シャーロットの涙

☆映画と音楽、その他、芸術鑑賞記録と残しておきたい日々の雑記☆

ステップ・アップ

2007-03-23 17:52:17 | 映画「さ」行の作品
クラシックとヒップホップの見事なクロスオーバーが贈る青春ダンスムービー

多分いつもなら公開初日に見るはずの私好みの作品。
もうオープニングからダイレクトにダンスの魅力が伝わってくる。
それも、クラシックバレエとストリートダンスを対比させて、またクラシック音楽とヒップホップをクロスオーバーさせてなんて・・・。
古めかしく言えば温故知新?!笑

ダンスシーンのノリの良さはもちろんの事、音楽もアナログとデジタルを上手く重ねてとてもスタイリッシュ!
私って結構クラシック一辺倒に興味があるわけでもなく、色んな前衛的なものに結構トライしてるし大好き。ダンス好きには見逃せない。
例によりストーリー性は重視しない私の感想ですが。

中でもクラブシーンと最後の舞台シーンがより印象的。躍動感あるステップが音楽で言うとユニゾン(斉唱)からカノン(輪唱)に変化していくそのコンビネーションも抜群。振り付けもなんとなくありがちでも、こうして仕上げるとかなりカッコよく感じてしまう。
また、音楽もオーケストラを使いながらも、デジタルサウンドが徐々にボルテージを上げてくれる。

個人的に一番のお気に入りにシーンは、建物の屋上で夕陽をバックに踊るところ。
夕暮れ時の、海の青さと空の青さが太陽の光りで微妙に橙色にグラデーションしているあのショットは特に素敵。
チャニング・テイタムがどことなく内省的なところも私にはツボ。
本当は真面目で踊るのが大好きな青年なのに、傷つきやすくどこか自分の中で壁を作ってしまい本音をさらけ出さない役どころを上手く演じていたと思う。
バレエ教室で女の子に睨まれたり…の、やり取り部分はとても微笑ましいの。

また体も鍛えられたダンサーはそれだけで精神も鍛えているはずで、その心身一体にストイックなパフォーマンスはどうしたって心を揺るがすパワーを放っていく。
劇中ではさほど練習風景の厳しさは感じられないのが残念で。なんとなく踊る楽しさは伝わってもより激しい練習シーンがあれば私にはこの辺が納得できたかも。

努力をし将来を見つめ夢を追い求める心には、何の犠牲もいとわない程の真っ直ぐなピュアな気持ちが誰にもあるはず。そんな芽が少しでもあるなら摘んでしまわずに育ててみたいと思えるのでは?若い世代ならきっと共感度大かしらね。私はその夢の限界を悟ってしまったので、楽しみを他に見つける事でそれを維持してるような感じですが。その他の楽しみというのが映画に他ならないのだけれども…

出来れば劇場でこの圧倒的斬新なスタイルをぜひとも堪能してほしい。
ダンス好きな私はまた「フロアプレイ」なんぞ観に行っちゃう♪「バーンザフロア」を見逃してるので期待バリバリ♪

ダンスと音楽の見事なコラボレーションに、心も踊り、またいい夢を見させていただきご満悦。久々にシネコンに行き大作系を見て満足満足~

Step Up
Original Soundtrack
Jive/Zomba

このアイテムの詳細を見る


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ジャンル : 音楽
製作年 : 2006年
製作国 : アメリカ
配給 : エイベックス・エンタテインメント

監督 : アン・フレッチャー
脚本 : デュエン・アドラー 、 メリッサ・ローゼンバーグ
出演 : チャニング・テイタム 、 ジェナ・ディーワン 、 マリオ 、
    ドリュー・シドラ 、 レイチェル・グリフィス

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

低所得地区で生まれ育ったタイラーは、ダンスの才能に恵まれているが、軽犯罪を繰り返す毎日を送っていた。
ある夜、悪友と名門メリーランド芸術学校に忍び込み、騒動を起こしたタイラーは、学校で働くよう奉仕活動を命じられる。
そんな中、タイラーは懸命に練習するバレリーナのノーラと出会う。彼女はプロがスカウトに来る発表会にすべてを賭けていた。
もしそこでチャンスを掴めなかったら、ダンスを諦めなくてはならないのだ…。(goo映画より)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フランス映画祭 特別上映イ... | トップ | 映画公開覚書 3/24~編 »

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
エンドロール (Moe)
2007-03-23 22:44:35
試写で観たんですが、エンドロールに某歌手の歌が流れて・・がっくりしてしまいました。
(今でもそうなのかしら?)

『ダーティ・ダンシング』『ダンシング・ヒーロー』、あと『セイブ・ザ・ラスト・ダンス』なども思い出しつつ鑑賞してました。
とにかく筋よりダンスです~。
夕陽のシーンの他に複雑な家庭の妹達と踊るシーンもよかったです。

★『フロア・プレイ』楽しいですよ♪
真ん中あたりの通路にダンサー達が降りてきま~す。
Moeさん (シャーロット)
2007-03-24 16:58:08
おお、すでにご覧になっていらしたのね!
フロアプレイまで・・・さすがです。
実はすごく楽しみにしてるんですよ~
舞台ものが久々なんで。

ところで、この作品のエンディング。試写と同じですよ、多分。歌はどうでもいいのでガックシって感じは私はしなかったけれど、コンテスト投票なんぞ最後に入れて欲しくなかったです。(ご存知?)どっちにしても映画の余韻がパーですねん。
それに作品中のダンシングがあまりにも素晴らしかったので投票するまでもない!なんて思う始末…
見ないでさっさと帰ればよかったのですが、一応明るくなるまでは席を立たないのが私のポリシーでして。
んー、ネット投票でいいのになあと思いました。
こんばんは♪ (ミチ)
2007-03-24 21:36:22
シャーロットさん、お元気?
そちらではフランス映画際なるものをやっているのねぇ(遠い目)
羨ましい限りです。
そのうちの何本かはこちらにも回ってくるかしら(泣)
ところでダンス映画とっても好きな私ですが、なんとなく主役2人のビジュアルが好みではなかったというか(汗)
つくづくマッチョのかたが好みではないんだな~って改めて思い知らされた次第です(滝汗)
でもね、そういう好みは差し置いて、ダンスはやっぱり見てて楽しい!
夕日をバックにしたダンスは良かったですね~。
この2人は実際にも恋人同士だそうですけど、あれだけ身体を密着させて踊っていたら、そりゃ好きにもなるわよね~~(笑)
チャニング君のタイツ姿をもっと見たかったわ(爆)
あ~う~ (ななな)
2007-03-24 22:04:55
シャーロットさ~ん。
夢の限界はまだ解っていないけどどうしても彼らに共感できなかった今回。
いつもならこういう映画に甘いはずなんですけど・・・今回周りで色々あり斜めから観まくってしまいました。
んな好き同士が簡単にくっついたら苦労しないんだよ~、もっと悩めよ~!などなど。
挙句の果てには心の底で「何で破局しないかな~」と自問する・・・。
いや~!もうちょっと前までうじうじでした(笑
これも青春か!?
それでも誰かが夢を追う姿は爽やかなんですよね♪
ダンスと青春 (かのん)
2007-03-24 22:05:47
ダンスと青春とクリームソーダみたいな絶妙なコンビネーションですよね。シュワシュワ弾けまくっちゃうの(笑)。ベタな話ではありましたけどテンポの良さに引き込まれちゃいました。ダンスコンテストは配給会社の思惑なんでしょうけど便乗しようとする発想がちょっと古いですよね。
Unknown (Moe)
2007-03-24 22:38:29
歌もですが、はっきり言うとコンテストが・・でした。avexって『蒼き狼・・』でもコンテスト優勝者を映画に出してたので・・『又か~っ』て(笑)。
商業主義が見え隠れして余韻がね~。

★『フロアプレイ』は『バーン・ザ・フロア』より
よかったですよ♪『シカゴ』より好きかも。
ミチさん (シャーロット)
2007-03-25 17:11:28
こんにちは♪
そうなんです。最近おフランスモード。笑
大丈夫。多分きっとミチさんに界隈でも上映されるでしょうから~少々お待ちくださいー。先に見ちゃってすみません…
ところで。そうですよね、ビジュアルが好みじゃないとイマイチノレないっていうのは、よーくわかりますよ。この作品の場合、チャニングが坊主っぽいのも理由のひとつじゃないですか?
私は彼のようなダンサーは見慣れているので、全然平気でしたが(笑)バレエというともっとイケメン、甘いマスクじゃないとね。チャニング、思い切り体育会系だしー。
でもタイツ姿は私は見たくないですー。目のやり場にマジ困っちゃいます。爆


う~へ~ (シャーロット)
2007-03-25 17:41:20
なななさん、こんにちはー。
そうか、なななさん世代だったら結構絶賛かと思ってましたが。色んな素晴らしい映画をたくさんごらんになってますからねえ。
はっきりいってこの作品に物語性を期待しても仕方がない?・・・かも。
ひたすらダンス楽しめーって感じ。でもその肝心なダンスシーンも拍手できるのは極わずかですが。辛口?

きっと悩めるなななさんなのね・・・
踊ってる場合じゃないよっって感じでしょうか。苦笑
青春 (シャーロット)
2007-03-25 17:47:21
かのんさん
シュワシュワですか~。笑
確かに。
ベタベタですから拭うのは楽じゃなさそう。大笑
コンテスト、あれはねえ。ホントやめてくれーです。
劇中が素晴らしいから比べられても仕方がないですよ。投票なんて皆するんだろうか??
フロアプレイ (シャーロット)
2007-03-25 18:05:09
Moeさん
私は火曜日に見に行ってきます。
ダンス作品って気に入ったらリピーターになっちゃう可能性大!笑
Moeさんが楽しまれたなら期待しても良さそうですね。
記事にしたらまた読みに来て下さいー♪
こんにちわ! (睦月)
2007-03-26 10:40:04
TB&コメントありがとうございます!

音楽はラップにR&B、そしてカッコイイダンス!
とくればもう無条件で大好きな作品となってしまう
私・・・。

この作品も例外なくとっても楽しめました。

クラブでのダンスシーン、私はこの場面が一番好き。
もちろん最後の発表会もステキだったし、夕日を
バックに2人で踊るシーンもロマンティックでした。

主演の2人ってリアルカップルなんですってね。
息がぴったりで、クラシックとストリートダンスの
コラボが見ごたえ十分でした♪
リアルカップル~ (シャーロット)
2007-03-26 22:24:40
睦月さん、こんばんは☆
このお二方はリアルにお付き合いしてるんですねー
んー、ダンスって体が密着するし、それ以上に踊る行為こそ相手と同化できるしね。
ストリートダンサーもクラシックの基礎があるとないとでは、全く魅せ方が違いますね。
やはり上手い方は、ただ激しくポーズが流れていくだけでなく、「溜め」があります。
ああーもっと若かったらなあー。今頃私も達人だったはず。大笑
ダンス (chikat)
2007-03-29 00:24:26
こんばんは
自分が踊れないと、踊れる人って尊敬してしまいます。
ダンス映画は久しぶりかも。
この前はレントかな?
私はレントだめだったのでこっちはノリノリでした。
切れのいいダンス踊れる男性素敵ですよねー。
ダンス映画 (シャーロット)
2007-03-29 21:59:42
chikatさん
そうそう、自分に無いものを人が持ってると、とても羨ましく感じます。
踊りもその人のセンスですよね~。
踊る映画は数あれど、印象的に思えるのはやはりフラッシュダンスとかあの時代の作品が多いかなあ 
レント…は、ほとんどダンスシーンはなかったような気が…エンジェルがちょこっと、くるっと回ったのは覚えてますが;
ま、どちらにせよこの作品のノリは良かったですよね!
ダンスの上手い男性には私はメロメロです。大笑
こんにちは! (アイマック)
2007-09-03 12:47:50
DVDで観ました~
とても楽しめました!
屋上の二人のダンシングは美しかったですね。
よくある話ですが、ダンスはパワフルだし
なんといってもタイラー役のチャニング・テイタム、かっこいい♪
プリズン・ブレイクのウエントワース・ミラーに続く美形坊主頭ですな。笑
すねた感じがいい。

音楽もノリノリだし、やっぱ劇場で観たかったです。

アイマックさん (シャーロット)
2007-09-04 22:37:16
こんばんは☆
そうですよ~、ダンスもの&音楽ものは是非とも劇場体感したいものです。
でもDVDでも見てくださって嬉しいでーす。
そうそう、屋上のシーンはホント美しい。
まあ内容はさておき(笑)ラストのダンスシーンはそれなりに感動しちゃいました;
チャニング・テイタム君、アイマックさんご贔屓ですか~美形坊主頭かあ~。私もちょっとツボかも。爆

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

15 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ステップ・アップ (skywave blog シネマな独り言)
青春ダンス映画、私が絶対楽しめる分野です。そして、この映画も、期待を裏切りませんでした。 ストーリーは、セオリー通りの展開です。安心してダンスと音楽にひたれます。境遇
映画「ステップ・アップ」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ステップ・アップ」 ストリートダンサーとバレリーナの恋と青春を描くダンス映画。 ボルチモアの貧しい家庭で育った高校生のタイラー(チャニング・テイタム)は、ある事件をきっかけに有名な芸術学校で奉仕活動をすることに。その学校でバレエダンサーのノ...
ステップ・アップ/チャニング・テイタム、ジェナ・ディーワン (カノンな日々)
この作品、つい最近まで全っくのノーマークでした。劇場予告編にも一度も出会ったことがありません。最近になってたまにTVスポットで見かけるようになって気になりだしたんですよ。ちょびっとしか見てませんけど、私が好きそうな青春ダンス映画っぽいじゃないですかッ。ベ...
ステップ・アップ (映画を観たよ)
青春だね!
e-joe Elite Force (e-joe ダンスdance!)
e-joe Elite Force e-joe エリートフォースってなにさ?? とおもい、検索してみた、動画など、
ステップ・アップ(試写会) (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆ リズムに乗って夢へ踏み出すその一歩 
ステップ・アップ (八ちゃんの日常空間)
ダンス映画ったって、コンテストを題材にした単に踊ってるところばかり写した中身の無いものだと…。そうしたら、普通のダンス+青春映画っていうじゃないですか…。フラッシュ・ダンスやフットルースと肩を並べられるようなものなら是非観てみたいと思いましてね。 いや...
「ステップ・アップ」 (てんびんthe LIFE)
「ステップ・アップ」東京厚生年金会館で鑑賞 韓国語にステップアップどころか2回目にしてアップアップ状態です。この先ステップアップの講座受講申し込みしちゃったのに,不安の連続。この先どうなる? という不安も吹っ飛ばすような青春映画の王道。ストーリーだっ...
ステップ・アップ (スワロが映画を見た)
原題:STEP UP 製作国:アメリカ 製作年度:2006年 上映時間:100分 監督:アン・フレッチャー 製作指揮:デヴィッド・ギャレット/ボブ・ヘイワード/ジョン・H・スターク 音楽:アーロン・ジグマン 出演:チャニング・テ
映画「ステップアップ」 (don't worry!な毎日)
 ボーイ・ミーツ・アガールで、ダンス映画なんだから、 それだけで楽しめるんだけど、 なんだか、ここのところ頭の中でぐるぐるしている希望格差社会のことを、 どこかで考えながらみてしまった。  私はいくつかの中学校の中で、希望格差の現実のようなものを、 ...
ステップアップ (ネタバレ映画館)
今年の映画はEW&Fが目立つ♪
【劇場映画】 ステップ・アップ (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 低所得地区で生まれ育ったタイラーは、ダンスの才能に恵まれているが、軽犯罪を繰り返す毎日を送っていた。ある夜、悪友と名門メリーランド芸術学校に忍び込み、騒動を起こしたタイラーは、学校で働くよう奉仕活動を命じられる。そんな中、タイラーは懸命...
ステップ・アップ (小部屋日記)
Step Up(2006/アメリカ)【8/23DVDリリース】 監督:アン・フレッチャー 出演:チャニング・テイタム/ジェナ・ディーワン/マリオ/ドリュー・シドラ/ヘヴィー・D/ダメイン・ラドクリフ この一瞬に夢をかけて 育ちも環境も違う二人の男女の恋と、青春を描く全...
ステップ・アップ (Blossom Blog)
ステップ・アップ STEP UP 監督 アン・フレッチャー 出演 チャニング・テイタム ジェナ・ディーワン アメリカ 2006    
『ステップ・アップ』'06・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじタイラーは、ダンスの才能に恵まれているが軽犯罪を繰り返す毎日を送っていた。ある夜、悪友と芸術学校に忍び込み、騒動を起こしたタイラーは、学校で働くよう奉仕活動を命じられる。そんな中、タイラーは懸命に練習するバレリーナのノーラと出会う。彼女はプロが...