シャーロットの涙

☆映画と音楽、その他、芸術鑑賞記録と残しておきたい日々の雑記☆

奇跡のシンフォニー

2008-06-23 23:18:35 | 映画「か」行の作品
August Rush・・・

思いのほか、感動してしまった。でも、ハンス・ジマーの名前がある作品の音楽は、私にはどうも過剰気味なものが多かったのでやはり期待薄だったの。でもこの作品に関してはジマーの色はさほど感じられずだった。マンク・マンシーナが手がけた音楽は私が抱いていた映画音楽よりももっとスピリチュアル的なものだったのが嬉しい。
でも邦題のイメージから抱くものは、オーケストラが重厚なスコアを用いて演奏してる音楽達が多いのかなというもので;・・・これはシンフォニーではなく、、、ラプソディーぢゃん。交響曲と狂詩曲は全然違うのだよ。シンフォニー(交響曲)は管弦楽の大曲でソナタみたいな3楽章から4楽章などで語られる曲。そしてラプソディー(狂詩曲)もっと自由で幻想的。叙事的・民族的な要素もあるというか。抱いていたイメージを覆されてそれはホント嬉しかった。まあこの物語が、父の想い、母の想い、そしてエヴァンの想いという楽章で成り立つ一つの楽曲とするなら・・・シンフォニー的かも。
ニューヨーク・フィルとズービン・メータ??が出ていたのも知らず。こういう映画にクラシックの大御所オケが登場するのもサプライズ。ラストシーンに出てくるような野外コンサートが普通に行われているのが羨ましい。

ところで、作品に登場する音楽達はクラシックな要素はほんの少し。 ケリー・ラッセル演じるライらはチェリストだから彼女のシーンはクラシックだけど、他ジョナサン・リース=マイヤーズ演じるルイスはロック・ミュージシャン。その他フレディ君が演奏するシーンは幻想即興曲みたいなもので。(しょぱんぢゃないよ;)
自然界の音が音楽的に聞こえるという類い稀な才能を持つ役どころなんだけど、彼がやたらにピュアなので奏でる音楽達にもグッと心をつかまれ、そして自分もそれに共鳴してしまえた事が嬉しかった。月と話が出来て返事をもらえたりw、なんでもない音たちが音楽になって聞こえてくる人もいるw事を思ったら、私は決してそんな事が少女時代の過去にありはしなかったけどw、でも音楽はもっと身近にあってもっと敏感に何かを感じ取っていた頃だったかもしれないと今更だけど思うのだな。

ジョナサンがまるでジョニー・キャッシュを演じたホアキン・フェニックスに見えるようなヴォーカルでとってもイカスの。声の感じも凄く好み。音楽映画は何が感動するって、本当に本人が吹替えなしでチャレンジするっていう心意気とか、本物だけが魅せる事が出来る自己表現に感動してしまえるからなんだな。エヴァン(オーガスト・ラッシュ)とセッションするシーンは特に心踊ってしまったもの。フレディ君はギターも少しは弾けるのだね。ケリー嬢もチェロの特訓をしたらしいけれど・・・まあプロオーラは全然なくても;彼女はクラシックのアーチストの雰囲気はそれなりに出ていたかな。元々はバレリーナなのよね。

脇には個性派のテレンス・ハワードとロビン・ウィリアムズが固めていたけど、彼らもどこか心に隙間があるような繊細なキャラクターだったにも関わらず、さすがの存在感を発揮していたのが印象的。お二方とも目がとても優しげなのよね。彼らのどこか遠くで見守る目線を感じて、それらの父性溢れるものが私の心をまた揺るがしてくれるのだ。父(父性)と息子ものにまた涙腺決壊;;…というより、もう最初からこの映画自体の音楽性とテーマ性に墜ちてしまって、目が腫れるほどにあちこちで涙が出っ放し;
ありとあらゆるところに実は音楽は存在するのよ。それが心の中で貯金されていつしか迸るように溢れ出てくる人もいれば、その生活に音楽を感じる事のない人もいる。人それぞれだけど、でも音楽さえあれば嫌なことがあっても感情をそこで吐き出すことができるのだよね。音楽から離れてしまっても、それを感じる心があれば、また音楽に戻っていく・・・そんなライラとルイスが印象的だった。


都合のいい展開にありえない状況があったっていいじゃない。ファンタジーだと思えばこれは最高に心揺さぶられるお話じゃないか。単純に音楽が楽しいし、自由に心のままに自己表現できる事が何より幸せなのよ。そんな躍動感がいっぱいな物語に素直にのっかっていけたことが私は嬉しいの。
8月のビーチは人が殺到してるのがとってもイヤでうんざりしちゃう(爆)から私は人があまりいないビーチに行くのだけど;でも夏はやはり海に出かけたくなるように、何かふと気がついたらそこに行ってみたくなったとか、気がついたら何かをしていたとか、そういうことって意外にあったりしないかしら…
惹かれるまま、導かれるまま、心のままに、進んでいったら音楽がそこにある人生は、、、それこそサイコーだよ♪★★★★★

August Rush
Original Soundtrack
Sony

このアイテムの詳細を見る


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
製作年 : 2007年
製作国 : アメリカ
配給 : 東宝東和

監督 : カーステン・シェリダン
出演 : フレディ・ハイモア 、 ジョナサン・リース=マイヤーズ 、 ケリー・ラッセル 、 テレンス・ハワード 、 ロビン・ウィリアムズ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
両親が必ず迎えに来ると信じながら養護施設で暮らしていた、孤児のエヴァン。鋭い音感を持つ彼は、ある日、不思議な音に導かれるようにNYのマンハッタンへと向かう。そこで“ウィザード”と名乗る男にギターを習い、ストリートミュージシャンとして音楽の才能を開花させていく。一方結ばれぬまま別離したエヴァンの母ライラと父ルイスも、それぞれの想いを胸にマンハッタンを目指し……。
(goo映画)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (23)   トラックバック (34)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公開映画覚書 6/21~編 | トップ | 幻影師 アイゼンハイム »

23 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ジョナサン! (tomozo)
2008-06-24 17:00:12
シャーロットさん、私シャーロットさんのレビュー見て、これ見にいくことにしました!

私もてっきりお涙頂戴もの(苦手^^;)だと思っていたのですが、ジョナサンがロック・ミュージシャン?
それなら絶対見にいきます!(笑)

ありがとうございます!
Unknown (くまんちゅう)
2008-06-24 22:01:54
4分~、程のインパクトは無かったけど、
心温まる音楽的ファンタジーって感じで中々良かったです。
ありえない展開、美味すぎる成功もそれまでの苦労が報われたなら、と納得でした。
親子でのギターセッションと最後のコンサートが良かったです。
tomozoさん (シャーロット)
2008-06-24 22:18:33
こんばんはー。
あらら、読んでいただけて嬉しいですが、私んちは結構ネタバレしてますから;ご了承くださいませ。笑
で、tomozoさんはジョナサンはお気に入りなの??それならもう大画面で萌えますよ。爆
いやー、本作のジョナサンには惚れましたですよ。って私はいつも惚れっぽいのですけど、あんな目で見つめられたらマジ恋に墜ちます。笑
歌も上手かったです。
まあ、泣くとわかっていて見に行った私ですが、やっぱり泣かされて、悔しい!と思うより(笑)泣くのが気持ちよかったわーわはは
くまんちゅうさん (シャーロット)
2008-06-24 22:29:08
4分間のピアニストも大感動したけれど、今回も既存の音楽を使わない自己表現の素晴らしさにもっと共鳴しました。
インパクトはさほど私には重要ではなくて、静かでも想いの強さがそこに感じ取れればよりグッドかな。
きっと脚本の良し悪しを世間の皆さんは気にするんだろうとは思ってますが;私はいつも話しよりも感性にびびびっとくる作品が好きなの
で、展開など極端な話二の次です;

この映画、何気に母性よりも父性を感じ、ライラのお父さんやロビンが演じたウィザードの支配欲もどこかわかるがゆえに、2人が子離れをするシーンは切なかったです、だからこそ、エヴァンとルイスが融合して生み出された音楽がいっそう心に響きました。
Unknown (たいむ)
2008-06-25 17:49:57
シャーロットさん、こんにちは。
先日は大変お世話になりました!またの機会を楽しみにしています!!

>オーケストラが重厚なスコアを用いて演奏してる音楽達が多いのかな
私もてっきりそんなものかと思っていましたよ。でも、無理やり「交響曲」を当てはめるなら、シャーロットさんのご意見に近いものを私も抱いておりましたw

私も苦手なお涙頂戴ではなかったけれど、私にはもう一歩。あの親子セッションのような濃厚な音楽をもっともっと楽しみたかったです。
真似 (kossy)
2008-06-25 21:55:48
映画を観終えて家に帰ると、早速オープンチューニングを試みました!
あ、どこか違う・・・
実は難しい変則チューニングだったようです。

この映画と「4分間」は今年のマイベストにランクインしそうです♪
たいむさん (シャーロット)
2008-06-25 22:35:23
わーい、先日はこちらこそお世話になりました♪お茶だけであれだけ盛り上がれる相手は、私にはさほどいらっしゃらないかと思いまする;笑

そうそう、ハンス・ジマーの音楽は、いつも重厚なスコアが多いんですよー;今回はテーマ曲がジマーってなってましたが、海賊かりびあーんよりは全然印象が薄い;
それに本編の音楽担当ではないと後で知ったので、自分の中ではちょっと安堵したのでした。
だって、いつも彼の音楽はうるさすぎるのだもの。今回はそんな事を思いながら鑑賞してみたら、全然いつもと違う;うーれーしー♪・・・と、なったわけです。わはは
たいむさん的には音楽があっさり気味だったようですね。確かにあのセッションシーンは良かったですもの、あれが頂点でしりつぼみ・・・な感じに受け取れてしまったら、やはりラストはイマイチに思うでしょうねえ。
私は、ラストの音楽はラプソディーだったからよかったと思う方です。あれが正統派のシンフォニーだったら・・・ほらB型な私(爆)、捻くれ者ですから、それこそ濃厚なクライマックスで大感動なラストはイヤだーとか言ってるかも;
うー。笑
最近、オチは結構気にしてないかも;
Unknown (Moe)
2008-06-25 22:55:21
シャーロットさんはてっきり、DVD鑑賞
なんだと思ってました(笑)。

>うるさすぎる
わかりますー。
これは筋が出来すぎなのを承知で結構ツボに
はまったのでしたー。
エロくないジョナサンに少々不満があった位。

この後に観た『Nim`s Island』なんかはもう・・何もかもが大仰に感じちゃって、
映画の出来同様にちょいとうざかったです
Unknown (アイマック)
2008-06-26 00:02:25
こんばんは!
音楽好きなシャーロットさん、高得点ですね。

>彼がやたらにピュアなので奏でる音楽達にもグッと心をつかまれ、そして自分もそれに共鳴してしまえた事が嬉しかった。

フレディくんのキャラにこのお話はぴったりでした。
満月とか直感を信じたり、感じる映画でもありましたね。
ジョナサン・リス=マイヤーズの歌声も◎!!
全うな役柄も似合うんだよなあ。笑
ありえない話でも、いろんな音楽が楽しめてよかったです。
kossyさん (シャーロット)
2008-06-26 16:57:33
ギター弾きはいいですねー。
私、最近映画でアコギをジャカジャカ弾いてる人とかその曲を聴くと自分も弾けたらいいなーとつくづく思いますよ;
でもギターは弦が少ないからチューニングは楽といえば楽なのかしら?ピアノは220~230本もあるからなー。苦
「4分間のピアニスト」や「onceダブリンの街角で」なんかは昨年のマイベストにランクインしちゃいました。でも今年のベストには本作がはいると思います。それとやはり音楽映画(ドキュメンタリー)の「オーケストラの向こう側」が今のところマイベスト1かな。kossyさんは多分見られない?かと思いますので、もし興味があればDVD化はされるので、レンタルでもして見てみて下さいませー。

コメントを投稿

映画「か」行の作品」カテゴリの最新記事

34 トラックバック

奇跡のシンフォニー (eclipse的な独り言)
 東京から帰ってきて観てきました・・・それも2本。(←馬鹿)さてこの映画、非常に
「奇跡のシンフォニー」 ~思いを音にのせて (cocowacoco)
映画「奇跡のシンフォニー」 August Rush 観ました        カーステン・シェリダン監督 2007年 アメリカ 待ってたましたの音楽映画♪ 風に揺れる麦畑の中で音が降ってくる冒頭からすてき。 両親が必ず迎えに来ると信じきってるエヴァン。 施設でも変わり者。...
奇跡のシンフォニー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『きっと会える。 この音の先に、愛が聞こえるから。』  コチラの「奇跡のシンフォニー」は、豪華キャストの共演で描かれる音楽を通じた”奇跡”の感動作で、6/21公開となったのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪内容はもちろん、この共演はちょっとツボかなぁ...
「奇跡のシンフォニー」みた。 (たいむのひとりごと)
原題「AUGUST RUSH」って、実は「オリバー・ツイスト」って読む?(笑)予告編以外の情報を仕入れていないので、邦題とはかけ離れた「8月の賑わい?」が何のことやらと思っていたら、人名だったとはね。
『奇跡のシンフォニー』 (きぶんしだい)
 フレディ・ハイモア主演『奇跡のシンフォニー』をTOHOシネマズなんばにて鑑賞 ●あらすじ● 生まれてからずっと孤児院で育ったエヴァン(フレディ・ハイモア)は音楽の才能を持っていた。 彼はずっと両親が迎えに来てくれると待っていた。 ある日、不思議な音を聴き...
奇跡のシンフォニー (ネタバレ映画館)
奇跡のオープンチューニング♪
奇跡のシンフォニー (小部屋日記)
August Rush(2007/アメリカ)【劇場公開】 監督:カーステン・シェリダン 出演:フレディ・ハイモア/ケリー・ラッセル/ジョナサン・リス=マイヤーズ/ロビン・ウィリアムズ/テレンス・ハワード/ウィリアム・サドラー きっと会える。 この音の先に、愛が聞こえる...
奇跡のシンフォニー (アートの片隅で)
「奇跡のシンフォニー」の試写会に行って来ました。 会場のよみうりホールは、いつも通り長蛇の列で凄い人で溢れ返っていました。 ここは開場間際になると、1階から7階まで階段で昇る事になるので、ちょっと辛いです(>▽この映画が観たくなった 参考になった つま...
『奇跡のシンフォニー』 (Sweet*Days**)
監督:カーステン・シェリダン  CAST:フレディ・ハイモア、ケリー・ラッセル、ジョナサン・リス=マイヤーズ 他 孤児院で育つ少年...
映画 『奇跡のシンフォニー』 (Death & Live)
『奇跡のシンフォニー』  2007年 原題 : AUGUST RUSH 監督 : Kirsten Sheridan 良かった。観て良かった。 相変わらず大した予備知識の無いままで鑑賞。 保護者気分でフレディー・ハイモア少年を 応援している自分としては。、 他の情報なんて不要なワケで...
「奇跡のシンフォニー」 (首都クロム)
 何だ、そこにいたの?探したんだよ。  家族が揃った瞬間、エヴァンの顔に最高の笑顔が弾け、そんな声が聞こえてきそうでした。  単に“信じる”とも言えるかも知れないけれど、それでは何だか陳腐に聞こえてしまう作品です。血を分けたとか、血が騒ぐとか、色々な...
「奇跡のシンフォニー」  August Rush (俺の明日はどっちだ)
う~ん、そのあまりに強引な展開にちょっと困ってしまったフレディ・ハイモア主演のファンタジードラマ。 ヴァン・モリソンの不朽の名作「ムーン・ダンス」が流れる中、NYのワシントン・スクウェアにあるワシントンアーチ近くのビルの屋上で将来を嘱望されていたビオラ...
奇跡のシンフォニー☆独り言 (黒猫のうたた寝)
『奇跡のシンフォニー』というタイトルだけじゃ食指動かなかったかもしれません。フレディ・ハイモア主演でも、なんとなく^^;どうしようかなそれが何かのTV番組の映画紹介で、ひっかかるものが(笑)それは、音楽・・・クライマックスは演奏会・・・あ、これってたぶん...
奇跡のシンフォニー (★YUKAの気ままな有閑日記★)
予告を見ただけで涙・涙だったので、、、泣く気満々で鑑賞―【story】孤児院で育ったエヴァン(フレディ・ハイモア)には豊かな音楽の才能が備わっていた。ある晩、エヴァンは不思議な音を追い、施設からマンハッタンへと導かれる。さまざまな出会いにより、エヴァンの音...
奇跡のシンフォニー 最高のファンらジーでした(ノ_<。) (労組書記長社労士のブログ)
 映画館で予告編を初めて見たときから、もう観たくて観たくて楽しみにしていた。 試写会には当たらなかったし、でも出来るだけ音{/onpu/}が良い劇場で観たかったから、それはそれでまあいいか。    両親が必ず迎えに来ると信じながら養護施設で暮らしていた、孤児のエ...
奇跡のシンフォニー (まぁず、なにやってんだか)
昨日、有楽町朝日ホールの「奇跡のシンフォニー」の試写会に行ってきました。 11歳のエヴァン(フレディ・ハイモア)が一度も会ったことのない両親を探す・・・こんなに広い国で手がかりもなく探せるのかしら?と心配になりますが(ツッコミたいところ)、どんな展開に...
映画「奇跡のシンフォニー」 (FREE TIME)
映画「奇跡のシンフォニー」を鑑賞して来ました。
「奇跡のシンフォニー」 世界は音楽で満ちている (はらやんの映画徒然草)
11年と16日の間、施設で暮らしている孤独な少年(フレディ・ハイモア)。 彼は世
発信し続ける無償の愛情。『奇跡のシンフォニー』 (水曜日のシネマ日記)
両親との再会を信じている孤児の少年の物語です。
★「奇跡のシンフォニー」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
ららぽーと横浜の「TOHOシネマズ」に行ったいつでの2本目。 1本目は「ミラクル7号」。 こちらは、天才子役フレディ・ハイモア君の感動作。 品がある顔なのに、何故か暗い役が多い気がするけど。
奇跡のシンフォニー♪♪AUGUST RUSH (銅版画制作の日々)
 音楽♪の力が奇跡を呼び起こす   6月27日、MOVX京都にて鑑賞。人気子役?というより、人気俳優の一人という方がいいかも。ご存知 フレディ・ハイモア君が主演です。最近はさまざまな作品で大活躍のフレディ君。今年で16歳ということですから、高校生なんで...
●奇跡のシンフォニー(August Rush) (コブタの視線  )
他愛ないお伽噺ではあるのですが、音と同化した映像が面白かったです。 類まれなる嗅覚をもった調香師からみた世界を描いた「パフューム あ...
『奇跡のシンフォニー』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「奇跡のシンフォニー」□監督 カーステン・シェリダン□脚本・原案 ニック・キャッスル □脚本 ジェームズ・V・ハート □キャスト フレディ・ハイモア、ケリー・ラッセル、ジョナサン・リース=マイヤーズ、ロビン・ウィリアムズ、テレン...
奇跡のシンフォニー (<映画情報>ホーギーの気ままに映画の旅)
本作品のキーワード : 『musicがつないだ奇跡!』  【公   開】 2008年 【時   間】 114分 【製 作 国】 アメリカ ...
【2008-154】奇跡のシンフォニー (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? まだ見ぬ両親を捜して── 少年は、旅立つ。 音楽── それは3人を結ぶ唯一の絆 きっと会える。 この音の先に、愛が聞こえるから。 11年と16日・・・施設で育った孤独な少年。 でも彼は信じていた。この世界のどこ...
【2008-154】奇跡のシンフォニー (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? まだ見ぬ両親を捜して── 少年は、旅立つ。 音楽── それは3人を結ぶ唯一の絆 きっと会える。 この音の先に、愛が聞こえるから。 11年と16日・・・施設で育った孤独な少年。 でも彼は信じていた。この世界のどこ...
『奇跡のシンフォニー』 (『映画な日々』 cinema-days)
 孤児が音楽の力を通じて両親と再会する迄を描くファンタジー  原題「AUGUST RUSH(八月の興奮)」はエヴァンの芸名    個人評価 ★★★...
奇跡のシンフォニー (ダイターンクラッシュ!!)
7月9日(水) 21:15~ TOHOシネマズ川崎1 料金:1200円(レイトショー料金) プログラム:600円 『奇跡のシンフォニー』公式サイト 原題は、'August Rush'。タイトル見た時、「何だこれ?」と思ったが、劇中の主人公の芸名(?)だった。 日本語のタイトルは、そ...
奇跡のシンフォニー AUGUST RUSH (JUNeK-CINEMA in the JUNeK-YARD)
とにかくジョナサン・リス・マイヤーズがでるっていうので、噂の段階からとってもとっても期待していた『AUGUST RUSH』。 しかもフレディ・ハイモア君の父親役?? なんて盛り上がっておりました。 まあ、なんか邦題がすごいことになっているので、やな予感もしてたので...
『奇跡のシンフォニー』 2008-No43 (映画館で観ましょ♪)
『オリバー・ツイスト』のようなお話もあり、 『A.I.』 のハーレイ・ジョエル・オスメント君のようにも見えて。 信じ続ける子供と一...
奇跡のシンフォニー <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
養護施設にいるチビッ子が 音楽に導かれるまま 施設を飛び出し両親を探しに行くお話しですが 最終的には 邦題通りに奇跡が起きてエエ話やねんけどこの映画で何が腹立つかって言うと ライラの父ちゃんよっっそもそも、子供は自分の所有物じゃないっつーの音楽家の親に...
mini review 08351「奇跡のシンフォニー」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
孤児の少年が音楽と出会い、音楽によって両親とのきずなを取り戻す感動のファンタジードラマ。『ネバーランド』『スパイダーウィックの謎』の子役フレディ・ハイモアが主人公の少年を好演。少年を音楽の世界へと導く元ストリート・ミュージシャンをロビン・ウィリアムズが...
【映画】奇跡のシンフォニー…あくまでも奇跡。ご都合展開とは違うモノだよね? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/kaeru_rain/}どうも タイトルに「フリ○ン」とか「フル○ン」とか付く記事が一番上になったまま、一週間近くブログを放置したピロEKです{/hiyo_oro/} 相変わらずお仕事の忙しい日々が続いておりました{/face_ase2/} なおかつココの所、寝つきが悪くちょこっと寝不足{...
映画『奇跡のシンフォニー』を観て (KINTYRE’SDIARY)
64.奇跡のシンフォニー■原題:AugustRush■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:114分■字幕:石田泰子■鑑賞日:7月20日、シネマート新宿(新宿三丁目)□監督:カーステン・シェリダン□原案:ポール・カストロ□脚本・原案:ニック・キャッスル□脚本....