猫のひたい

尾崎杏子の映画日記
☆基本ネタバレはしません☆

アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち

2017-05-24 19:58:51 | 映画
2015年のイギリス映画「アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち」。
1961年、元ナチス親衛隊将校アドルフ・アイヒマンの裁判が開廷された。生存者たちが
ナチス戦犯の前で語る証言は、ホロコーストの実態を明らかにする絶好の機会となる。
ナチスがユダヤ人にしたことを全世界に知らしめるため、TVプロデューサーのミルトン
・フルックマン(マーティン・フリーマン)とドキュメンタリー監督のレオ・フルヴィッツ
(アンソニー・ラパーリア)はこの世紀の裁判を撮影し、その映像を世界へ届けるという
一大プロジェクトを計画する。世界初となるTVイベントの実現のため制作チームは撮影
の準備を進めるが、様々な困難が立ちはだかる。

元ナチス親衛隊将校で、多くのユダヤ人を強制収容所に送り込んだアドルフ・アイヒマ
ンの裁判を撮影し、世界中に配信したTVマンたちを描いた実話である。こんなことがあ
ったなんて知らなかったなあ。日本でもこの裁判は放送されたのだろうか。
アイヒマンは戦後アルゼンチンで逃亡生活を送っていたが、1960年に捕らえられ、収監
される。イスラエルの執念の捜査が実を結んだのである。ホロコーストの生存者たちが
証言しても、強制収容所の映像が流れても、アイヒマンは涼しい顔をしているのが怖い。
本当に普通の人だったらしいのだが、何故普通の人がこんな残虐行為を平気で行うよう
になるのだろう。「命令に従っただけ」と言うアイヒマン。時代が人を狂わせるのだろ
うか。誰でも彼のようになる可能性があるのかもしれない。そう思いたくはないが。
「強制収容所はなかった」「ユダヤ人は追放されたが虐殺はされていない」と主張する
人々がいるが、多くの映像が残されているのにどうしてそう思うのかわからない。そう
いうことにしたいのだろうか?ホロコーストはでっちあげということにしたい程ユダヤ
人が嫌いなのか。収容所はただのシャワー室だったなんて平気で言える人たちが理解で
きない。
プロデューサーのフルックマンたちは権力に押しつぶされそうになりながら、裁判の撮
影と映像の配信にこぎつけるのだが、彼らの姿は本当に感動的。フルックマンが「脅し
には負けない」と力強く言うシーンは特に印象に残った。

ホロコーストに関心がある方には是非こちらも観て頂きたいと思う。実際の映像とナレ
ーションだけの31分のドキュメンタリー映画である。アラン・レネ監督作品。
夜と霧




全般ランキング

人気ブログランキング
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

無限の住人

2017-05-20 03:13:55 | 映画
日本映画「無限の住人」を観にいった。
百人斬りの伝説を持つ男、万次(木村拓哉)は、妹・町(杉咲花)を賞金稼ぎの男・司戸菱安
(金子賢)に殺されて生きる意味を失った時、謎の老婆・八百比丘尼(山本陽子)に無限の命
を与えられ、傷が勝手に再生する不死身の体になってしまう。それから50年後、1人で永
遠を生きる万次の元に浅野凜(杉咲花・2役)という少女が現れる。2年前に無天一流の師範
代だった父を殺され、仇討ちを誓った凜は、八百比丘尼に教えられた「絶対にくたばらな
い男」である万次を探し当てたのだった。父を殺した逸刀流統主の天津影久(福士蒼汰)と
彼が率いる剣士たちに敵討ちをするため、助っ人を頼みたいと頭を下げる凜に妹の面影を
見た万次は、無限の命を彼女の用心棒として使うと決める。

漫画を実写化したエンターテインメント作品。すごくおもしろかった。評価が今ひとつな
のは原作に思い入れがある人が多いせいか。私は原作を読んでいないためかとても楽しめ
た。読んでいても充分におもしろそうだけど。ストーリーもおもしろいが、とにかくアク
ションシーンが見事だった。キャストも豪華。
侍である万次は、目の前で妹の町を賞金稼ぎの男に殺され、怒り狂って男とその手下を次
々に斬る。自らも瀕死の重傷を負うが、謎の老婆に血仙蟲を埋め込まれ、不死身の体にな
ってしまう。死にたくても死ねなくなった万次は、それからずっと孤独な時を生きていく
ことになる。映画のキャッチコピーが「不死身って、死ぬほどめんどくせえ」らしいが、
何となくわかる気がする。昔ある漫画で、不死身ではないが病気のために異常に長生きす
ることになってしまった男が、やはり1人で長い時を過ごし、「人間はいつか死ぬんだ。
死ななければ人間じゃないんだ」と泣きながら訴えるシーンを思い出した。
道場の娘である凜は逸刀流統主の天津影久とその仲間たちに父を殺され、母を連れ去られ、
彼らに復讐を誓うが、天津という男はただの悪役ではなく、悲しい過去を抱えている。そ
の、ただの「善対悪」の図式ではないところが良かったと思う。命の奪い合いに善も悪も
ないのかもしれない。
とにかく殺陣がすごかった。私は弓矢や刀(剣)が大好きなのだが、ラスト近くで万次と天
津が300人以上の幕府軍を相手に戦うシーンは、同じ三池崇史監督の「十三人の刺客」を
彷彿とさせる迫力だった。これだけでも観る価値はあるだろう。市原隼人のクズっぷりも
良かったし、戸田恵梨香も太ももを出しまくって頑張っていて、かっこよかった。主題歌
も良かった。DVDが出たらまた観たいが、これは映画館で観る映画だなあ~と思った。




全般ランキング

人気ブログランキング



コメント (2)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ドント・ブリーズ

2017-05-19 02:51:10 | 映画
2016年のアメリカ映画「ドント・ブリーズ」。
デトロイト。経済破綻しゴーストタウン化が進む街で、養育放棄の両親と共に暮らす
不良少女ロッキー(ジェーン・レヴィ)はいつの日か一緒にここから抜け出そうと妹に
約束していたが、そのために必要な逃走資金を得られる当てはなかった。ボーイフレ
ンドのマニー(ダニエル・ゾヴァット)から地下室に金庫を持っているらしい盲目の老
人宅への強盗を持ちかけられた彼女は、マニーと友人のアレックス(ディラン・ミネッ
ト)の3人で真夜中に老人(スティーブン・ラング)の家に押し入る。だがその老人は元
軍人であり、盲目でも超人的な聴覚を持ち、侵入者の殺害をも厭わない恐ろしい男だ
った。

悪霊ではなくとても怖い人間が出てくるスリラー映画である。若者3人が強盗目的で
盲目の老人の家に押し入るが、その老人はとんでもない男だったという物語。若者た
ちは相手は目が見えないから楽勝だろうと思って強盗に入るのだが、老人は超人的な
聴覚と勘を持ち、銃まで持っていたため、彼らは予想に反して苦戦を強いられること
となる。
この老人、イラク戦争で失明し、娘を交通事故で失い、1人暮らしをしている。境遇
はちょっと気の毒かもと思ったが、途中でとても気の毒とは思えない事情があること
がわかる(娘はかわいそうだが)。とにかくパワフルなじいさんで、侵入してきた若者
3人を相手に一歩も引かない戦いっぷりを見せる。おまけに頭も充分いかれているの
である。とは言え若者たちも強盗であるから全く同情する気にはならない。ロッキー
の家庭環境は悪く、幼い妹を連れて街を出ようと思うのはいいが、その資金のために
強盗って…働けよって感じ。街を出たいと願いつつも彼女は何もしていないのである。
若者たちもじいさんもどっちもどっちか。
密室サスペンスというのはやっぱりおもしろい。逃げ場がない状況で追い詰められる
恐怖、そして狂気。タイトルの「Don't Breathe」の意味は観ているうちにわかる。
ラストもええっという感じで、なかなかおもしろかった。




全般ランキング

人気ブログランキング
コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

シャイン

2017-05-15 19:45:01 | 映画
1996年のオーストリア映画「シャイン」。
メルボルンに生まれたデイヴィッド・ヘルフゴット(ジェフリー・ラッシュ、青年期ノア・
テイラー)は、厳格な父親の元、ピアニストになるべく英才教育を受けていた。才能を発揮
し、天才少年と呼ばれた彼は、アメリカへの留学を薦められるが、父親が経済的な理由と、
自分から離れていくことを良しとせず断ってしまう。しかし数年後、コンクールでの演奏
が評価され、イギリスの王立音楽院に奨学生として留学する話が持ち上がると、父親の反
対を受けながら、家を飛び出す形でロンドンに渡る。ロンドンでピアノに打ち込むデイヴィ
ッドは、コンクールで難関であるラフマニノフのピアノ協奏曲第3番に挑戦し、見事に弾い
たものの、その頃から精神に異常を来たし始める。

実在のピアニスト、デイヴィッド・ヘルフゴットの人生を描いた映画。デイヴィッドの家
は音楽一家で、その中でも才能のある彼は父親にピアノの英才教育を受けていた。父親は
厳格で威圧的で(パワハラっぽい)、誰も父親に意見することはできなかった。アメリカへ
の留学を薦められても、デイヴィッドを自分の手元に置いておきたい父親は留学の話を断
り、デイヴィッドはひどく落胆する。しかし数年後イギリスの王立音楽院に奨学生として
留学する話が来ると、デイヴィッドは家出同然にロンドンへ行く。
デイヴィッドは留学する前から少し精神のバランスを崩し始めていたように見受けられる。
元々繊細な人なのだろうが、父親の威圧的な態度もその原因になっているのではないかと
思う。映画が公開された後、デイヴィッドの姉は父親は映画で描かれているような人では
ない、デイヴィッドの病気は遺伝的なもの(叔母が精神病だった)であると反論したらしい
ので、本当のところはわからないのだが。でもデイヴィッド自身が映画に対して何もコメ
ントを出していないので、父親は実際にああいう人だったのではないだろうか、と私は思
う。
デイヴィッドを演じたジェフリー・ラッシュはアカデミー主演男優賞を受賞している。統
合失調症の人を演じるのは難しいと思うのだが、とてもリアルで生々しく、本当に素晴ら
しかった。ジェフリー・ラッシュもピアノが弾けるらしいが、弾いている手のアップはデ
イヴィッド・ヘルフゴット自身とのこと。細長くてしなやかで、まさにピアニストの指だ
と思った。私は手が小さく指も短く不格好で、1オクターブがやっとである。もう骨格から
して違うんだなあ…。おもしろかった!




全般ランキング

人気ブログランキング



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カクテルといえば?

2017-05-13 17:41:25 | 映画
お題「カクテルといえば?」に参加中!
お題に参加しております。
5月12日はカクテルの日🍸だとか。いろんな日があるんですねえ。カクテルというと色
とりどりのキレイな飲み物というイメージ。私はお酒がダメなのでほとんど飲んだこと
はありませんが…昔はたまにカルーアミルクを注文することがありました。コーヒー牛
乳みたいでおいしいのですが、お酒はお酒、とてもグラス1杯は飲めませんでした。
今はノンアルコールカクテルがあるそうで。機会があったらノンアルコールなら飲みた
いな、と思っています。ピンクやオレンジ、ブルーや緑のきれいなお酒!💖

今上映中の日本映画「追憶」、あらすじを読んだらアメリカ映画「ミスティック・リバ
ー」
にそっくりなんだけど…。「追憶」は感動的な物語になっているらしいけど、どう
したって連想してしまう。何かね~…日本映画の現状を憂います(-_-;)




全般ランキング

人気ブログランキング
コメント
この記事をはてなブックマークに追加