今宵は『株初心者』を肴に

シロウトながらに株初心者にホレコミまして・・・研究をねっしーんにやってはみたもののホボ、マケ戦。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

あったよ株初心者サン!

2014年01月05日 12時56分44秒 | 株価チャート系
あったよありましたよ、株初心者サンよっ!
ここここ、此のガッコーはええかもよん~。
そう、ゴショーカイいたしまする。
株初心者のためのガッコー
なかなか微に入り細にいりという表現がピッタン子かも?
あたいもまなぼーかしらん。

ベーシックにはテクニカルっぽいのですが相場心理の究極の姿を追いかけるまさに、本格派の学校と言えるかもしれません。
相場は己の欲と恐怖との闘い、とはよくいったものです。
かの有名なM氏もおっしゃっておりました。
世界中の相場師がさまざまなレヴェルで真剣勝負をしているマーケットというのは他に類を見ないかもしれない。

そういう意味では株初心者こそがこちらにお世話になってみるのがよろしいかとござ候。

この記事をはてなブックマークに追加

今宵はほんと、株初心者になってみるよ

2013年09月16日 16時27分09秒 | 日記
いっそ株初心者のころにお戻りくださいと言うにゃらば、
そこまで仰るのなら戻っちゃいましょうじゃないですかぁ。
株初心者と申しても、アタシはもう記憶の彼方の出来事に近く、とは言ってもさほど実力は初心者に代わり映えないというのもまた然り。
じゃいっそのこと、私財を投げ打って株初心者っぽいバイバイをすればいいかってゆーと、そうでもないと思いきや、意外と勝てたりするからまた不思議。
ほら、ビギナーズラックというのがあるじゃないっすか?

ところでみなしゃまは霊魂の世界を信じておられましょうか?
じつゆうとアタシはちょっと信じておりますです。
ここ最近、ザ・リバーってあちらのドラマを拝見したのですが、アマゾンの奥深くの川ってさ、霊魂がしかとあるらしいのを観て、妙に納得。
なにせあのスピルバーグが監督ってんだから、少し信じちゃいません?

それと株初心者との関係性はというとですね、不思議に思われるかもしれませぬが、霊魂によるトレードってのもいちおうは信じてみようかと思った時期がありましてね。
あの世ってのは、今宵のさぶさぶした空気のなかで語るのもなんですけど、時空を超えたものがあるとしたらばですよ、ちょっと未来のことも見えちゃたりするのか、あるいは単に守護霊的な力が我にプラスに働いてのことなのか、そのあたりは果たしてどーなのかという嫌疑もあるにはあるけれども、株の初心者にとってはなにせ、あらゆるものを味方につけて勝ちたい!というのがひとの本音というもんでしょ。

神秘的な力によってトレードに勝つってのもまた初心者にとってはいいかもしれませんね。

この記事をはてなブックマークに追加

負け戦だってある株価チャートよ・・・

2011年08月02日 06時57分05秒 | 株価チャート系
そりゃなかなかに勝てない戦が続くことだってある株価チャートの宿命的ソンザイ。
過日はヒヤヒヤと、米国のデフォルト問題の行く末を見守っていた。オバマさぁん、だいじょぶ??とホントにハラハラどきどきで。いやアメリカが債務不履行に陥ればこのワールドは大混乱、レキシに見ないほどの大不況に陥ること必至だべさ。
株価チャートのウゴキなんぞ見てると、ここ数日はよりダイナミックに動きそうなもん、そう、特にカワセなどはジェットコースター並み?てな動きでズイブンとアクティブな上下運動を繰り返している有様。
そ~したなかでの76.30銭あたり?これって歴史的快挙・・・カイキョじゃないか、底値の円高、ドル安、ひどいもんだねぇ。株価チャートの推移を見てるともちのろん、長い下髭をつけてるわけだけんど、そりゃ反発するわな。危ないっすからね、あまりにドル安に動くのんは。
ケッキョクのところ、下院とオバマしゃんは手を握り合ったわけなんでそ?それなのになぜにもう一度、円高に動くの?って、ニュ~スをこまめに見てない拙者がよくないでござるな。んで、もうヒトコト。日本は何シトル?そろそろぉ、政府介入してドル買いに走るかと思いきや、まったく動かず…。しかもだ、株価チャートの描くニバンゾコにただ静観?だいじょーぶか?ニッポン国よ。
3・11の震災後の17日よ、76円台まで一気に傾いたそのヒ、株価チャートを眺めつつ呆然としていた拙者がいたわけだけれども、その悪夢再来って感じで今度はじわじわぁっとチャートのラインが下がって、不気味でもなんでもなく、フツーな感じで76円台まで突入。決まって深夜というのがまた困る。
いやいや世界のケイザイ、本当に大丈夫か?というのが心配の種だが、嘆いても致し方ない。ここは株価チャートをさらにじぃっと見詰めて、ことの推移を推し量るべき瞬間にあること、心してかからんといけんなぁ。

この記事をはてなブックマークに追加

株価チャート哲学

2011年07月30日 21時22分21秒 | 株価チャート系
ギョウギョウしい件名にて失礼をば。株価チャートをテツガクしてみよう試みにあっけなくもその結論を知って、失望されないで頂きたい。
コノヨに、100%全勝の株価チャートのロジックはソンザイしないと言われて久しい。そりゃ当然、もし仮にあったと仮定してもだ、ケッシテ周知の事実にはなりえず、そのロジックをお持ちの御仁が密か~に増え続けるご自身の資産をにんまりと眺めているだけに相違ないと想像するものの、まぁ個人ケンカイとしてもそーいった株価チャートはナイものと予測する。
仮にだ、負けない株価チャートがソンザイしたとしよう。さすればサスガニ、世界一の金持ちになることは想像に難くないが、では9勝1敗の株価チャートがあったとしよう。勝率は9割。これがあるとすれば、皆々様の衆は欲しいだろうか?ホシイというに違いない。
ではその9割打率の株価チャートを使って、確実に資産を増やし続けることができるのだろうか?それははなはだ疑問だっ。約束しよう。まず、複利効果を期待しての資金管理によるトレードを繰り返すうちに、10回のうち1回負ける株価チャートだったとするならばだ、その負け方次第では全財産を失う確率は1割だ。
このジジツをよぅく考えて頂きたく。そういえば、ナントカという破産確率を計算する式があったことをフト想い出した。勝率9割というのは、その計算式に従えばほぼ破産する確率は0%に近づくハズ。ところが、持論で恐縮だが、それはウソだ。
10回のうち1回負ける、100回のうち10回負ける。その負け方次第では、全資産を失うことも実際には在り得るのだ。そりゃ、株価チャートのロジック次第ではいわゆるロスカットという考え方があるんで、総て失う前に強制損切りをしさえすればダイジョウブなんじゃない?と考える御仁もあろうに。ところが相場とゆーのはソレホド甘いもんじゃないのも現実。
100年に一度の番狂わせのひどい相場に遭遇したとしよう。それまでの検証では勝率9割の株価チャートである。負けるとき、強制ロスカットが効かないっ!というくらいに速い値動きの相場にぶつかったとしたらどうなるか??信じていた証券会社、信じていた株価チャート、信じていた…。総てが消失する、もしくは想定外だった追証まで発生することだって在り得るのだ。こんな怖いことはない。
つまりはだっ、完璧と思われる株価チャートであっても、よーするに想定外のアクシデントが起こった時点でアウトな結果に終わることは避けて通れない事実ということ。所詮は相場である。未来は誰にも読めず、だからこそドラマが生まれるわけであろうが、アンハッピーなドラマは悲しい現実を引き起こして、二度と相場に戻ってこれないジジツも生み出す。あぁ、では株価チャートって?
そのテツガクを語ろうと書き始めたものの、前置きが長くなりすぎた。株価チャートの哲学、そいつを次に書こう。

この記事をはてなブックマークに追加

お初に株価チャートのワダイなんぞを・・・

2011年07月22日 23時22分02秒 | 株価チャート系
やいのやいのと騒がしくも株価チャートなんぞのワダイを推し進めようとゆう魂胆なり。
とは申してもだ、ワタクシなどはプロでないのはもちのろん、株価チャートに関わる重大ジコウをスラスラと推し進められるかどうかはさぁお立会い、てな感じ?
すなわっち、株価チャートのジュウヨウセイはすでに先人のスグレタ御仁の方々が導かれているこって、今更に声高くも騒ぎ立てずともよいと忠告受けるんは世の常。
さてさて、どっからどー手を衝けてよいのやらと思案するに・・・やぱーり、株価チャートのソンザイ意義なんぞをひとまず語ってだ、さすれば自然にトレ~ドにおけるその重要性たるやどんくらいかというテ~マも見得る化してだ、具合のいいことこの上ナシという理解をしていただけるとこれ幸いに存ずる。
『株価チャート』とヒトクチにイッテモだ、その酒類、もとい、種類たるや目まぐるしいほどに数があったりするんで、漠として皆々様がたのイメージは若干にも異なるであろうに、さすれば解決策としては、ワールドで知れ渡り親しまれているMAなんぞをイメ~ジいただければもちのろん幸いなこってでござろう。
勿論だ、イドウヘイキンのみならずローソク足なんかは基本中の基本であるコトはゆうまでもなし。株価チャートのそう、代表格といえばやはりMAであろうことは羞恥、モトイ、周知の如しであって、そんな想定から初めてみたくござ候。
すでにご存知であろうが、移動平均値をUSEする場合ってな、そぅ、順張りとか逆張りいずれにも応用できるんはアレ、GCとかDCださね。あ、判りやすく言えばゴールデンクロスにデッドクロォスね。株価チャートのん中ではかなぁりユウメイでネーちゃんトーチャンもご存知あるね。GCより値が上に在る場合に、ENTRYチャンス(契機)であることは言うまでもないわけで、此処に株価チャートの其の重要性が見え隠れしてるというこって。
今宵はこのくらいにしておいて、次回なんぞはも少し株価チャートの実践にまつわる具体例なんぞも語れればえぇのう。

この記事をはてなブックマークに追加