前10:00~  ×     午後 13:00~ ×  15:00~ ×  17:00~ ○
  9日(金)   午前10:00~  ×     午後 13:00~ ×  15:00~ ×  17:00~ ○
 10日(土)        大阪出張のためおやすみ
 11日(日)        大阪出張のためおやすみ
 12日(月)   午前10:00~  ○     午後 13:00~ ○  15:00~ ○  17:00~ ○
 13日(火)   午前 JIBUNアートセラピー講座開催                   17:00~ ○
 14日(水)   午前10:00~  ×     午後 13:00~ ×  15:00~ ×  17:00~ ○
 15日(木)   午前10:00~  ×     午後 13:00~ ×  15:00~ ×  17:00~ ○ 
                                     

                  
        ※これより先のお日にちのお問合わせの場合は、まだ空いている場合が多いですので、
         ご希望のお日にちとともに下記のメールアドレスにお問合わせください。
   


       お問い合わせ・ご予約は  chakra@aura-soma.name まで

**********************************************








ちょっと前のことになりますが、GW最後の7日は、娘と孫とダーリンと4人で、三重県上石津にある「緑の森公園」というところに行って参りました。
ダーリンはGW中の1日くらいはどうしても孫と遊んでやりたいらしく(っていうか、“遊んでいただく”って言った方がいいと思うが)、娘に
「いつなら空いてるんだ?」
とコンタクトを取っていたようです。
娘は、
「う~ん、3,4,5日はもう予定詰まってるから~」
とにべもなく、
「7日ならなんとかいいよ~」
とお許しが出たらしい。
孫の希望は
「釣りがやりたい」
で、付き合う私の希望は
「バーベキューがやりたい」
だったので、両方できるところをダーリンは必死に探したようです。
で、口コミを見ると、
「ここは穴場です。人が少ない。」
と書いてあったので、「ここだ!」と決めたわけですね。



朝9時に我が家に集合。
孫はさすがに大きくなったおかげか、久しぶりに会う私にも照れない。
これまでは毎回というほど朝会うと照れてママの後ろに隠れたりそっぽを向いて口を利かないという時間帯があり、だんだん慣れてきた頃には夕方ではい、さようならだったので効率悪いったらありゃしないって感じでしたが、今回はかなり久しぶりだったけれど、全然導入から普通に会話ができました。
孫に
「昨日はどこ行った?」
と聞くと
「どこも行かないよ。」
と言う。
え? 娘は今日以外は予定が詰まっているって言ってたはずだけど・・・。
「じゃ、おとといは?」
と聞くと、
「近くの公園。なぁんもないとこ。つまらん公園。」
と言いました。
ふぅ~ん、GWの1日、竜王のアウトレットモールに行くとは聞いていたけれど、それで疲れて(だって竜王なんて高速でもただでさえいつも渋滞するところじゃん)もう後の日は予定をキャンセルし家でごろごろしてたのかな。
だいたい連チャンで予定を入れることのほうが信じられないもん。
よく身体もつな~と思う、5歳の子供連れて。



孫は大きくなったので車で2時間の道のりもぐずることなく実におとなしく過ごしていました。(まぁ、大方はスマホで見ていたYou tubeのおかげですけど)
さて、「緑の村公園」に到着。
ダーリンが、
「魚の習性からして昼を過ぎると餌を食わなくなるから、まず先に釣りをしよう。」
と言いました。
孫も異論なし。
2本竿を借りて、餌を買って、人口池のふちに陣取る。
ここは鯉が放流してあって、持ち帰りはできない。(そりゃ鯉を家庭で調理して食べてくれって言われてもちょっとビビるけど)
全部釣ったら、リリース。
もうこの時点で私はダメ。



釣りのことを魚との「ファイト」だとはどうしても思えないわたし。
釣ってきれいに食べてあげて初めて成仏だと思っているので、リリースするための単なる遊びとして魚を釣るってこと自体に耐えられない。
おまけにここはバケツとか貸してくれないので、みなさん、釣り上げた鯉は土のグラウンドで大暴れすることになる。
それを何とか取り押さえて針を外してまた池に放り投げる。
水の中で呼吸する魚が地上で何十秒か、何分かの間泥まみれになってぱくぱくとしている姿はむごたらしい。
どうしてそれを
「わぁい、釣れた、釣れた!」
とニコニコして「ハイ、こっち見てごらん~」と写真を撮るまで放置できるのかがわからない。
魚は人間の手で触られた瞬間、大やけどを負ったようなものなのだ、と聞いたことがあります。
何分か呼吸をさせてもらえず泥だらけになり、かつ大やけどを負った身体をまた何メートル上から湖面に叩きつけられる。
これでリリースしたから殺生はしていない、なんてよく言えるな、と思う。
たぶん、明日の朝あたりには湖面になん匹もの鯉が浮かぶのだろう。
で、そんなところは見せないように公園の係がたもで掬って処理するだけでしょう。
そしてまた新しい鯉を補充する。



私は、
「日焼けしたくないから」
と誤魔化してその場を離れ、対面のちょっと離れたところに腰をおろしてスマホをいじっているふりをして待っていました。
「ほかのところに行ってていい?」
とダーリンに言ったら、
「え~、ダメ。」
と言ったからです。
どうしてダーリンはいつも一緒のところにいないと気が済まないのか、わからない。
昔、歌手の河村隆一が、「付き合ってる女性には俺のサーフィンやってるところを見てもらうのがデート。サーフィンなんか興味ないっていう子でも、とにかくついていきてもらって俺を見ていてもらう。それがデート」とのたまい、うへぇ、変わった男もいるもんだなぁ。こういう人、私は無理むり、って思ったけど、ダーリンも同じ種族やないかぁ~!



ちょうど孫がトイレに行く、といって座を外したときに初めてダーリンの竿に魚がかかりました。
釣り上げるとそれは鯉ではなく、ドジョウでした。
「なんだ! ドジョウじゃないか。ドジョウなんてのもいるんだ。まぁ鯉じゃないけど初めて釣ったやつだからあいつに見せたかったなぁ。」
と言うので、リリースが原則だけど、孫に見せてやるまではいいんじゃない、とちょうど持ってきた虫かごに池の水をすくいドジョウを入れておきました。
帰ってきた孫は案の定目を輝かせて「うわぁ!」と言いながらドジョウを見ていました。
「さ、もう放しておやり。」
と言うと、素直に「うん」と言いましたが、やはり土の上を転げまわるドジョウをなかなかつかむことができず、相当時間格闘していました。
そしてようやく池に投げ入れたドジョウは最初2メートルほど「びっくらこいたぁ!」というように急いで泳ぎましたが、急に力尽きたように腹を水面に向け底に沈んでいきました。
「あ・・ あれ、もう死ぬね。」
と娘。
「だね」
と私。
まぁ、男連中はそんなことなんとも思ってやしません。
男の子にとってはある時期、“釣り”とか“射的”とか要するに「狩り」の真似事がどうしても必要なんでしょうね。
それは人間がどんなに文明社会に生きても、最低限身に着けておかなくてはいけない処世術だから、どうしてもそこを通過儀礼のように好きな時期というのがあるのかもしれません。
だから、と決めつけてしまってはドジョウたちに申し訳がないですが、彼らの命を決して粗末にしたわけではなく、これはどうしても孫が成人男子になる過程で必要だった「学び」なんだ、と思うことにしました。



さて、お次はアスレチック。
ほとんどが縄と木で作られた遊具で、それに登ったり、飛び越えたりする数々の障害物(サスケみたいな感じです)を小さい身体ながらものともせず次々とクリアしていく孫。
母である娘はなんとか一緒についていっていましたが、私たちはもうついていくことができず横のリタイア道路を通ったりしながらはーはーと荒く息を吐きながらそれでも大幅に遅れてゴール。
するとすぐさま孫は
「もう1回行く!」
はぁ・・・ 無理です・・・
あなただけ行って来て下さい・・・



そしたら今度はまた孫はね・・ アスレチックの脇の草むらでトカゲ(カナヘビだ~!ってはしゃいでました)を見つけてまたあの虫かごに採取してきたんですよ・・
「えっちゃん、これ持ってて~! ぼく、まだ行ってくるから」
って・・ 無理無理いくらカゴ越しだとはいえ、こんなもの持ってるなんて私は無理。
すると娘が
「これ、どうするの?」
と孫に聞き、
「うちで飼う~」
と孫が言うと
「餌は自分でつかまえてくるんでしょうね? 前みたいにホームセンターでコオロギ買うのも結構高いんだからね。自分で飼うっていうことはこれから毎日あんたが世話をして、あんたが餌も調達してくるってそういうことなんだよ。」
と言った。
お、良いこと言うじゃないの。
すると孫は、
「これ、おうちで飼うと弱っちゃうかもしれないから、後で適当に良い場所を見つけたら逃がしてやろっか。」
と急に声音まで変えて言いました。
ふふふ、自分で世話しろと言われてうへぇそりゃかなわんな、と思ったけれど敵前逃亡と思われてはいけないから、トカゲが可哀そうだから、僕はトカゲのためを思って、という言い方にしたんだな、と誰が聞いても丸わかりのセリフ。
しかし幼児ながら(孫は5歳です)、知略をめぐらせるもんだ。
しかも孫の場合、かならず「逃がしてやることにする」という自分の“意志”の表明という言い方ではなく、「逃がしてやろっか」とLet us系の言い方を採択する。
協調性があるコーラルの資質をもっているのかもしれない、なんて思う。



そしてようやく私の念願のバーベキュー!
いい感じでお腹も減って来たし。
ボリュームセットとお子様セットを頼み、「うわぁ! すごい量、食べ切れるかなぁ。」なんて言っていたのに、ものの見事にたいらげ追加までする有様。
なぜか不思議とバーベキューだと焼きすぎて炭がついたものまでおいしい。
フライパンやオーブンで焼きすぎたのとは味が違う。
戸外でみんなで食べてるからおいしいというのもあろうが、やっぱり炭のなせる業だと思う。
とくにウィンナーのおいしいこと!
ソーセージってレベルじゃありませんよ。
昔ながらの見事に毒々しいまでに皮の赤いウィンナー。
あれって皮なんてフライパンで炒めてもパリッとなんてしませんよね。
でも、それが炭で焼くとパリッとなるんですよ~!



ちなみに岐阜県人以外の方はバーベキューの食材にそんな気合いれないって聞きましたけど、ほんとですか?
玉ねぎやソーセージを串刺しにしたものとあとは焼きそばでも焼いておけばいいや、って感じ?
もしそうなら岐阜県人は確かにそういうのはありえないですね。
肉、肉! とにかく肉!
それもA5等級とは言わなくても、みるからにおいしそうな良い肉、部位を用意する。
ここは持ち込みもOKだけれど、手ぶらで来ても何もかも用意してもらえるのでラクちんでした。
牛肉、豚トロ、ウィンナー、玉ねぎ、キャベツ、かぼちゃ、にんじんがセット内容です。
野菜の量もたっぷりで昼間から生ビール片手に幸せだわ~♡



食べ終わると今度はまた孫は即、
「あ! あそこの川に入ってくる~!」
と元気、元気。
園内には川というか人工の流れが作ってある所がありますが、孫は「冷た~い!」と言いながらひたすらその川を往復していました。
川に飽きるとこれまた園内の坂を上り下り。
「・・あの子、将来は箱根駅伝の5区の山登りに抜擢されるんじゃないの?」
と私が言えば、
「箱根駅伝に出るにはまず関東の有名校に推薦されなきゃいけないな。そのためには高校も駅伝の強豪校に行かせなきゃいけない。」
とダーリン。
娘が、
「すると、高校から寮生活ってことか。」
と、完全に私たちは親ばかぶりを発揮。
でも孫は確かに身体は3歳児と間違われるほど小さいんですけれど、足がすこぶる速い。
ダーリンも中高と陸上部だったからその血を受け継いでいるのかしらん。
しかし・・・ 陸上部って走るのを辞めたあとはただの豚だね。
ひどいもんだわ。



それからも娘は孫をストライダー(自転車のペダルのないやつ。足で地面を蹴って進みます。これでバランス感覚を養うとすぐに自転車の補助輪を外して乗れるようになるらしく、娘はこれで孫を特訓させたいようでした。)に乗せたりしていました。
その間に私たちは園内にある「ぼたん園」へ。
「60%開花」と書いてあったけれど、奥のほうへいくとほぼ100%開花。
ぼたんも綺麗だけれど、ここからの景色は絶景だわ~!
こういう一幅の絵になるかのような景色を1つ見ただけで今日はこれで価値があった、と思えるのも年齢を重ねたおかげでしょうね。
う~ん、なんて良い景色なんでしょう!
空の青、大地の緑、B101ヨフィエルを思い出すわ。
私はやっぱり海よりもこういう山の景色のほうが癒される~



ようやく堪能した孫を連れて帰途へ。
帰りの車の中では娘はもうぐったりとおやすみモード。
しかし孫はまだまだ疲れてもおらず元気なようで、ひたすらスマホで動画を見ていました。
ときどきフリーズするのか母親である娘に、
「ねぇねぇ、これどうするの?」
と揺り起こす。
あぁあぁ、寝させておいてあげればいいのに、と思うけれど娘は不機嫌になるでもなく
「ん? どれ、貸してごらん。」
となにやらいじって「はい」とまた孫に返すと瞬間寝落ち。
ダーリンが、
「小さい子どもを育てるっていうのはほんとに大変なことだなぁ。」
としみじみと言いました。
ダーリンは頻繁に孫に会いたがるけれど、丸1日のお守りとなると音をあげるのが常。
半日ぐらいがちょうどいいって感じなんだよね。
でも親ともなればそんなわけにはいかない。
そりゃ大変だわ。
昨今では結構な高齢出産でもいけるようになったけれども、産むまではなんとか産んだとしても、この小悪魔のように駆けずり回る生き物と付き合うってことがやっぱり20代のうちじゃないと無理な気がする・・・
今日は娘も頑張っているんだな、日々戦いだよなと思った次第でした。



あ、その娘が
「ちょっと早いけど」
って言いながら母の日のプレゼントをくれました。
苔玉にカーネーションが植えてあるもの。
カーネーションが咲き終っても苔玉だけはずっと保持できるんだって。
サボテンでも枯らす私に保持できるだろうか・・・
でもせっかく娘がくれたものだから頑張って生かしておかないとね。



******************************************
★全国一律1品から送料無料
    お支払いの方法は振り込みです。
    振込先はゆうちょ銀行と普通銀行があります。
    ゆうちょ銀行に口座をお持ちの方であれば振込手数料は発生しません
    が(1か月に3回まで無料、4回目からは発生することに変更になりました)
    それ以外は振込手数料が発生することをご了承ください。
    製品の大きさによって通常郵便か宅配便を利用するかはこちらで
    決めさせていただきます。ご指定はできませんのでご了承ください。

    商品の到着は基本、「受注」から翌々日の発送となります。
    それ以上にかかる場合もございますので、その際は事前にご連絡いたします。

   すべて、お問い合わせは
     chakra@aura-soma.name
    までお気軽にどうぞ!

*******************************************


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ラ・ラ・ランド」を観て | トップ | 歯科検診 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。