陸奥月旦抄

茶絽主が気の付いた事、世情変化への感想、自省などを述べます。
登場人物の敬称を省略させて頂きます。

安倍晋三総裁の憲法改正提言

2017-05-16 17:34:45 | 国防関連

 5月3日の「憲法記念日」に開催された民間団体の改憲を求める集会において、安倍晋三・自民党総裁(首相)が憲法改正に関する具体的な提言をヴィデオ・メッセージの形で披露した。その骨子は

(1)改憲実施を2020年に行う

(2)憲法九条第一項と第二項はそのままとし、第三項に自衛隊を記載する

(3)教育費の公費負担を盛り込む

 

 私は、(1)を支持する。衆・参議院の憲法調査会の議論はダラダラと停滞しているので、期限を付けることは良いと思う。

 しかし、(2)のような形(加憲方式)憲法改正には疑問を持つ。これでは、自衛隊は交戦権持たず、軍隊としての機能は維持出来ないからである。九条第二項は削除し、自衛隊を国軍化してきちんと書き込むべきだ。

 提案(3)は別の法律で定めれば良く、九条改変に比べれば相対的に価値は低い。

 

 <虎ノ門ニュース>において、青山繁晴参議院議員がこの安部提言にコメントしているので、ご覧いただきたい。彼の説明には、エキセントリックな表現や、回りくどい点があるけれども、きちんと憲法九条を改訂し、早急に主権回復を願っている熱意を評価したい。

 

青山繁晴 安倍総理の憲法改正発言は党内クーデター勃発阻止のため!

 

【参考】

憲法九条第二項の廃棄を急ごうではないか

http://blog.goo.ne.jp/charotm/e/0fc8af36cee3e99d5fe87df98eddfe2b

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新緑の中で口遊(ずさ)む<... | トップ | R.クレイダーマンの演奏す... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL