シャーロットの涙

☆映画と音楽、その他、芸術鑑賞記録と残しておきたい日々の雑記☆

デイジー

2006-05-29 22:41:07 | 映画「た」行の作品
花に想いをたくして・・・「デイジー」

韓流(華流)がご無沙汰。でも、オランダが舞台と知ってとても興味が沸いてきた。
とてもありえない設定が多いのでかえって私には現実逃避するのにうってつけ。

絵描きの卵のヘヨン。個展の準備に追われたある夏の日。丸太橋から川に転落した彼女の為に新しい橋が架けられた。御礼にヘヨンはデイジーの花咲く丘の絵を残していく。
デイジーの花がそれから送り届けられ、姿見えないその人物にいつしか恋するヘヨン…

本当の送り主である暗殺者のパクウィと、彼女に自分はデイジーを届けてはいない事を愛してしまったがゆえに言い出せない刑事のジョンウ。


すれ違う切ない三角関係を描いた悲劇の物語。


オランダの美しい自然と素朴さある雰囲気が、私の持つ韓流のイメージを緩和してくれたせいか、かなり好印象だったかな。
クラシックが好きなパクウィ、いつも流れるのはチャイコフスキーの「バルカローレ…舟歌」…これ、家が船上だからでしょうかね。 

最初と最後のフレーズしか出てこないけど、中盤はドラマチックな展開ある曲。
劇中で流れる部分は哀愁感じさせる曲調。全部流せばいいのに…とちょっと不満。


絵描きのヘヨンに会うまではちょっとストーカーなところはいかがなものかと思ったけど、まあ誰でも人を好きになったら同じ事を共有したくなるものだろうから…

皮肉にも暗殺者と刑事。裏表のような存在だけど彼らの間には奇妙な空気が生れる。同じ人を愛してしまった皮肉な運命を特にのろうわけでもなく、互いにゆずり合う様な…

守りたい気持ちって男の本能なのかな。
優しすぎるのも個人的には罪だろうと思ったりもするけど。
すれ違う悲劇を表現させたら韓流は絶品ですか

歴史的建造物を前にして繰り広げられる銃撃戦のアクションシーンも、かなり大掛かり?!。オランダといえばチューリップだったが(黒いチューリップも出てくる)、デイジーの可憐なイメージの方がチョン・ジヒョンには合う。
後半無愛想で、笑顔より泣いた顔が私には魅力的に見える。

感情を出せないというか、隠すような表現っていうのが韓国人は秀逸なんでしょうか。

私には韓流(華流?それとも洋画になるの?)の雰囲気はどうしてもぬぐえなかったけど(初心者で)、素直に泣いた
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (30)   トラックバック (46)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 嫌われ松子の一生 | トップ | 次の記事へ »

30 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
まぁ! (ミチ)
2006-05-29 23:46:46
こんばんは♪

charlotteさんが韓流をご覧になるなんて珍しい!

でもなかなかよかったでしょう?

いつもは韓国映画に手厳しい私ですが、これは大満足だったんですよ~。

ホラ、病気が出てこないでしょ?

(ちょっと声出なくなったけどさ、あれは読唇術への伏線>>>笑)

そしてヘンなお笑いリリーフがいないのが韓国映画との違いだと思うわ。

銃撃戦なんてモロ香港映画風でしたしね~。

アムステルダムに韓国人があんなに(4人?)いてビックリ???
笑って欲しい (たましょく)
2006-05-29 23:47:00
 TBありがとうございますm(_ _)m



 こんなにも沈んだ表情のチョン・ジヒョン

を見続けたのは「4人の食卓」以来でしたが

あの作品とは比べモノにならないぐらいに、

ドラマチックでした。



 パクウィの序盤の行動は、全体的に怪しい

ですよね。一目惚れで橋まで架けちゃうなん

てね~。



 たましょく的には、チョン・ジヒョンの新

たな魅力が引き出されていたよーに感じます。
高校生 (RIN)
2006-05-29 23:55:48
最後にジヒョンちゃんが絵をもって声にならない

声を上げるところはよかったですね!

