猫のひたい

尾崎杏子の映画日記

地下鉄のザジ

2017-03-14 04:18:12 | 映画
1960年のフランス映画「地下鉄のザジ」。
10歳の少女ザジ(カトリーヌ・ドモンジョ)は母と共に生まれて初めてパリへやって
きた。母はザジを弟のガブリエル(フィリップ・ノワレ)に預けると、さっさと恋人
の元へ行ってしまった。ザジの目的は地下鉄に乗ることだった。ガブリエル叔父さ
んの家へ行ったザジは、翌朝1人で部屋を抜け出し、街に出た。彼女は地下鉄乗り
場へ向かうが、その地下鉄がストライキ中で彼女を大変失望させた。泣いていると
見知らぬ男が声をかけてきた。ザジは彼をさんざん利用してパリ見物を楽しむ。

初めてパリへやってきた少女がパリの街で大冒険をするドタバタコメディである。
ドタバタ具合がすごくて、まるでアニメーションを観ているようだった。見知らぬ
男と、あるいは叔父さんと、あるいは1人で、ザジはあちこちに行き、食べ、壊し、
大笑いする。おてんばなザジの行動に観ているこちらも笑いっぱなしである。つい
でにザジと一緒にパリ見物をした気持ちになる。ただこれは1960年の映画なので、
今とはだいぶ違っているとは思うが。私みたいなフランスマニアにとっては、あ~
あそこ行きたいなあ、あ~あのお店で食べたいなあ、と想像が膨らんでしまう映画
である。
でもこのザジという少女、ちょっと躾がなってないんじゃないの?と真面目に考え
たりもする。まあ母親がパリに着いた途端娘を弟に預けて恋人と一緒に消えてしま
うような人だしな。叔父さん役のフィリップ・ノワレがとても魅力的。ラストの
ザジのセリフもいい。
この映画、本当に「死刑台のエレベーター」や「鬼火」を撮ったルイ・マルの作品
なの!?と思ったのだった(^^;)




全般ランキング

人気ブログランキング
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ソーシャル・ネットワーク | トップ | 卒業 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ともちん)
2017-03-14 17:56:47
こんばんは( ̄▽ ̄)男を利用してパリを楽しむ・・なんてうらやましい(笑)面白そうですね~♪
Unknown (尾崎杏子)
2017-03-14 19:13:01
コメントありがとうございます。男を利用といっても10歳ですから…(笑)末恐ろしいとも言えますね(・∀・;)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL