ケイトウのドライフラワー飾ってみたのですが・・・   布製、帯締め入れ・帯締めケース「優舞美」

2017年10月12日 | 感謝
おはようございます

我が家の夏のガーディニング・・・
ケイトウを植えた時には
お花がこんなに大きくなるなんて思ってもみなくて
ビックリ

ケイトウのお花が大きく咲き
枯れるまで待つことが忍びなく 
ドライフラワーにすることにした事、
先日その様子をブログに更新したのですが・・・

その時の写真です。

お花を切った時点では色鮮やかでしたが・・・

残念なことに、特に黄色いケイトウは全く違った色に・・・

それでもどうにかドライフラワーになったので
お家にある花かごに飾ってみました。

お花の前に写真も一緒に飾ってみました。

色褪せていても一生懸命咲いていたケイトウの癒しのパワーを
お部屋に放ってくれているように感じ
ケイトウに心を寄せながら飾ることが出来たこと感謝です。

ドライフラワー・・・
初めての経験だったのですが

気が付いたことは
お花が少し枯れかけた時に花摘みをするのではなく
お花が一番きれいな時に花摘みをすると
お花の色褪せがもっと少ないのではと思った次第です。

初めての経験で成功する事って難しいものですね。
デモ何事も経験・・・
楽しみながら経験出来て本当に幸せでした

今日も一日幸せな素晴らしい日でありますように

 これが「優舞美」です ⇒  
布製なので 帯び締めを傷める事がありません。

  ➠  
帯び締めの房をマジック部分に入れるだけで 帯び締め&房が常に綺麗な状態になります。


優舞美ショップはこちらからどうぞ ➠ 優舞美オンラインショップ
                                        
帯締め入れ、帯締めケースの専門店:【優舞美】ホームページはこちらです ⇒ 


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 ファッションブログ 和装小物へにほんブログ村
にほんブログ村 登録してます!!応援して下さい。
人気ブログランキングへ人気ブログランキング登録しています!!こちらも応援して下さい
『ガーデニング』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やっと見えた中秋の名月(^o... | トップ | 義母の白寿のお祝い(^o^)... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
陽光によって黄金色に輝く建物 (油彩画 販売)
2017-10-23 16:22:46
陽光によって黄金色に輝く建物。印象派の画家たちは当時おこなわれていたナポレオン3世によるパリの大改革(都市整備)に近代性を見出し、(カミーユ・ピサロは別として)たびたび画題として取り組んでいたことが知られており、本作もそのような近代的都市風景画のひとつとして位置付けられている。
www.mobug.org

コメントを投稿