my favorite etc

ライブの感想中心に徒然と。。。

【Special Living Talk】@eplus LIVING ROOM CAFE&DINING

2017-07-13 | SALT

【Special Living Talk】ワールド・ワイド・ダジャレ・フォト

 『ワールド・ワイド・ダジャレ・フォト』とは?

    世界各国の様々な街を巡り、その地名をモジッて撮影される、ウィットに富んでエスプリの効いた、
    極めてアーティスティックなダジャレ写真。
    シンガーソングライター・KANと、ヴァーサタイルなピアニスト・塩谷哲が、
    ワールド・ワイド・ダジャレ・フォトグラファーとしての優れた作品の数々を、
    旅先でのマル秘エピソードを交えながら披露する、
    一夜限りのインテリジェント爆笑トークショウをお見逃しなく。


   *このイベントは、あくまでトークショウであり、音楽コンサートではありません。
    予め御了承いただいた上でお楽しみください。



  【出演】KAN
        1987年のデビューから芸能生活30年を超え、バンド・弾き語り・弦楽四重奏など、
        異なるスタイルで活動するシンガーソングライター。
        2002年のハンガリー・ブダペストでダジャレフォトの撮影を始めて以降、
        欧州・アジア・旧ソ連構成国などを巡り多くの作品を残しています。
        代表作は「コアラるんるんプール」、「加ドゥしゃんべ」など。

      塩谷哲
        東京芸術大学作曲科中退、写真を志すも、オルケスタ・デ・ラ・ルスにも参加、
        後にソロデビューも果たし、これまでにいろいろな音楽活動でいろいろな場所に顔を出す。
        最近はNHK Eテレ「コレナンデ商会」の音楽を担当、コレナンデ生活に入る。
        一方2007年ヨルダンのアンマンでダジャレフォトの撮影を始め、
        それがKAN氏の目に留まったことから現在の活動へ至る。
        代表作は「坂本ローマ」「アイム・ハンガリー」、最新作は「かんがるぅ人」。


普段のライブで、こんなに説明文ないよね
3週間前に発売になったチケットでしたが、思った以上にサクっと取れたので
久々の友達に声を掛けて、行ってきました
SALTの方は、作品は全て知っていたので、目新しい感じはなかったけれど
それでもその前後のエピソードや、未公開写真も添えて改めて聞くと楽しいし
新たな発見もあって、予想はしてたものの、終始笑ってた気がします

ホントにトークだけ
お二人の処女作と共に出会いのお話から始まりました。
 KAN『タワーブリッコ』(ロンドン・タワーブリッジ)
 塩谷『アンマンであんまん』(ヨルダン・アンマン)

写真の舞台となった国をまず地図で確認し、その国に関する情報(面積・言語・通貨・有名人など)を
確認するのですが、この情報がKANさん作ということで、有名人の欄に連なる名前とか
いい加減な塩梅で、もう最高な感じ

KANさんのセンスってホントにすごいなって思う
私テキには、SALTの『坂本ローマ』は秀逸と思うのですが
ホテルから地下鉄乗ってコロッセオまでの写真も公開されて、そこで起こるエピソードが
また面白すぎて、何かね、、、男気を感じたというか、笑っちゃったよ、もう。。。。。
お二人それぞれの拘りの作品をエピソードと共にひとしきり大笑いして、楽しんだ後は、、、

”サプライズ・ゲスト・フォト”って、、、 おぃっ
ひとつは、、、これまた有名な竹善さんの作品・・・『メンフィスでメントス』
おふたりして、竹善さんがいかにわかってないかを語りあげるのがまた可笑しくて
でも、ところどころ「でも歌は上手い」と挟むのが、愛情ですよねぇ。。。
そして初回としてはクォリティが高いとお二人とも絶賛だったのが、平井堅ちゃんの『サクラダ淳子ファミリア』
堅ちゃん自体、やはり絵になるなぁ、、、と関係ないところで感心。。。
でもお二人はそのフォトに助言進言を一言二言・・・
その堅ちゃんの新譜「歌バカ2」が昨日発売とのことで、わざわざスクリーンに「昨日発売」と告知が
「昨日発売」じゃなくて「発売中」でいいんじゃないの?って言葉にまたウケる
その「歌バカ2」のSpecial Discに楽曲提供・アレンジで参加したKANさん&ピアノのSALTの♪歌 が流れると
なぜかふたりともが、堅ちゃんの歌まね・・・
そのまま少し聴きたかったのに、二人のトークは止まず・・・
何も考えず、音楽を奏でてるワケでもないのに、あれだけ笑いっぱなしだったのも久々だったかも

お塩な方々にもちらほらお会いできました
みんなファン歴長いので、WWDPについてもその歴史をみんな共有してるわけですよ。
あんなことあったねー、あの時、こうだったよねー、、と終演後の話も尽きませんでした

そして、あのお二人のことですから、、、やはり音楽もしっかり聴かせて下さいました
ステージにあったスクリーンが片されたところには、ピアノが・・・

 SALT ♪「インヴェンション」より第1番
 KAN  ♪Honesty(Billy Joel)

この2曲がまた、締めくくりには相応しすぎて、本当に素敵だった

帰りに、、、頂きました


 KAN『コアラるんるんプール』
 SALT『坂本ローマ』

このコアラの被り物は、実物が登場してました

客席に寺岡呼人さんがいらっしゃったので、ん?と思っていたら、、、
このイベントをプロデュースして下さってたということで、今回のトークショーの発起人は
呼人さんだったそうです。
ホント、最近すごいよね。あらゆる面でプロデューサー業全開って感じで、
彼も音楽にも精通されてるし、ご自身もミュージシャンだし、アイディアもたくさんあって、、、
それなのに、ソッと片隅で見ているような奥ゆかしさがまた素敵ですね

そして、、、思わぬ再会・・・
前職でお世話になってた方に偶然お会いしました。
びっくりしたーーー
KANさんもお仕事関係で絡ませて頂いていたこともあったので、居る可能性も十分だったけど
でもガッツリ組んで仕事していた方なので、何か嬉しかったなぁ。
ふっとあの頃に感覚が戻るというか、、、いろいろあったけど充実してたなぁって。

いい時間を過ごせました
『芸術』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米倉利紀@Zepp Tokyo | トップ | Skoop On Somebody@新潟LOTS »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。