陸奥月旦抄

茶絽主が気の付いた事、世情変化への感想、自省などを述べます。
登場人物の敬称を省略させて頂きます。

媚中・福田首相、「シナの捜査協力は非常に前向き」との認識

2008-02-29 18:04:15 | シナ産毒製品
 シナ側には製造工程を含めて殺虫剤混入の可能性は皆無との図々しい宣言が公安担当者から発表された。これに対し、吉村博人警察庁長官は、日本国内で殺虫剤を入れる機会は無いとの立場からシナ側発言を看過出来ないとコメント。ところが、「国民の目線で考える」福田首相は、シナの捜査協力は非常に前向きとの認識、相も変らぬ<のほほん>ぶりで、多くの日本人を唖然とさせている。中共の<毒食品うやむや作戦>に、完全に乗せられた感じだ。

 流石に拙いと思ったのか、閣僚の泉信也国家公安委員長がきちんとデータを出せとシナ批判を行った。

<中国製ギョーザ>中国は科学データ提供を…国家公安委員長
2月29日14時0分配信 毎日新聞

 中国製冷凍ギョーザ中毒事件で、中国公安省の「中国国内で殺虫剤混入の可能性は極めて低い」との発表について国家公安委員会の泉信也委員長は29日の閣議後会見で、中国側の主張の根拠となる科学的データの提供を求める考えを明らかにした。 

 中国側が「日本の警察が鑑定結果を見せない」と主張していることには、泉委員長は「中国側には有機リン系殺虫剤メタミドホスの分析結果などの資料を渡している。逆に日本側の求める資料提供に中国側は応じてない」と説明。「中国側対応は理解しがたい。問題解決にプラスにはならない」と批判した。

 警察庁によると、日本側は中国側に中国・河北省で過去に起きたメタミドホスを使用した殺人事件のデータや天洋食品の工場内部の監視ビデオの配置位置を示す資料などを求めているが中国側は応じていない。【遠山和彦】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080229-00000060-mai-soci


 泉大臣の発言は、日本の立場を主張する閣僚として当然だろう。再現性のある科学的データを日本側は既に提出し、資料提供も行っている。ところが、シナ側からは単に言葉が返ってくるだけで、協同でこの問題に対応しようとする気が全く無い。媚中・福田首相が厳しい姿勢に出ないことを彼らは完璧に読み切っているからだ。

 日本国民は、訳の分からぬ影の勢力によって福田康夫代議士と言う「とんでも無い人物」を首相として押し付けられた。我々は彼をリコールする方法を持たないし、世論調査で不支持を表明する位に限られるのは実に残念である。

 もう私達は、政府を頼りにせず黙って<チャイナ・フリー>に動こうではないか。東京都も、食品原産地表示を明確にするよう条例を早急に変えると言う。これは、東京都に留まらず相当に大きな波及効果を持つであろう。

 さて、Ladysmoker さんのブログ<れですも色々>で、次の情報を教えられた。シナでは、数年前に生産中止・流通禁止されたはずのメタミドホス、そのガラス瓶を大量に積んだトラックが道路でひっくり返り、2.5トンの強力殺虫剤がばら撒かれた。


メタミドホス載せたトラック横転 2.5トン流出
2008/02/29(金) 13:15:36更新

 有機リン系殺虫剤メタミドホス約5トンを載せ、湖北省内の高速道路を走行していた中型トラックが24日午前6時ごろ、宜城市付近で横転した。衝撃で瓶が破損し、中身のメタミドホス約2.5トンが漏れ出した。27日付で武漢晩報が伝えた。

 周囲には刺激臭が立ち込め、風下に当たる地域の住民が避難を余儀なくされた。またメタミドホス処理のため、高速道路が一時通行止めになった。防護服を着用した消防隊員約30人が現場に駆けつけ、処理に当たったところ、約7時間後に通行止めが解除された。この事故でトラックに乗っていた1人が軽いけがをした。(編集担当:菅原大輔)
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2008&d=0229&f=national_0229_005.shtml


 まずは、湖北省宜城市付近に住む人々から犠牲者が出ないことを祈るが、その地で作られる野菜などは、当面使い物にならないだろう。それ所か、この地域は水質と土壌汚染で人が住めなくなるので無いか。だが、これで中共国内では、メタミドホスを容易に入手可能と言うことが証明された。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 胡錦濤総書記来日と加藤紘一... | トップ | 米国公聴会では人権的見地か... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (悠遊子)
2008-03-01 12:08:25
茶絽主さんの鋭いご意見、楽しんで拝見しております。毒餃子事件記事にはほぼ一月前にもコメントしましたが、事態は予想通りの展開となってきました。中国には責任転嫁の意図はあっても事実関係を解明する気などさらさらないと・・・

しかし、中国公安当局の責任転嫁の手法や言い草には驚きます!(笑ってしまう?) 相手にやる気のない真相の解明を迫って時間を潰すよりも、中国産品は当分買うのを(黙って)控えるしかない。我が国の低い食料自給率も気懸りですし、そのうち「北京オリンピック」も勝手にこけてくれるかも・・・!

それにしても、どうやってメタミドフォスの膜透過を餃子の冷凍条件と同じ-18℃の水溶液で観測できたのかしら・・・!?メタミドフォスの純度と溶液の濃度を混同している・・・ 薬品中の不純物の種類と量はその指紋です。世界中何処のものでも同じということはない。

テレビのワイドショーでも色々騒いでいますが、みのさんなどもう少し化学を勉強して貰いたいものです。これでは迫力のある反論は出来ません!

それにしてもF首相の能天気にも呆れますね!しかし、あれが幕引きを急ぐためのお芝居だとしたら大した役者振りです。「イージス艦事件」などあらゆる世間を騒がせている問題は全て同根であると感じます。 (悠遊子 08.3.1 記)
南京虐殺も同じ手法でしょう (茶絽主)
2008-03-02 12:16:46
悠遊子様

何事も言い包めるのが伝統的なシナ、馬と鹿の逸話を思い出します。厚顔無恥で無いと、この技は出せませんから、日本人は呆れるだけ。南京虐殺宣伝もこうした形でやられていると想像します。

私は、冷凍餃子の袋の材料をよく知りませんが、PETフィルムなのでしょうかね。それに金属薄膜がラミネート又はスパッタ(蒸着かも?)されているのでしょう。あるいは、PPフィルムを用いているのかも知れません。

いずれにしても、-18℃では、そうした高分子材料のガラス転移温度以下でですから、メタミドホスの様に分子サイズの大きなペネトラントの拡散に寄与するセグメント運動が凍結されています。つまり、メタミドホス分子は、フィルム内に拡散浸透出来ない。分子サイズの小さな酸素分子や窒素分子だと透過出来るかも知れませんが、金属薄膜が介在すればそれも困難でしょう。

その辺を警察庁もしっかり突いてやれば良いのにと思います。P=D・Sの関係において、Kousotsudr さんがブログ<もののふのこころ>で溶解度項(S)に関し、かなり詳しい考察をされています。このエントリーにTBされていますので、ご覧下さい。
中国とのお付合い、ご用心、ご用心! (悠遊子)
2008-03-02 13:36:57
シナでは昔から“白髪三千丈”の世界ですから300人を30万人と言ったとしても驚くには当たらない!でも0人ということは無かった・・・?それにしてもそんな国と1000年来お付合いして来たし、今後も続けなければならないのだから大変です。クールに行きましょう!

それはさて置き毒餃子事件に話しを戻すと、隔膜や溶質が何であれ、水溶液を-18℃にして何時間も置くと水が凝固してそもそも実験にならない・・・ですね?

ガラス転移とか分子運動など、あまり難しい話が出てくると私まで迷ってしまいます・・・
Tgについて (kousotsudr)
2008-03-03 16:41:24
>メタミドホスの様に分子サイズの大きなペネトラントの拡散に寄与するセグメント運動が凍結されています。つまり、メタミドホス分子は、フィルム内に拡散浸透出来ない。分子サイズの小さな酸素分子や窒素分子だと透過出来るかも知れませんが、金属薄膜が介在すればそれも困難でしょう。

そうですね、レオロジー的観点からも否定できます。
ただし、フィルム最表面においては、Tgが100℃程度のポリスチレンでさえ、室温程度にまで低下しているとの報告もあります。いずれにしても、最表面だけではバルクには到達できません。
この観点から、拙エントリーに少し補足しておきました。

>悠遊子様

>隔膜や溶質が何であれ、水溶液を-18℃にして何時間も置くと水が凝固してそもそも実験にならない・・・ですね?

通常ではその通りですが、中国側は60%と云う高濃度でも実験しており、この濃度ではヘタをすると、凝固点降下が18degを超える可能性があって、つまり-18℃でも液体(水溶液)のままなんてことも有り得ます。
でも、再結晶すれば多くは固体ですけどね。
まぁ、これもどっちにしろ、包装材内側まで薬剤が浸透していく理由にはなりませんから、ご安心を!
細かくてすいませんです。
もう一言! (悠遊子)
2008-03-04 09:53:09
中国の実験では、1%~60%の水溶液の全てで包装の内外でメタミドフォスが確認されたそうです。溶媒が凝固するかも知れない条件で、溶質透過実験を行うとは素晴らしい発想です。(これは皮肉です。)

この実験で確認出来たことは、「袋の中身も始めからコンタミしていた」ということではないでしょうか!そのうちに、「メタミドフォス溶液で実験したらパラチオンが検出できた」というような素晴らしい物質変換現象が報告されるかもしれません。括目して待ちましょう・・・ (またまたこれも実験者をからかった発言です。マジに取らないで下さい・・・)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

11 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
政治家の「国籍」「資質」を問う 2 (博士の独り言)
    食害事件真っ只中の「中国義援金」 「開き直り中国」に自民党議員が払った「踏み絵」義援金  一向に解決の兆しが見えな...
「福田ライター」と「麻生ライター」 (賭人の独り言)
永田町界隈を歩くのは久しぶり(?)だった。やぼ用で衆議院第一議員会館へ。 知ってる人は知っていると思うが、議員会館の地下二階には食堂や売店、旅行会社カウンターまである。売店は4ブースあって、マニアが泣いて喜ぶ「国会グッズ」や「衆議院グッズ」、「皇室グッ...
中南海の代理人は退場せよ! (ステイメンの雑記帖 )
 所詮、貧乏神福田にとって重要なのは日本国民や日本の国益ではない!ヤツにとって重要なのは、 ご主人様たる共産シナ の意向の元で 道路などの自分達の利権を死守ことだけだ!  そう考えれば、 「何事も他人事」という態度や対シナ弱腰外交 という貧乏神福田が取る姿勢...
毒餃子は日本製で日本の問題だ@毒食品 (中南海ノ黄昏)
いやー、28日の公安部と検疫総局の合同記者会見は超絶でした。奴らの主張は、こんな感じでした。 日本の警察の捜査は浅くお粗末で科学的でない。 日本の警察は協力的でない そんな警察が下した結果を一方的に公表し中国の面子を傷つけたのは許せん。 日本の警察は、...
中国・包装材浸透(透過性)実験への疑義 (もののふのこころ)
まぁ例のメタミドホスなんですけど、今回の中国政府の発表はイヤ...
溶解する日本 2 (手前ら、日本人なめるんじゃあねぇ)
毒ギョ-ザ事件の解明が中共によって捻じ曲げられ、自分たちの国家内のテロ行為を日本国内のテロ行為としたい構図での発表に対して、わが国の福田総理は、そのおかしな発表を肯定するようなコメントを出した・・・ > 福田康夫首相は28日夜、中国製冷凍ギョーザ中毒問...
食の民間防衛に乗り出せ…中共毒舌会見の笑止 (東アジア黙示録  )
中共公安部が会見で吐いた妄言に福田首相は何も反論せず…わが国の弱腰・無策は見透かされている。政府が食の安全を守らないなら、国民は自衛策=民間防衛に乗り出すしかない。
チャイナフリー (どうする日本!)
 これまで、何度か中国食品問題を話題にして来ましたし、様々なブログの記事も拝見してきました。そして、事あるごとに、新聞記事なども紹...
中国の挑発的態度と、福田首相の太平楽・・・毒入り餃子事件 (猪名野の原の笹枕)
中国公安省、日本で農薬混入示唆 「袋の外からも浸透」 2008年02月28日13時03分  中国製の冷凍ギョーザ中毒事件で、捜査にあたっている中国...
■ 危機感無いのも大概に… ( ◆ ケシクズ ◆)
 仕事場から帰還早々作品Aの没を告げられ、しょんぼり別作品Bのネーム中の管理人です。  三月ですよ。恐ろしい事に諸々問題が全く解決出来ぬまま、早くも三月です。…マジ怖。  そして確定申告の季節ですよ。皆さん進んでますか。私は計算を終え、後は知り合いの税理...
国家というものは何なのだろう・・・ (手前ら、日本人なめるんじゃあねぇ)
下のサイトを見てほしい・・・ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080313-00000958-san-int 毒餃子事件に対しての中国の主張である・・・・ コレも、福田総理のことなかれ政策が原因であり、自国民が危害を受けていても加害国の主張を容認するかのような発言をしたこ...