LE REGARD D'ALAIN DELON

アラン・ドロンさんの魅力を探ります。

永遠のロミー・シュナイダー Lesson2

2013-09-23 | ROMY
皆様お久しぶりです。
前回の記事からかなり間が空いてしまいまして申し訳ございませんでした。

さて本日9月23日はロミー・シュナイダーさんの生誕75周年記念の日となります。
それに先立ちまして一昨日の9月21日大阪の日本橋におきましてロミーさんへの哀悼の意を込めたイベント『永遠のロミー・シュナイダー Lesson2』が開催されました。

そして私もこのすばらしいイベントに参加させていただきました。
本日はそのご報告も兼ねまして、当日の画像をフォトチャンネルにアップしておりますので皆様にもご覧いただければと存じます。

今回のイベントは「Lesson 2」とありますように、昨年5月にロミー没後30年を記念して開催された会合の第2回目となるもので、前回と同じくイッチ様が企画及び運営の中心的役割を担っていただきました。

会場にはそのイッチ様の秘蔵のコレクションの数々が壁一面に隙間無く埋め尽くされており、私も思わず驚きの声を上げてしまいました。
昨年はロミーに関するサントラのLP,EPのジャケットが中心でしたが、今年度はロミー関連以外も加わり、60年代、70年代のイタリア、フランス映画の貴重なサントラEPレコードのジャケットの大展覧会となりました。

また会の冒頭約1時間に亘ってイッチ様がこの日の為に特別にご用意くださったロミー関連の映像集がプロジェクターで映し出され、まるでミニシアターにでも来たかのような感覚を味わうこともできました。

またGH字幕様がご協力されて、ロミーの日本では未DVD化作品の「Qui?」の日本語字幕版も一部上映され、「残りはご自宅で、」ということでお土産にいただきました。

そんなこんなであっという間の3時間が経ってしまい、名残惜しいまま会場を後に去りました。

当日会場でナオ様、ジュリアン様、GH字幕様などブログ仲間や、Michel Clement様、響様ご夫妻、岐阜のI様と再会することができましたこと、大変嬉しかったです。

また今回初めてお目にかかることができた皆様におかれましても、これを機会に今後ともよろしくお願い申し上げます。

最後にこのような過ぎ去りし日のすばらしい思い出をくださったイッチ様、誠にありがとうございました。
次回また企画されましたらぜひとも参加させてください。よろしくお願い申し上げます。



ジャンル:
ウェブログ
Comments (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Entretien avec Alain Delon | TOP | UNE JOURNEE ORDINAIRE 2013 »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (GH字幕)
2013-09-25 21:34:27
チェイサー様。
当日はありがとうございました。貴重な資料も拝見させて
いただきました。
また機会があれば
ドロンの会にも参加したい
ですね。
GH字幕様 (チェイサー)
2013-09-25 22:46:48
こちらこそお目にかかれてよかったです。
また字幕入りDVD製作にもご尽力くださり誠にありがとうございました。
ぜひまたドロンさんの集いにもご参加ください。お待ちしております。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。