猫のひたい

尾崎杏子の映画日記
☆基本ネタバレはしません☆

偉大な生涯の物語

2017-08-09 00:49:45 | 映画
1965年のアメリカ映画「偉大な生涯の物語」。
東方の3博士が星に導かれ、ベツレヘムの馬小屋に現れる。処女マリア(ドロシー・
マクガイア)が神の子イエスを生んだのであった。黄金、乳香、没薬を捧げ、救世主
の降誕を祝う。残忍なヘロデ王(ホセ・フェラー)は予言されていたメシア(救世主)
の誕生を知り、2歳以下の幼児を皆殺しにするよう命じるが、危険を感じたマリア
の夫ヨセフは皆でエジプトに逃れ、故郷のナザレに帰る。イエス(マックス・フォン
・シドー)30歳の頃、「悔い改めよ」と叫んでいたヨハネ(チャールトン・ヘストン)
はローマの圧政に苦しむ民衆にイエスこそメシアだとして、天国の到来を告げる。
伝道を始めてガリラヤに向かうイエスには12人の使徒が生まれる。

イエス・キリストの生涯を描いた壮大な物語である。イエスの誕生を知ったヘロデ
王が2歳以下の幼児を皆殺しにさせたのは有名な話である。しかしイエスの一家は
エジプトに脱出し、難を逃れた。ヘロデ王役のホセ・フェラーという俳優、何の映
画で見たかは思い出せないが、よく見た気がする、特徴的な顔である。
イエスが30歳になった頃には、イエスの説く倫理観、道徳観、人生観などに賛同す
る人はどんどん増えていった。姦淫の罪で石打ちをされようとしていたマグダラの
マリアを救った話もまた有名である。民衆の心をとらえていくイエスの存在は、ヘ
ロデ王にとっては脅威でしかなかった。イエスの12人の使徒のうちの1人であるユ
ダの裏切り、そしてその後の経緯は多くの人が知っているだろう。
それにしてもマックス・フォン・シドーほどイエスの役が似合う俳優はいないので
はないだろうか。中世の絵画などから抜け出てきたみたいにイエスそのものである。
チャールトン・ヘストンでも悪くはないが、ちょっとたくましすぎる感じ。もしこ
の映画をリメイクするとしても、今時の俳優でイエス役にふさわしい人っていない
んじゃないの?と思う。
キリスト教に興味がない人でも、歴史大作として楽しめる映画ではないかと思った。
この映画、オリジナルは260分らしいのだが、日本のDVDでは199分版しか出てい
ない。何故そんなにカットされたのか…オリジナルを観たかったなあ。ラストのイ
エスの復活のシーンと音楽が感動的だった。



全般ランキング
人気ブログランキング
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ななの顔がー!!Σ( ̄ロ ̄lll) | トップ | 白いカラス »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (いごっそう612)
2017-08-09 07:20:43
1965年と言えば流石に生まれてないので未見ですが良い映画のようですね。観なければ~

しかしオリジナルは260分なのに、日本では199分とは・・カットし過ぎっすね(^-^;
Unknown (尾崎杏子)
2017-08-09 19:39:59
コメントありがとうございます。199分でも長いことは長いですが、1時間以上のカットとはひどいですよね(>_<)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL