猫のひたい

尾崎杏子の映画日記

コーヒーをめぐる冒険

2016-10-15 22:37:29 | 日記
2012年のドイツ映画「コーヒーをめぐる冒険」。
2年前に大学を中退したことを父に秘密にしたまま、自堕落な毎日を送っている青年
ニコ(トム・シリング)。恋人の家でコーヒーを飲み損ねた朝、車の免許が停止になった。
アパートでは上階に住むオヤジに絡まれ、気分直しに親友マッツェと出かけることに。
すると、クサい芝居の売れっ子俳優、昔ニコに片思いしていた同級生ユリカ、ナチス政
権下を生き抜いた老人等々、ニコの行く先々で癖のある人たちが次々と現れる。

モノクロームのコメディ映画である。特に"ドイツっぽさ"は感じないのだが、ふんわりと
した感じでとてもおもしろかった。ドイツ・アカデミー賞を総なめにしたらしいのだが、確
かにおもしろいがこういう映画がアカデミー賞って、ドイツ人の感覚って平和なんだなあ、
と思った。
朝コーヒーを飲み損なってから、幾度もコーヒーを飲もうとするが、色んな理由でなか
なか飲めないニコの姿がユーモラス。いつになったらこの人はコーヒーを飲めるのだろ
う?と思いながら観るのだが、飲めない不運と同時に、行く先々で変な人々に出会って
しまうのがおもしろい。ニコは基本的に気弱な青年のようで、はっきりと断れずに度々
人に流されてしまう。ニコ役の俳優も、特別イケメンでもなく普通~なのがいい。
でもただのコメディ映画では終わらない。ニコのついてない1日を描いたこの物語、ラス
トはホロリとさせられる。きっとニコにとっても、実のある特別な1日になったに違いない。
掘り出し物ですよ、この映画。

それにしても皆さんのブログ、カラフルで羨ましい。私は写真も載せられないし、文字
の色や大きさを変えたりもできない(だいぶパソコンを使っていると思うのだが、基本
的な操作をよく理解していない)ので、一色の文字だけの、まさにモノクロームなブログ
になる。まあ仕方ないか…( ̄▽ ̄)



人気ブログランキングへ

映画(全般) ブログランキングへ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 屋敷女 | トップ | スティーブ・ジョブズ(2013年) »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ともちん)
2016-10-15 23:10:17
こんばんは!この映画好きです♪コーヒー好きなのでとても同情しました(笑)最後はちょっと感動しますね。これからしっかり生きて行くだろうなと思えますよね(笑)ブログは自己満足でいいと言われたので( ̄▽ ̄)マイペースでゆるゆるやりましょう~
Unknown (尾崎杏子)
2016-10-16 09:44:15
コメントありがとうございます。ともちんさんも以前この映画観られてましたね♡ついてない1日はきっとニコの役に立ったと思います。
ありがとうございます。地味~なブログを続けようと思います(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL