猫のひたい

杏子の映画日記
☆基本ネタバレはしません☆

スティーブ・ジョブズ(2015)

2016-12-24 13:03:02 | 映画
2015年のアメリカ映画「スティーブ・ジョブズ」。
1984年。スティーブ・ジョブズ(マイケル・ファスベンダー)は激怒していた。Macintosh発表会の
40分前、本番で「ハロー」と挨拶するはずのマシンが黙ったままなのだ。マーケティング担当の
ジョアンナ(ケイト・ウィンスレット)はカットしようと説得するが、ジョブズは折れない。そこへジョ
ブズの元恋人・クリスアンが、5歳の娘リサを連れて現れる。認知しようとしないジョブズに抗
議に来たのだ。公私共に緊張感が高まる中、ジョブズは焦る。

2013年のアシュトン・カッチャー主演の「スティーブ・ジョブズ」はジョブズ氏がアップル社を立ち
上げて成功するまでを描いた映画だったが、こちらはプレゼンとジョブズ氏の父性についての
物語である。何度かのプレゼンを行うが、いつも直前になって何事が起きるのだ。ジョブズ氏
役のマイケル・ファスベンダーもいいが、マーケティング担当役のケイト・ウィンスレットの演技
はさすが。本当にこの人は何を演じてもうまい。
ジョブズ氏の元恋人で娘も母親・クリスアンは、度々ジョブズ氏の職場に押しかけてくる。娘と
言ってもジョブズ氏は認めていないのだが。2013年版でもそういうやり取りのシーンがあって、
「自分の子供だと認めないなんて、ジョブズさんってひどーい」と思ったものだが、この映画を
観ていると気持ちが変わってきた。ジョブズ氏は子供を認知してはいないが、養育費は払い
続けているのだ。なんだか変わった人である。家も買ってあげている。それでもクリスアンは
金が足りないから家を売ろうかと思っている、と言うのだ。クリスアンはジョブズ氏が娘のため
に送っているお金で旅行に行ったりしているのだ。子供の父親が金持ちだからといって、子供
をダシに金を巻き上げようとしているとしか思えない。私はクリスアンに本当に憎しみを感じた。
それでも子供は母親をかばうんだなあ。大学生(ハーバードだそうだ。父親に似て頭がいいん
だな)になったリサは「ママは副鼻腔炎だから治療費がいるの」と言うが、ジョブズ氏は「彼女は
10何年も前から副鼻腔炎だ」と返すシーンがある。母子家庭で育ってきたリサが母親をかば
うのは仕方のないことなのか。
2013年版、2015年版の映画を観てきて思ったのだが、ジョブズ氏は発達障害があったのでは
ないだろうか?明確に描かれてはいないが、他者とコミュニケーションを取るのが苦手、協
調性のなさ、こだわりの強さ。発達障害があったのではないかと私は思う。共同経営者で友
人のウォズをも怒らせてしまっている。
ラストは感動的。「ああ、iPodってああやってできたのかあっ!」と必ず感動するはず。そして
それに続くシーン。ジョブズ氏が今も生きていたら、何を作っていただろう。本当に、生きてい
て欲しかった。



良かったらこちらもどうぞ。
スティーブ・ジョブズ(2013年)




映画(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 伴奏者 | トップ | ストレンジャーズ/戦慄の訪問者 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ともちん)
2016-12-25 21:02:27
こんばんは(ФωФ)観ました🎵最後お父さんの顔になったのが感動的でした。ケイトさんとの関係は何かいいなぁ~と思いました。面白かったです😃
Unknown (尾崎杏子)
2016-12-26 09:28:15
コメントありがとうございます。ラストシーンとても良かったですよね。ウルッとしました(笑)

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL