保護犬こころの心

ボロボロのモップの様な姿で飼育放棄された こころ(推定享年18)との生活の記録として始めたブログです。

2017 子猫 ①②③

2017-05-17 | 
今年度もミルクボランティア開始です。
写真は2頭ですが、黒猫3兄妹、元気に育っています。



一番小さかった牝は3日くらいシャーシャー言ってましたが
現在は、ベタベタの甘えっ子さんに育っています。

それにしても室内で黒猫写真は難しい・・・。
何枚も撮影し、やっと可愛い写真が撮れました。


今回の子猫たちは保護時、体重300gUPと栄養状態良好だったので
苦労なく離乳へと進み、450~480g体重も順調に増えています。



昨年度、子育てに積極的だったシェリですが、今年度は少しクール。
気になって様子は見にきますが、子猫の相手を少しすると
後は見守る程度。





去年は子猫だったフィオーレの子猫への反応は?


興味がないわけではない様子。


子猫たちに慕われています。


子猫の存在が、シェリとフィオーレのストレスにはならずに良かったです。



現在4.6㎏のフィオーレ 1歳


保護当時のフィオーレ 300g

フィオーレは、親とはぐれ?ネズミ捕りシートに引っかかった
ネバネバ三兄弟でした。
順調に育った兄弟たちは2頭一緒に譲渡。
残されたフィオーレは体調不良が長く続き、そのままピンフ家に仲間入り。
その後も病院通いの多い子で痩せっぽちでしたが、ここ2ヶ月ぐらい
体調が安定したら食欲倍増、体重も約1㎏増です。(ちょっと増えすぎ)
とにかく食べない薄ぺらな子だったので、獣医師もビックリしてました。


ピンフ家を巣立っていった子猫たち、みんな元気にしているかな~。
さて、今年度は何頭の子猫を育てることになるのでしょうか。
保護され、命をつなぐことが出来た幸運な子猫たち。
その陰に、生きることが許されなかった猫がいる事も
伝えていかなければと思うピンフでした。










『猫』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 岩出山 有備館裏  | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。