猫のひたい

杏子の映画日記
☆基本ネタバレはしません☆

HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス

2017-01-03 18:13:30 | 映画
2016年の日本映画「HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス」。
大学生になった色丞狂介(鈴木亮平)は姫野愛子(清水富美加)のパンティーをかぶり、
変態仮面として悪を倒していた。が、複雑な感情を抱く愛子はパンティーを返してもらい、
狂介と愛子の心にすれ違いが生まれてしまう。愛子に対して密かに好意を寄せる同級
生の真琴正(柳楽優弥)は、愛子を傷つける狂介を憎いと感じていた。そんな中、世界
中でパンティーが消えていくという事件が発生し、絶対絶命に陥る変態仮面の前に新
たな敵が出現する。

皆様、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。
「HK 変態仮面」の続編である。数年後、大学生になった色丞狂介とガールフレンドの
愛子だが、愛子は次第に狂介のしていること(変態仮面)を受け入れられなくなり、自分
のパンティーを返してもらう。狂介の「変態仮面は変態だけど僕は変態じゃないよ」とい
うセリフがおもしろい。狂介のS嬢の母親も健在。片瀬那奈があんな役をやるって意外
だなあ。似合っているけど。相変わらず鈴木亮平は30歳を過ぎているのに大学生の役
が違和感ない。高校生の役も違和感なかったけど、不思議な人だ。
今回は前回よりも変態性が強く、盛りだくさん。ムロツヨシの変態さもパワーアップして
いるし、柳楽くんまであんな役をやってしまうなんて。ちょっとやり過ぎの感はある。やっ
ぱりシリーズものって最初の作品がおもしろいなあ。でも今回は前回敵だった安田顕が
味方だったり、狂介の死んだ父親の幽霊が登場してアドバイスを与えたりと、おもしろい
面もあった。それにしてもやっぱり、鈴木亮平の筋肉美はすごい。

前記事が丸2日ブログサークルに掲載されなかった。前にも同じことがあって、とても
困った。今回は掲載されるといいけど。同じ経験がある人いらっしゃいますか?(´・ω・`)




映画(全般) ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年映画館で観た映画 | トップ | X-ファイル 2016 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (いごっそう612)
2017-01-14 06:40:07
鈴木亮平の筋肉がやばいっすよね(´∀`)
柳楽優弥がまさかあんな役ででるとは・・(笑)
Unknown (尾崎杏子)
2017-01-14 16:26:10
>いごっそう612さん
コメントありがとうございます。鈴木亮平の筋肉はコンテストに出場してもらいたいくらいですね(笑)どれだけ鍛えたんだろう(^^;)
柳楽くんは最近活躍が目覚ましいですね。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
【HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス】鈴木亮平のケツ筋が素晴らしすぎる! (元ボクサーの一念発起)
こんな映画は子供に見せてはいけない!! 鈴木亮平が女性用のパンティを被る事で変態パワーを発揮し、悪者を退治する変態仮面を演じた、あんど慶周のコミック「究極!!変態仮面」を......