猫のひたい

杏子の映画日記
☆基本ネタバレはしません☆

17歳のカルテ

2017-07-11 23:11:30 | 映画
1999年のアメリカ映画「17歳のカルテ」。
高校を卒業したばかりのスザンナ(ウィノナ・ライダー)はアスピリンを大量に飲んで
自殺を図り、精神病院に入院する。同じ病棟の患者は、顔に火傷の痕があるポリー(
エリザベス・モス)、虚言症のジョージーナ(クレア・デュバル)、過食症のデイジー(
ブリタニー・マーフィー)、そしてボス的存在であるリサ(アンジェリーナ・ジョリー)
たち。境界性パーソナリティー障害であるという自覚がないスザンナは、常に監視さ
れ管理される入院生活になじめないでいたが、エキセントリックなリサに惹かれ、次
第に仲良くなっていく。

スザンナ・ケイセンの自叙伝「思春期病棟の少女たち」の映画化。薬を大量に飲んで
自殺を図り、両親に精神病院に入院させられたスザンナだが、そこには自分よりもっ
と重い精神疾患の少女たちがいて驚く。絶望を感じていたスザンナだったが、次第に
他の少女たちと仲良くなっていく。特に気が強くリーダー的存在であるリサとは不思
議と気が合い、リザもスザンナと親しく接するようになる。
日本の精神病院のイメージとあまりに違うのでびっくりした。スザンナが待遇につい
て文句を言うと、看護婦が「ここは三ツ星ホテルよ!」と言うシーンがあるのだが、
本当に暮らしやすそうに見えるのだ。監視、管理されるのは仕方ないとしても、病室
はまるで自分の部屋のようだし、談話室のようなところでは自由に過ごしているし、
パジャマや病院衣ではなく普通の洋服を着ている。アメリカだからなのか、時代のせ
いなのか。
看護婦が皆を連れて外出するシーンがある。アイスクリーム屋に行くのだが、そこで
スザンナは同級生とその母親に会ってしまう。スザンナはその同級生の父親と不倫を
していたことがあったのだ。母親に「全部知ってるのよ。一生退院しないでね」とキ
ツく言われるが、リサが追っ払ってしまうシーンはクスリと笑ってしまった。リサは
とにかく問題児で、脱走経験もあり、病院職員たちも手を焼いている。だが最後の方
ではどうしてリサがそんな態度をとるのかわかってくる。スザンナにも。
原作も読みたいと思っているのだがなかなか読めないでいる。この映画、昔観た時も
ラストシーンで泣けたが、今回もやっぱり泣けてしまった。テーマ曲がまたいいのだ。
ペトゥラ・クラークの「恋のダウンタウン」。映画によく合っている。劇中レコード
で流れるスキータ・デイヴィスの「ジ・エンド・オブ・ザ・ワールド」も印象深い。




全般ランキング

人気ブログランキング
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フッテージ デス・スパイラル | トップ | 台北ストーリー »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (いごっそう612)
2017-07-12 06:59:40
この映画は未見です。

ウィノナ・ライダー出てるんですね、昔けっこう好きだったけど最近はすがたをあまり見ませんね。映画とか出てるんかな?

なかなか興味深い映画っすね。機会があったら観てみます(^^)/
Unknown (尾崎杏子)
2017-07-12 21:03:38
コメントありがとうございます。いい映画ですよ。機会があれば是非💚
ウィノナ・ライダーは今も映画に出てますよ。いい女優だと思うんですが、性格に問題が…(^-^;

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL