猫のひたい

尾崎杏子の映画日記
☆基本ネタバレはしません☆

悪魔のシスター

2017-05-31 03:08:36 | 映画
1972年のアメリカ映画「悪魔のシスター」。
美しいモデルのダニエル(マーゴット・キダー)と一夜を過ごした男性が何者かに殺される。
その現場を向かいのマンションから目撃した記者グレース(ジェニファー・ソルト)は警察
へ通報するが、刑事と一緒にダニエルの部屋へ入った時殺人の痕跡が何もないことにグレ
ースは驚く。被害者の姿もなく、白昼夢だと言って警察に信じてもらえなかったグレース
は、探偵のジョセフ(チャールズ・ダーニング)と共に事件の真相究明へ乗り出す。

ブライアン・デ・パルマ監督が若い頃のサイコ・サスペンス映画。うーん、期待していた
のだけど、それ程おもしろくなかったかなあ。不気味ではあったけど…。モデルのダニエ
ルとテレビ番組で共演し意気投合した男性は、食事をしている時ダニエルが見知らぬ中年
男性と口論になり、それがダニエルの離婚した夫であると知る。別れたのにしつこく付き
まとわれているのだと言う。誘われてダニエルの部屋へ行った男性は、彼女と一夜を共に
する。翌朝、男性はダニエルが女性と話している声を聞くが、その姿は見えない。ダニエ
ルは「双子の妹が来ている」と言う。「今日は私たちの誕生日」だとも。
その男性が何者かに殺されるのを向かいのマンションから記者のグレースが目撃する。し
かし警察が到着した時には男性の死体はなく、部屋に血痕もなく、もちろんダニエルは何
も知らないと言う。証拠がない上に日頃から警察を批判する記事を書いているグレースは
信じてもらえない。納得できず記者魂に火がついたグレースは探偵と共に事件を調べ始め
るが、次第にダニエル、そしてダニエルの元夫の秘密が明らかになっていく。
割と想像がつきやすい物語だと思う。それはそれでいいのだが、ちょっと退屈というかテ
ンポが悪い。血の色も真っ赤で赤絵具なのが丸わかりで、リアルさがない。昔の映画って
こんなふうだったんだな~と思った。古い映画は好きだが、この映画は突っ込みどころが
多く何だか説得力がない感じ。殺された男性が買ってきたバースデーケーキをグレースが
見つけるが、転んで刑事の足元にぶちまけるシーンはもう…ダニエルともう1人がいたと
いう証拠のケーキなのに、運ばずに台所に刑事を呼べばいいのに。あれにはイラッとした。
グレースは記者なのに愚かすぎ。
後半はどんどん不気味さを増していく。ちょっとデヴィッド・リンチっぽさも感じる。事
件に深入りしたために不条理な罠にはめられていくグレース。確かに殺人を目撃したのに
信じてもらえなかったら無理もないことなのかもしれないが、この人本当に色々とマヌケ
である。マーゴット・キダ―は顔がどうも苦手である。特に口元が神経質そうで。決して
美しいというタイプではないと思うが、映画の雰囲気には合っていたのかもしれない。




全般ランキング

人気ブログランキング
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 苦手な家事は? | トップ | 失踪 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (いごっそう612)
2017-05-31 20:10:27
なかなか古い作品も観るんですね~。
70年代とか全然未見です。
昔の作品で面白かったと言えば、『遊星からの物体X』ですね。
Unknown (尾崎杏子)
2017-06-01 00:20:17
コメントありがとうございます。私は色々観ますね~(^o^)いごっそうさんは新作をよく観ていらっしゃいますね。
「遊星からの物体X」おもしろかったですね!カーペンター監督では「ハロウィン」や「ザ・フォッグ」も好きです!
実はハロウィンマニアですっ(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL