猫のひたい

杏子の映画日記
☆基本ネタバレはしません☆

雨にゆれる女

2017-08-22 02:15:32 | 映画
2016年の日本映画「雨にゆれる女」。

則夫(青木崇高)は飯田健次という別人に成りすまし、勤務先の工場と自宅を往復
するだけの孤独な生活を送っていた。自分のことを何も話さず、極力人との関わ
りを避けようとする健次は職場では変人扱いされていた。ある日同僚の下田(岡山
天音)が家にやってきて、惚れた女が男から逃げたいと言うので匿って欲しいと頼
む。健次は断るが、最後には渋々引き受ける。工場に警察がやってきて、工場で
盗みを働いた下田が捕まったと伝えられる。理美というその若い女(大野いと)も
自分のことは話さず、正体は謎に包まれていた。ある夜、過呼吸を起こした理美
を健次が介抱し、2人の距離が縮まる。

心に秘密を抱えた孤独な男女の物語。タイトルにあるように、雨のシーンが印象
的である。則夫は10数年前ある犯罪を犯し、名前を変えてひっそりと暮らしてい
る。理美は犯罪ではないものの、自分の言動がある女性を不幸にしたことに罪悪
感を抱いている。2人とも罪悪感を持って生きてきたのだ。そしてこの2人は出会
うべきではなかった。愛し合ってはいけなかった。悲しい映画である。
下田によって健次の家に匿われた理美。しかし下田が逮捕され、2人は少しずつ
ではあるが打ち解けていく。やがて釈放された下田が理美を迎えにくるが、理美
と健次の親密な様子を見て激怒し、理美は下田を拒絶する。愛し合うようになっ
た2人だが、それぞれが胸に抱えている秘密と罪悪感は、あまりにも大きなもの
だった。そして真相がわかった時悲劇が起きる。
最初の方で、幼い姉弟が自動販売機の前でジュースを買おうかどうしようか迷っ
ているシーンがある。姉弟のやっぱりやめよう、という会話を聞いて、健次が小
銭を入れてやって「買え」と言うのだが、これは重要なシーンである。健次はそ
んな親切な男ではない。それなのに何故その姉弟のことを気にかけたのか。それ
は後にわかる健次の秘密につながっているのだ。
愚かだった過去の2人。だがそれは今更どうしようもないことだ。よく思うけれ
ど、日本のマイナーな映画ってどうしてこんなに暗いのだろう。暗くて、救いが
ない。「ケンとカズ」や「蟻が空を飛ぶ日」なんかも本当に暗かった。まあ、暗
い映画好きなんだけど。




全般ランキング

人気ブログランキング
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キリングゲーム | トップ | ハイドリヒを撃て!「ナチの... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (いごっそう612)
2017-08-22 05:58:23
何かかなり深そうな感じですね~。
こういう系けっこう好きだったりするので、レンタル店で見つけたら借りてみようかな。
Unknown (尾崎杏子)
2017-08-22 20:11:58
コメントありがとうございます。そうですね、深く重たい物語です。私もこういうの好きです。
良かったらご覧になってください💚

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事