michigan's

~my everyday life, とりあえずの日常〜

「野放し」にすること

2017-05-05 13:19:50 | 教育
先日びっくりしたこと。

量販店に買い物に行った際、
上階の売り場から下りエスカレーターに乗って帰ろうとした時。

5歳くらいの女の子を連れた若いお母さんとおばあさん(と言っても若いけど。)らしき3人連れが、エスカレーター前にいました。

乗るのか乗らないのか、
とやや歩を緩めて待っていたのに乗らないので、私と娘が先に乗りました。

すると直後に背後から、
「と〜ぼうっと‼︎」とその女の子の声がして、親たちより先に駆け出したその子がエスカレーターにズシンと跳び乗った!
乗り場から2段飛ばしくらいで。
エスカレーターがガクンと揺れました。

ええぇっ…(゚o゚;;

まだ乗らずに上のところにいる母親とおばあさんが危ないよ、やってはダメだよ、と注意するかと思いきや、
そんな気配はなく、「もぅ、困った子だねぇ」くらいの雰囲気で、笑顔で会話を続けながら後から乗ってきました。

もしあの時あの女の子が、跳び損なって怪我をしたら?
下にいた私たちのところに転がって来るかもしれないけれど、女二人、心構えをしてない時に背後から突然ではそれを止められる体勢は取れないでしょう。
もし下にいる人がもっと体の弱いお年寄りとかだったら??

私たちは無言で車まで帰りましたが、
正直胸中モヤモヤ。
すると車の中で娘が口を切りました。

「あんなことしたら私たち、お母さんにしばかれてるよね!」

もちろん。
よくわかってるぢゃないか。
そして、やっぱり思ったことは同じだったか;^_^A

娘はもう大の大人ですが、
小さい時に他人のいる場で迷惑になること、自分や他人が危険になるようなことをした時には私がかなりきつくその場で質していたことから、
以来巷で出会う子供たちの迷惑行為や危険行為、そしてそれに対する若い親たちの「?」な対応に我慢できないことが多いそうです。

特に駐車場などで小さい子供の手もつながず、車から降ろして勝手に走り回らせている親とか。
こっちが気をつけて止まったり、何とか子供に注意喚起しようとしているというのに、親はこっちを見てもいない、などということも実際よくあります。

息子も同じことを言います。
たぶん2人が子供を持った時には、この点だけは黙っていても大丈夫な親になるだろうと私は思っています。

明治生まれの祖母は言っていました。
小さい子供の事故や怪我はすべて親の責任、と。

これは別の方からですが、
小さい子供は、目を離すなら手を離すな、
手を離すなら目を離すな、
と聞いたこともあります。
言い得て妙です。

今の世の中、出先で会った全く知らない家族の子供を注意したりできる状況にあるかと言うと、私も行動に移せる自信はありません(~_~;)
でも小さい子供を持つお父さんお母さんには、最低限、でもできる限り、自分の子供と周囲の人の安全のために目を配り、手をつないでほしい。

子供を野放しにすることと、伸び伸び自由に育てることは同義ではないはず。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 息子ごはん、卒業しました! | トップ | 怖い夢 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。