ラストの銃撃戦は、「香港役者ならもっと上手く

演じるだろうに!」

と、かなり残念でした。マリア像が落ちてくるあたり

アンドリュー・ラウっぽいんですけどね!

序盤のウソンはかなりアヤシイですよっ!

爆笑しちゃう高校生の気持ちがわかってしまいます

ブオトコだったら、通報されますよ
泣けませんでした。 (kossy)
2006-05-29 23:57:31
会場から聞こえてくる鼻をすする音。

かなりの確率で泣けます。

で、俺は少数派・・・泣けなかったのが悔しいので、泣いてしまいそう・・・
ほぅ~っっ (きらら)
2006-05-30 00:15:19
こんばんは☆

コメント&TBアリガトウございます



charlotteさんも泣いてしまったのですね。

私も。。。

(↑kossyさん、可愛らしいですね☆)



映像もよし、役者さんも良し☆でホントウに良い映画でした~

突っ込みどころもありますが、満足。満足。

(一生のうちに2回も撃たれる一般人って。。。相当悲惨ですよね)



 (charlotte)
2006-05-30 01:02:41
ミチさん

久々の韓流でした。

アクションシーン、もうちょっと緊張感欲しかったけどあんなもんなのですかね??

そうですか、病気ネタがないからミチさんはGOODなんですね!うう~、最初から泣かせてやるぞ~みたいな雰囲気は特に感じられなかったですけど、やっぱり泣きましたとさ。笑





たましょくさん



>パクウィの序盤の行動は、全体的に怪しいですよね。一目惚れで橋まで架けちゃうなんてね~。

=ホント、ホント!

でも、どっか皆ああいう事やってないですかね?

実際にはこれがストーカーチックな事だと気がつかない人って結構いると思いますよ。笑





RINさん

そうか、やはりストーカーと香港映画的なスピード感なかったから爆笑されちゃったのかしら~

とにかくうるさかったの

睨みました!だってラスト打たれて死んじゃうところでも笑ってるんですよっ!ギャルの気持ちはわからんオバちゃんなのかなって悲しくて泣きますよ…トボトボ

でもちょっとアクションシーンはしょぼかったなとも思ったりしたのですが。





kossyさん

結構、辛目の評価でしたかね??

悔し泣きですか…それなら、私の隣のギャルたちが泣けるシーンで爆笑していた事に、悔しくて泣いた私も同じですっ!!

ああ~悔しい。





きららさん

私、本当に韓流だったらもっと突っ込んでみたかもしれませんが、オランダロケだったので全部夢に逃避している気分で見れました!笑

そうそう、銃弾に撃たれる確立も少ないのに、2回もなんて…悲惨

ヾ(@⌒ー⌒@)ノおはよう (とんちゃん)
2006-05-30 05:41:11
早起きしちゃいました^^(で、PCの前にいる私って・・・汗)



私も韓国映画は あまり観ないのですが、この映画は ハリウッドばり?で(単に ロケがオランダだから・・^^)良かったですy(^ー^)yピース!



韓流映画って 「純愛」モードが多いのかもしれないですね~~♪

香港ノワールとのコラボ、中々良かったです
年齢を重ねるごとに・・・ ()
2006-05-30 11:48:05
こんにちは!

TB&コメント、ありがとうございました(^^)

女性もそうですが、男性のほうが恋をした時って臆病になるものなのでしょうね。年齢を重ねた分だけ・・・。秘密というか、背負ってるものがあったらよけい・・・。そこらへんが、パクウィやジョンウを見てると切なかったです(涙)

パクウィのアパートの部屋の雰囲気(ボートのほうも)が、優しく淋しげで・・・好きでした。
韓流~ (charlotte)
2006-05-30 12:42:12
とんちゃん、随分早起きさんですね。朝早くからありがとう~!

映画的にはハリウッド路線とはちょっと外れると思いますよ~。

どちらかというと悲劇的であっさりした余韻のなさはヨーロッパ系の作品みたいです。

ハリウッドなら、絶対最後は死にませんし。生き返るかもね。爆



空さん

そうねえ、臆病になりますよね。

身を引く愛か…ちょっと美しすぎる描写が多かった気もします。でもそこが韓流の話のもっていき方なのかなあ。

インテリアはさすがに優しい雰囲気でした。
こんにちは! (april_foop)
2006-05-30 13:21:18
こんにちは!

いつもTB掛け逃げばかりですみません。。

反省の意を込めつつ参上しました。



悲劇だけどこの上なく美談。

charlotteさんの言うとおり、夢物語としてはキレイで良かったですね。



てことで、今後ともよろしくお願いしまっす。
こんにちわ (かのん)
2006-05-30 14:36:17
TB、コメントありがとうございました。

韓流といえば出演者の人気頼みが全てというイメージが定着しつつあるんですが、この「デイジー」は、監督、脚本、出演者、楽曲などそれぞれの分野で質の高さが揃ったきちんと作品で魅せることの出来る韓国映画だったと思いました。これをきっかけに韓国映画界が新しい方向に目を向けてくれればいいなって思います。
韓国 (charlotte)
2006-05-30 16:50:50
april_foopさん

いつもありがとうございます!

コメントもうれしいです♪

なんかね、上辺だけ見るとかなり綺麗で美談なんですが、根底には韓流って「見せない」感情を描くのがうまいなって思うんです。

勿論、共感できるかどうかは個人の人生の軌跡によって変わるでしょうけど。

ってことで、またきてくださいませ~♪



かのんさん

コメントまでありがとうございます。初心者、感激!笑

なるほど、キャスト先行型の国なんですか…

う~ん、そうですねえ。

例えばスタッフはは同じまま、他の俳優さんになったら…と妄想も出来ますけど、それでも同じような感動はさせる事が出来たでしょうね。

邦画でリメイクしたら…誰が合うでしょうかねえ~??
こんにちは! (猫姫少佐現品限り)
2006-05-31 16:31:07
早朝TBだけして、出勤してしまいました、、、

いつもありがとうございます!

なんか日本人っぽい奥ゆかしさ?ですよね。

そりゃぁ、奪って貰わないとね。

でも最後、インファナルしたところで、勝手に解釈!

納得できました。

またよろしくお願いしますね。
奥ゆかしさ (charlotte)
2006-05-31 16:51:23
猫姫少佐現品限りさん

こちらこそありがとうございます♪

う~ん、恋愛に奥ゆかしさは要りませんよね~笑

やっぱり貪欲に奪い奪われ、どろどろ~って

そっかぁ、そういう解釈の仕方もありですよね!

DVDでたらもう一度見てみようかなと思います
Unknown (aq99)
2006-05-31 23:06:18
私は、香港流の三角関係より韓国流の方が肌に合います。

チョウ・ユンファの頃のは好きだったんですけど。



この映画を見て以来デイジーが咲いてるのを気にかけるようになったのですが、アスファルトの隙間からも咲いていました~。

わりと生命力のある花なんですね~。

枯れたらあかんやろ!
こんばんわ! (睦月)
2006-05-31 23:36:36
TB&コメントありがとうございました!



私もあんまり韓流・・・好きくない。

だから頭の中の消しゴムも観てないのですが・・・チョン・ウソンってこんなに素敵な俳優さんだったんですねえ!!

しかも、この作品は予告を観たときから他の韓国映画とは一味違う!!って思ってました。



オランダロケ効果絶大ですなあ!!



キャストも異国の地に浮くことなく、

とっても素敵でした!!
初心者 (charlotte)
2006-05-31 23:44:19
aq99さん

こんばんは~。

韓流も華流もこだわるとキリがなくなりそうですよ…

初心者的には、結構なドンパチも楽しめました。

それにしても、愛は枯れないわ・・・
およ、睦月さんも! (charlotte)
2006-05-31 23:50:05
そうっかぁ~、睦月さんもあまり韓流見ないのね・・・

私も消しゴムは見てないですよ。

どうも病気で泣きをとるのは反則に思えてしまう。

その点、この作品はそういう泣き、ではなかったところが良かったです。

どこかありえない過程を描いているから、それはそれで面白かったですわ。

こんにちは! (あさこ)
2006-06-01 14:52:27
charlotteさん、こんにちは。

私もあんまり韓流見ないのですが

「デイジー」はなかなかよかったです。

でももっとドンパチが見たかったなぁと思ってます。
Unknown (kazahana)
2006-06-01 16:05:49
先ほどはコメント&TB返しありがとうございます♪

「オランダロケ」&「監督」良かったですね。韓国映画という感じがしませんでした。



こちらのブログはスパム防止の為一旦「下書き」状態になり、すぐ表示されないようになっています。分かりづらくてすみません(~_~;)

今後ともよろしくお願いします。
デイジー (charlotte)
2006-06-01 17:47:08
あさこさん

そうなんですか~?やはり「見ない派」ですか…

ドンパチがイマイチ…とおっしゃる方が結構多いのね。私はこれでも満足でしたが。

とってつけたような必要性の無いものが、本当に無かったのがいつもの韓流とは違ったのかしら~??





kazahanaさん

こちらこそコメントまでありがとうございます♪

最近はスパム対策が凄いですわ~

それだけそういう迷惑なTBやコメントが多いってことなんでしょうね。

今度からは気にせずTB&コメントをつけさせていただきますね。こちらこそどうぞよろしくお願いします。

こんばんはー (更紗♪)
2006-06-08 20:31:39
韓国映画の真髄を純愛と思い込んでいる方多いですよね。

だから私も韓流は好きではないです。

ドラマはいいんだけど、映画に関しては、本当によいものが上映されなくなってきたので・・・

なんで「デイジー」もパスろうかと思っていたんですけど、アンドリュー・ラウ監督と知って俄然見る気に・・・

韓国純愛と香港ノワールの融合、ちょうどいい配分でした。
初めまして!! (かっぱ)
2006-06-08 23:07:00
コメントありがとうございます。



「私の頭の中の消しゴム」以来、久々に、号泣しました



韓国映画で、久々に良かった。



早々に、次のチョン・ウソンの作品が観たい。私です。



韓流 (charlotte)
2006-06-08 23:56:01
更紗♪さん

韓流って純愛と思ってました…汗

でも、私の知る限りの作品ではそんなこともないのだけど。どちらかというと、韓国人は見えないものを見せずに描くのが上手いというか好きというか。

どこか、邦画を含めアジアっていう設定は私には夢が見れないので、オランダで良かったですよ。

これ、ロケが日本だったら、デイジーじゃなくて「ツバキ~」とか「サクラ~」とかになるのかな。殴





かっぱさん

こんばんは。

私は消しゴムは見てませんのよ~。

泣かされるのが嫌で。

今回のは結局は泣いちゃったのですが、優しさがかなり痛くて切なくて。音楽が良かったので無条件に○です。笑
またお邪魔します ^^ (tamayuraxx)
2006-06-24 16:42:59
charlotteさん、こんにちは。

先ほどはわたしのブログにも来てくださってどうもありがとうございました。

またまたお邪魔させていただいてます。

この「デイジー」は、韓国映画を普段あまり見ない方々から好評のようですね。

わたしはちょっと不完全燃焼気味だったのですが。

オランダの景色はとても綺麗で、製作側のこだわりが感じられました。
tamayuraxxさん (charlotte)
2006-06-24 20:05:01
こんにちは!

そうか、韓国映画をあまり観ない人の方がウケがいいんだ・・・

やはり、色々目の肥えた方には不満もチラホラ。

オランダがそういう細かい所をもみ消しちゃった感じ?でしょうか??

どうしても人物設定があまりあり得ない状況下に置かれた人たちですし、感情移入は難しいでしょうね。
私も初韓流映画館鑑賞でした! (tomozo)
2006-06-27 21:27:49
アナザーバージョンも見られたのですね~。



私も韓流を映画館で観るのは初めてでした。ラウ監督の作品と言うことで観に行ったのですが、よくいわれる韓流独特のクサさみたいなものは、全く感じなくて、やっぱりラウ監督の持ち味が出てたと思います。



こういう俳優や監督、撮影場所の国籍がバラバラなのも、私は結構好きです。なんせ「頭文字D」も許せましたから♪こういうのが増えてくるとおもしろいですね。
ボーダーレス (charlotte)
2006-06-27 22:53:22
tomozoさん

こんばんは。

韓流って聞くだけで、なんか偏見めいたものがあったのですが、この頃そういう上っ面の判断でものを決め付けちゃいかん!と悟ったわけでして・・・

とにかく見てみないことには、酷評も言えませんからね。アナザーバージョンも頑張って見てみましたよ。



オランダロケが全て私にはいい方向に導いてくれた気がします。

どこの誰が作ってもいいものはいい!

ボーダーレスに物事を見つめたいです。

また遊びに来てくださいませ~♪
感涙 (プーさん)
2007-02-01 00:30:49
思い切り泣いちゃいました。ラスト・シーンで絵が捜してた人である事が分かる所は、デボラ・カーとケイリー・グラントの「めぐりあい」を思い出しました。
プーさん (シャーロット)
2007-02-01 21:48:07
こちらにもコメントをありがとうございます。
両方のバージョンをご覧になったということでしょうか??私も結構号泣したかな。
また遊びにいらしてくださいね♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

46 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
デイジー/チョン・ウソン、チョン・ジヒョン、イ・ソンジェ (カノンな日々)
韓国映画だけど監督はあのアンドリュー・ラウ、音楽担当はは日本人の梅林茂さんも参加されてるということで、これまでの韓国映画とは一味違うものが観れるんじゃないかと期待してました。脚本がクァク・ジェヨンというところがある意味勝負かもしれない(笑)。 + ...
映画「デイジー」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「デイジー」 『インファナル・アフェア』シリーズのアンドリュー・ラウ監督が、全編オランダ・ロケで臨んだラブストーリー。 アムステルダムで暮らす画家ヘヨン(チョン・ジヒョン)と、インターポールの刑事ジョンウ(イ・ソンジェ)と腕利きのスナ ...
DAISY/デイジー (何を書くんだろー)
「DAISY」 評価 ★★★★★ (4.7) 『あらすじ』  異国の地オランダで祖父の経営する骨董店の手伝いをしながら画家を目指すヘヨン。午後4時 15分になると店の前に届けられるデイジーの植木鉢。それは、彼女にとって、ある忘れられな ...
初日挨拶「デイジーDAISY」 (凛大姐&小姐的極楽日記!)
この映画、台湾滞在中に公開だったのですが、 マイ・ファミリーがお世話になってる先生の新作ですしね! ファミリー日本代表としては、日本公開初日にきちんと足を運ぶ のが礼儀{/kirakira/}です。 ということで、ちゃんと公開初日に挨拶に行ってまいりました。 ...
デイジー (ネタバレ映画館)
 「パクウィを探せ」ゲームのようなオープニングだったけど、ラストには「ジョンウを探せ」ゲームもあったのだと気づきました。
映画~デイジー (きららのきらきら生活)
 「デイジー」公式サイト オランダで骨董店を営む祖父と暮らす画家の卵ヘヨン(チョン・ジヒョン)のもとに頻繁に届けられるデイジーの花。それは夏に訪れた郊外での忘れ難くも美しい夏の日の記憶を甦らせるものだった。名前も姿も知らない送り主こそ運命の恋人 ...
デイジー■スナイパーはデイジーの歌を歌うのか (映画と出会う・世界が変わる)
デイジーといえば、「2001年宇宙の旅」である。HALが消え行く命の中で、歌うのがデイジーの歌である。そして、HALがボーマン飛行士を殺すきっかけとなったのが、読唇術であった。この映画「デイジー」でも読唇術が重要な役割を果たす。ドラマのきっかけ ...
デイジー (~映画とはずがたり~)
異国の地でめぐりあった 男女の数奇な愛の軌跡をみつめた物語。 STORY:オランダ・アムステルダム。 画家を目指すへヨンは、名前も顔もわからないが、 どこかで自分を見守りながら、 デイジーの花を贈り続けてくれる男性を “運命の人”だと信じていた。 ...
DAISY デイジー (とんとん亭)
「DAISY・デイジー」 2006年 韓/中 ★★★★☆ オランダを舞台に、3人の男女の愛が絡み合い、もつれあう。 DASIY・・・・君は デイジーの花のように可憐で純真だった・・・・。 祖父の骨董屋を手伝いながら、絵を学ぶ画家の卵ヘヨン(チョン ...
感想/DAISY デイジー(試写) (APRIL FOOLS )
今までの韓流より随分スタイリッシュな作品と言ってよさそう、5月27日公開『デイジー』。\"わたけし\"のチョン・ウソンと、『猟奇的な彼女』&\"ボクカノ\"のチョン・ジヒョンというコンビに、アンドリュー・ラウ監督で全編アムステルダムロケ。なんだかえ ...
【デイジー】 (空の「一期一会」)
★「古惑仔」「インファナル・アフェア」シリーズのアンドリュー・ラウ監督、最新作
「デイジー」 DAISY (俺の明日はどっちだ)
期待感たっぷりのよく出来た予告編と韓国映画ながら監督がご存知香港ノワールの傑作『インファナル・アフェア』三部作のアンドリュー・ラウということで、仕上がりの良さを期待していたのがこの「デイジー」。 自分を見守ってくれている幻の恋人がいつかその姿を ...
デイジー DAISY (UkiUkiれいんぼーデイ)
たぁ~っ、こりゃまいった! すんごく良かった~[:拍手:] 想像してた以上に良かったです[:グッド:] 脚本も良し、構成も良し、ロケ地も良し、俳優がこれまた良~し、の何拍子も揃った秀作でした。 ストーリーには、あまり触れないほうがいいと思い ...
デイジー(映画館) (ひるめし。)
愛は、枯れない。 CAST:チョン・ウソン/チョン・ジヒョン/イ・ソンジェ/チョン・ホジン 他 ■韓国産 125分 韓国映画を映画館で観るのは「オールドボーイ」以来だわ。とっても久しぶり。 韓国映画なので年齢層はちょいと高め。おじちゃん、おばちゃんばっか ...
デイジー (映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ)
●『デイジー』2006年5月27日公開。『インファナル・アフェア』シリーズのアンドリュー・ラウ監督が香港、韓国映画スタッフ&キャスト陣で製作した最新作。脚本が『猟奇的な彼女』のクァク・ジェヨン。いつもの事だからあっ!と驚くどんでん返しが ...
「デイジー」 (てんびんthe LIFE)
「デイジー」よみうりホールで鑑賞 チョン・ジヒョン×チョン・ウソン×アンドリュー・ラウ。この3人のコラボレーションの妙。思っていたようなこてこての韓国恋愛映画とは一味違ったつくりになっていました。そこは、アンドリュー・ラウ監督の作る男の世界に一 ...
DAISY(試写会) (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  待つ愛・芽生える愛・秘める愛  
デイジー 06年113本目 (猫姫じゃ)
デイジー ちょっと順番違うんだケド、緊急UP! アンドリュー・ラウ 監督 って、、え?香港映画??チョン・ジヒョン 、チョン・ウソン 、イ・ソンジェ このリンク先、yahooのチョン・ウソン って、ジャンボ尾崎みたいなんだケド、この映画では、時折中村 ...
デイジー (Alice in Wonderland)
お気に入りの監督に大好きな役者が出ていて面白くないはずのこの映画・・・ 期待通りに楽しむことが出来ました。映像が美しく三人のそれぞれの切ない表情が心から離れなかったです。こんなに切ない映画は久しぶりに観ました。もちろんいっぱい泣いてしまいました ...
「DAISY/デイジー」 (塩ひとつまみ)
チョン・ウソンとチョン・ジヒョン。どちらも好きな役者さんです。 舞台はオランダ・アムステルダム。うーん、風景も役者さんも美しい… 以下、かるーくネタバレです。
「デイジー」 アムステルダム無情 (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
日本のマンガを読んで育ったに違いないと思わせる脚本家あがりのラブコメ野郎クァク・ジェヨンと、正統派かつスタイリイッシュな香港アクションを得意とする撮影監督あがりのアンドリュー・ラウ。 少女マンガのような三角関係に、ジョン・ウー、リンゴ・ラムでおな ...
★「デイジー」 (ひらりん的映画ブログ)
ひらりんのフェイバリット女優さんのひとり・・・チョン・ジヒョン主演。 今回の「彼女」は、しっとりしてる・・・って噂だけど・・・。 共演は、チョン・ウソン。
映画vol.60『デイジー』※試写会 (Cold in Summer)
『デイジー』(2006年公開)*試写会 監督:アンドリュー・ラウ 出演:チョン・ジヒョン チョン・ウソン 公式HP 『デイジー』を試写会で観ました。 『インファナル・アフェア』のアンドリュー・ラウ監督作品なので、期待してみ ...
デイジー (とっさの絵日記)
韓国映画はスルーすることが多い私ですが、これを見に行ったのは監督が「インファナ
【劇場映画】 デイジー (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ オランダで骨董店を営む祖父と暮らす画家の卵ヘヨンのもとに頻繁に届けられるデイジーの花。それは夏に訪れた郊外での忘れ難くも美しい夏の日の記憶を甦らせるものだった。名前も姿も知らない送り主こそ運命の恋人だと信じるヘヨンは、肖像画の客 ...
デイジー (週末に!この映画!)
期待値:86%  女1、男2の恋愛韓国映画。 オランダが舞台なので、美しい田園風景も見られるようです
デイジー (SSKS*)
日本 オフィシャルサイト 韓国 オフィシャルサイト 2006 韓国 監督:アンドリュー・ラウ 出演:チョン・ウソン/チョン・ジヒョン/イ・ソンジェ ストーリー:オランダで骨董店を営む祖父と暮らす画家の卵ヘヨン(チョン・ジヒョン)のもとに頻繁に届けられ ...
映画「デイジー」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:Daisy 25歳にして、純粋培養無垢でうぶな、恋に恋する女性の、勘違いに始まる悲劇のラブストーリー、無償の愛にハッピーエンドは訪れるのか・・。 なぜかあまり意味があるとは思えないオランダ、そこでおじいさんの骨董店を手伝いながら、広場で ...
デイジー (It's a Wonderful Life)
「インファナル・アフェア」「頭文字D」のアンドリュー・ラウが監督、 「猟奇的な彼女」「僕の彼女を紹介します」のクァク・ジェヨンが脚本。 メインは韓国のキャストなんで、韓国にラウ監督が呼ばれた形なんでしょうか。 香港映画ファンとしてはアンドリ ...
『デイジー』 (京の昼寝~♪)
愛は、枯れない。花に想いを託して。 命がけで愛を貫く ■監督 アンドリュー・ラウ■脚本 クァク・ジョエン ■キャスト チョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェ□オフィシャルサイト  『デイジー』 オランダで骨董店を営む祖父と暮らす画家の卵 ...
デイジー (めざせイイ女!)
韓国映画舞台は オランダ 街角で似顔絵を描く女性ヘヨンが二人の男性に愛されるラブストーリーなのに ハッピーエンドで終わらない。おしゃれなイメージでの始まりなのに
「デイジー」■これがその真実・・・・ (映画と出会う・世界が変わる)
映画「デイジー」で語られる物語は、ある人物の空想ではないだろうか。ある人物とは暗殺者・パクウィと刑事・ジョンウの二人。物語の発端はラストの雨宿りのシーン。実は、二人はお互いのことを「もしや」と感じていた。しかし、決定的な証拠がなくお互いに相手に ...
DAISY (夢見る小悪魔)
愛は、枯れない。公式サイトデイジー◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆何気ないこのシーンにも隠された秘密が・・・祖父の骨董店を手伝いながら画家を目指すヘヨン。麻薬ルートを捜査中のインターポール捜査官・ジョン ...
恋愛は、縁と運とタイミング。『デイジー』 (水曜日のシネマ日記)
オランダを舞台に、数奇な運命を辿る男女3人の物語です。
DAISY~デイジー~(ネタバレ注意) ★★★★★ (頑張る!独身女!!)
ひと晩中。考えるのはただひとつ、オレにとってそれは、何よりの時間さ。この想いが、まっすぐお前に届いてくれたら。なんて最高、なんて最高。好きな女がいるって事は、生きてるって感じよ。だけどなにもしないでいるのは、しんでるって気分さ。お前がオレを愛し ...
「デイジー」 (雑板屋)
‘ゴッホのひまわり わたしのデイジー’ オランダ・アムステルダムを舞台に画家の卵とインターポールの刑事と暗殺者の3人の男女の恋愛模様とそれぞれの生き様を描く。 コレはたまらんかった。久しぶりにどっぷりその世界観に浸れた。 劇場鑑賞のきっかけは ...
デイジー (cinema village)
コメント無きTBは削除させて頂きます。 デイジー PHOTO BOOK 監督/アンドリュー・ラウ 出演/チョン・ウソン チョン・ジヒョン イ・ソンジェ あらすじ/運命の人を待ち続ける画家の卵ヘヨン。彼女に匿名でデイジーの花を贈る殺し屋のパクウィ。ヘヨンの純粋さ ...
デイジー (映画評論家人生)
千日前セントラル 韓流ブームというが、おかしな言葉だと思う。韓流がブームだという。韓が流でブームなのかもしれない。意味がよくわからなくなってきた。韓国映画がやってきて、もう何年になるだろうか。長い。
[映画]デイジー 【ネタばれ】 (Four Seasons)
ようやく「デイジー」を見に行くことができました。 出演:チョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェ 他 監督:アンドリュー・ラウ (2006年 韓国)---Story--- 所はオランダ。ヘヨン(チョン・ジヒョン)は、祖父の骨董品店を 手伝いながら、街角で ...
DAISY ~デイジー~ (tomozoのうれし★たのし★大好き)
韓流は手出ししないといっておきながら(いえ、嫌いじゃないんですよ。自分なりのジャ
目線が変わると物語の印象も変わる。『デイジー・アナザー・バージョン』 (水曜日のシネマ日記)
先に日本で公開された韓国映画、『デイジー』と同じストーリーをチョン・ウソン演じる暗殺者の目線から描いた作品です。
「デイジー」感想&レポート完全版(チョン・ジヒョンさん、チョン・ウソンさん主演の韓国映画、アンドリュー・ラウ監督)ネタばれ全開 (韓国映画&韓流スターサランヘ)
そろそろ映画「デイジー」を観終わった方が増えてきたと思いますので、ネタばれ全開モードの感想を書きたいと思います。(^_-)-☆ 人気blogランキングへ
デイジー (オイラの妄想感想日記)
韓流映画の香港風味。 アンドリュー・ラウの演出が冴える。 妄想感想いきます!
デイジー[テイジ] (よむよむ★ハングル)
オランダ・ロケの映像も美しく、それぞれの思いを交錯させる3人の甘く切なく、突き刺すような痛みすら感じさせる演出と演技は、スタイリッシュでなかなか良かったけど、僕が観たのが、何と香港版のDVDだったので、字幕は英語か中国語(広東語)というシロモノ ...
デイジー (映画鑑賞★日記・・・)
『DAISY』公開:2006/05/27監督:アンドリュー・ラウ出演:チョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェ、チョン・ホジン、デヴィッド・チャン軽くストーカー入ってる、、、 ←ストーカー予防にポチッと・・・そりゃ無理だろ☆
デイジー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『愛は、枯れない。』  コチラの「デイジー」は、花に想いを託した悲しき暗殺者と、画家を目指すロマンティックな女性、そして暗殺者を追うインターポールの命がけの愛を描いた”超・韓流ラブストーリー”です。全編オランダ・ロケっちゅ~ことで、とても雰囲気のあ...