猫のひたい

杏子の映画日記
☆基本ネタバレはしません☆

シー・オブ・ラブ

2016-11-12 04:30:22 | 映画
1989年のアメリカ映画「シー・オブ・ラブ」。
ニューヨークで、3人の男が殺される連続殺人事件が起きた。そしてその現場には必ず
「シー・オブ・ラブ」のレコードが残されていた。被害者は雑誌に恋人募集の広告を出した
独身の男ばかりで、犯人の指紋は一致した。広告を見て近づいてきた行きずりの女に
殺されたとにらんだ市警の刑事フランク(アル・パチーノ)は、犯人をおびき出すべく自ら
恋人募集広告を出す。広告を見て声をかけてきた女たちと会い、グラスの指紋を採取す
るが、皆シロだった。その中でヘレンという女(エレン・バーキン)だけはグラスに手を付
けず、フランクを「タイプじゃない」と言って去っていった。フランクは彼女に惹かれ、交際
するようになるが、彼女の家のレコード棚には「シー・オブ・ラブ」のレコードがあった。

アル・パチーノ主演のサスペンス映画。「シー・オブ・ラブ」という曲を私は知らないが、
有名な曲らしい。この曲が流れている中で、男たちの死体が発見される。興味を惹く始
まり方だ。殺された男たちに共通しているのは、雑誌に恋人募集の広告を出していたこ
と。そこに浮上した1人の女。サスペンスフルでおもしろかった。こういう恋人募集の広告
ってフランス映画にも出てきたが、外国にはあるんだなあ。私が知らないだけで日本にも
あるのだろうか。今はネットの時代なので、雑誌に広告を載せるというやり方は廃れてい
るかもしれない。
とにかくアル・パチーノが渋くてかっこいい。この人はこういうバツイチでうらぶれた中年、
みたいな役が本当によく似合う。顔立ちのせいかな。エレン・バーキンはセクシーなんだ
けど、ヘンな顔だな、と思った。それなのにアル・パチーノをタイプじゃないって、ぜいた
くな。
相手が「連続殺人犯かもしれない」と疑いながらも、恋愛にのめり込んでいくフランクを、
アル・パチーノがさすがの演技力で表現し、悲哀と疑念の混じったその姿はとても良か
った。




人気ブログランキングへ

映画(全般) ブログランキングへ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ソフィー・マルソーの愛人 | トップ | ヲタクに恋は難しい »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ともちん)
2016-11-12 07:35:22
おはようございます(ФωФ)TSUTAYAになさそう、、(笑)無いのが多いです😢店の中で泣いたろかしら❗って思う昨今でござる🐱アルさんカッコいいですよね🎵
Unknown (尾崎杏子)
2016-11-13 02:17:57
コメントありがとうございます。結構有名な映画が置いてなかったりすると泣きたくなりますよね。
アル・パチーノくたびれた感じがいいです(//∇//)
Unknown (jmcmy)
2016-11-17 19:16:31
アル・パチーノ 
何もしていないのに、異常そうな雰囲気を漂わせている俳優が好きです 
ヨーロッパだと故ピーター・オトゥールとか
Unknown (尾崎杏子)
2016-11-18 01:17:25
>jmcmyさん
コメントありがとうございます。いいですね~そういうタイプ。ピーター・オトゥールの映画はあまり観たことないですが、とてもかっこいいと思います。
アル・パチーノもイタリア系ですし、ヨーロッパ系の俳優は違うな、という感じがします。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL