猫のひたい

杏子の映画日記
☆基本ネタバレはしません☆

キリングゲーム

2017-08-19 15:53:53 | 映画
2013年のアメリカ映画「キリングゲーム」。

元アメリカ軍人のベンジャミン(ロバート・デ・ニーロ)は、退役してから家族とも
疎遠になり、人里離れた山小屋で独居生活を静かに営んでいた。そこにセルビア人
の元兵士コヴァチ(ジョン・トラボルタ)が現れ、2人は意気投合し楽しい夜を過ご
す。翌日2人はハンティングに出かける。しかし、旧ユーゴスラビアのボスニア紛
争時にベンジャミンが行った作戦の生き残りであるコヴァチは、壮絶な"人間狩り"
をベンジャミンに対して容赦なく仕掛けてくる。戦争の記憶を封印したいベンジャ
ミンと、未だ戦争を終わりにしていないコヴァチは、それぞれの思いを胸に、命
をかけた戦いを繰り広げる。

ジョン・トラボルタとロバート・デ・ニーロという珍しい顔合わせのサスペンス・
アクション映画。家族とも疎遠になり、山小屋で1人で暮らす元アメリカ軍人のベ
ンジャミン。車が故障し困っていたところに、セルビア人の元兵士コヴァチが現
れ、修理してやる。雨が降ってきたので、ベンジャミンはコヴァチを夕食に誘う。
だがコヴァチは旅行者を装って現れたが、それは偶然ではなかった。普段他人と
接することのないベンジャミンだったが、コヴァチとは気が合い、楽しい時間を
過ごした。2人は翌日ハンティングに行く約束をする。
翌朝ハンティングに出かけるが、ベンジャミンはコヴァチが自分の命を狙ってい
ることに気づく。コヴァチの目的はベンジャミンを殺すことで、次々と罠を仕掛
ける。元軍人のベンジャミンもそれに応酬し、2人の戦いが始まる。優勢、劣勢は
交互にといった感じで、とてもハラハラする。残酷なシーンも多いが、とにかく
「痛い」映画だ。戦争とはこんなにも人の心を狂わせるのかと改めて思う。ナチ
ス親衛隊のメンバーが元は普通の人だったりするように、ベンジャミンもまた普
通の人だったのだろう。その彼がボスニア紛争時に行った残虐行為をコヴァチは
未だに許せていない、忘れていないのだ。
ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争について私は理解するのが難しい。私がバカなの
か、日本人にはピンと来ないのか。第二次世界大戦以降ヨーロッパでの最悪の紛
争になったと言われているが、何故そこまで被害が広がったのか。犠牲者の数を
見ると本当にゾッとする。人間とは何と愚かな存在なのか。ラストは私の予想と
は違っていたが、なかなかおもしろかった。




全般ランキング

人気ブログランキング
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ギャルソン! | トップ | 雨にゆれる女 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (いごっそう612)
2017-08-20 07:05:42
前に観たことあります。
ロバート・デ・ニーロとジョン・トラヴォルタって豪華だなあ~っと。
ラストの二人の会話がけっこう印象的で良かったです。
Unknown (尾崎杏子)
2017-08-20 17:37:47
コメントありがとうございます。豪華ダブル主演でおもしろかったですね。私もラストは印象的でした。
でも戦争はやはり不幸しか生み出しませんね。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL