猫のひたい

杏子の映画日記
☆基本ネタバレはしません☆

ブローン・アウェイ/復讐の序曲

2017-08-01 22:25:48 | 映画
1994年のアメリカ映画「ブローン・アウェイ/復讐の序曲」。
ボストン警察の爆弾処理隊員ジェームズ・ダヴ(ジェフ・ブリッジス)は、大学の
コンピュータ爆破事件を解決したことで一躍マスコミの注目を浴び、ヒーローに
なる。しかし、その後ダヴを狙ったと思われる爆破事件が頻発し、数人の同僚が
命を落とす。同僚たちから不信の目を向けられる中、ダヴの妻子がターゲットに
される。犯人は、北アイルランドの刑務所から脱獄し、アメリカに渡っていた爆
弾製作の天才ライアン・ギャリティ(トミー・リー・ジョーンズ)だった。

ジェフ・ブリッジスとトミー・リー・ジョーンズという大物同士の共演のサスペ
ンス映画。冒頭からびっくり。いくら爆弾作りの天才とはいえ、刑務所の中で爆
弾なんて作れるものだろうか。ギャリティは協力者を殺害し、爆破を起こし、ま
んまと脱獄してしまう。ギャリティの仕掛けた爆弾によって罪もない警察官たち
が犠牲になるシーンは痛ましい。警察内ではダヴが狙われているのでは?という
噂になり、ダヴは窮地に陥る。ダヴはそれを知っていたからだ。ダヴの携帯電話
にギャリティから電話がかかってきていたのだ。実はダヴとギャリティは昔の因
縁があった。ギャリティはダヴに復讐しようとしていた。
そのスイッチを押すと爆発するのではないか、そこに触ると爆発するのではない
か、と、かなりハラハラさせられる。遊んでいるダヴの娘に近づき、殺すんじゃ
ないか?それとも…と思わせるシーンは本当に心臓に悪い。ギャリティの狂気に
満ちた様子を演じるトミー・リー・ジョーンズが怖い。ラストもダヴが妻子の乗
った車を追いかけるシーンがすごく迫力があって、「助かって!」と思ってしま
った。こういうハラハラドキドキさせるのはアメリカ映画ならでは。ダヴの親し
い同僚アントニー(フォレスト・ウィティカー)の友情というか男気もかっこよか
った。なかなかおもしろかった。

フランスの大女優ジャンヌ・モローが亡くなった。もう89歳だったんだなあ。
好きな女優の1人だった。あまり映画はたくさんは観ていないけれど、「黒衣の
花嫁」が好きだったなあ。最後に観たのは2014年に公開された「家族の灯り」
という暗いけどおもしろい映画だった。
ゆっくりお休みください。




全般ランキング

人気ブログランキング
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 銀魂 | トップ | ななの顔がー!!Σ( ̄ロ ̄lll) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ツィッターにあげさせていただきましたm(__)m (レビュアン)
2017-08-01 23:28:18
お邪魔します(^^
勝手ながらtwitterに、こちらの記事をツィートさせていただきましたm(__)m
今後とも、映画記事はご紹介させていただければと存じますが、差し支えございませんでしょうか・・・・・もしご迷惑なら控えますので、お教えください(^^)
Unknown (尾崎杏子)
2017-08-02 14:38:43
コメントありがとうございます。え~Twitterで紹介してくださったんですか?光栄です!
嬉しいです。これからもよろしくお願いします(^^ゞ

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL