シャーロットの涙

☆映画と音楽、その他、芸術鑑賞記録と残しておきたい日々の雑記☆

エリザベート

2006-05-07 12:32:01 | ミュージカル・演劇・舞台
「エリザベート」5/6 ソワレ 日生劇場
 
エリザベート      一路真輝
トート           武田真治
フランツ・ヨーゼフ    鈴木綜馬 
ルイジ・ルキーニ    高嶋政宏
マックス         村井国夫
ゾフィー          寿 ひずる
ルドルフ         浦井 諄
少年ルドルフ      塩野魁土


エリザベートの初心者的感想を・・・

まず、これを最初に言わなければ始まらない!?
え~、武田トート・・・。かなり私はGOOです!
勿論、黄泉の国の帝王という風格は山口祐一郎とはきっと比べ物にならないだろうし、声量もどうかと思うけど。線が細い気が…。

ちょっとビジュアル系ハードロックバンド風の印象?!だからかえってトートダンサー達と同化するというか。背が小さいから埋もれちゃうけど…爆

そもそも背が小さい武田君を抜擢したのは、そのハンデを感じさせないそれ以上の何かを持ち合わせていたのだろうし、それ以上に見る側も今までと違うトート像を求めていたからなんでしょうかね。


遠近法とか使って?!演出など、背のハンデを感じさせないようにかなり工夫されていた気がします。見せ場「闇が広がる」では浦井ルドが膝まづいてましたもん!

あのブーツはシークレットブーツかな??
なんとなく歩きにくそうというか、転ばないように気を使っているような感じにも見えましたけど。まだこの舞台に慣れきれてないのか…


結構エロいんですよ。振り付けがそうなのか彼の表現なのか。
そういう意味では中性的だし悩ましい目つき。ちょっと変わった死神。
一緒に見たお姐さまたちと「爬虫類系トート」と盛り上がりましたけど、目でやられた感じ。

歌で聞かせるというより、演技で魅せる・・・っといった武田トート。(勿論、歌唱力は結構あったと思うけど)正統派と対極の個性派オーラを感じたし、初めてエリザベートと出会った時のあの表情…とても忘れられない。
若い一路シシィ(結構無理あり。爆)に出会った瞬間、恋に落ちたというあのハッとした表情と「目」がたまらなくグッときた
私はこれで他の彼のハンデがどうでも良くなった・・・

恋をしてしまったがゆえに、「生きたお前に愛されたい♪」…って「愛と死の輪舞」にはまって聴こえるし
もっと一途にエリザを愛するって感じを出して欲しかったし、二部最後の方は声量落ちた気もするけど、まだ始まったばかりだし今後もっと死神らしく妖艶になりつつ、パワー炸裂、新鮮さをもっと武器に成長して欲しい。

まあ、一路エリザと武田トートはバランス的につり合わない感じも払拭は出来ないけど、あくまで「死」というエネルギーの生命体として見れば、多少違和感もぬぐえると思う。ラストに向かって周りが年を取っていくのに、武田トートはまさにそのまま。シシィとであった頃の若いエネルギー体のまま時は流れている…といった感じに受け取ったけど。

どうも見ていて一路さんのあの一生懸命歌ってます!みたいな感じが苦手。
エリザベートの音楽ははっきり言って非常に音をとりにくいし、音域もかなり広いから、力量無いと役につぶされると思うんですよ。
なぜ、フランツが姉のヘレネを選ばずにシシィを選ぶのか??もう説得力にかけますよねぇ
精神病院を見舞った彼女の前で、私がエリザベートよ!って歌う患者の方が、本当はこっちがエリザじゃない??って思ったり。爆
一路さんそろそろエリザベート卒業した方がよろしいかと。…ファンの方ごめんなさい!

どうもこの舞台のエリザベートは意思の強さ、強気な感じに見えてしまう。それは多分演出の意図するものであろうけど、感情移入としてはフランツやゾフィーにも悲哀さを感じるようにとれる。ゾフィーの最期のシーンは涙出た。嫌なお姑さんだったけど、彼女が言う「義務」に縛られたそれこそ自由のない人物であった事がたまらなくかわいそうに思えてしまった。さすが威厳あるすばらしい演技の寿さん。

ただ、子供を失った悲しみに打ちしがれるあたりは一人の女性として私も共感し、死に逃避したくなるエリザベートを思って涙した。

浦井ルドルフもまるでハーフみたいで演技も歌も◎
少年ルドちゃんも伸びのあるかわいらしい声が印象的。
ルキーニは高嶋さん、ちょっとノリ過ぎ?もっと普通でいいよ!って思うのですが。私は個人的に宝塚版轟悠さんのルキーニが好み。


なんだかんだ言って舞台は堪能して帰ってきたけど、もう一回見たい病にかかったかも。う~、舞台の魔力にいつも平伏してしまうこの頃・・・
ジャンル:
その他
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« RENT | トップ | ブロークン・フラワーズ »

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
爬虫類系!期待大!! (ライト)
2006-05-07 12:56:13
シャーロットさん、エリザベートご覧になったのね。

それも初物武田トート!!

シャーロットさんのレポを読んで、期待がぐんぐん膨らんでおりますわ。

わたしが武田トートを見れるのは22日。

これからも進化をとげてくれることを願ってます。(特に歌・・・)

まずは12日の山口トートで、エリザ渇きを癒してきますね。
とかげ (charlotte)
2006-05-07 13:35:26
ライトさん

またまた初心者まるだしレポート・・・恥ずかしい

どうも意見は分かれるみたいですが、私は武田トート好きです!とかげっぽい。へびはいってるかも。爆

浦井ルドルフも上手でしたよ~。

山祐閣下も見にいかれるのですか!?気合入ってますね 是非とも見終わったら感想をお聞かせください♪
エリザベート! (ゆづ)
2006-05-08 00:41:52
charlotteさん、こんにちは。

いいなぁ、エリザ観劇されたのですね。

私は東宝の「エリザベート」はしばらく観劇していません。

武田くんは色気があるようでいいですね。個人的にはトーとは背が低くてもOKなので、妖しい雰囲気が漂っている武田くんには期待していたのですよ~。

見る予定がない分、とっても羨ましいです。
武田トート (maki)
2006-05-08 11:10:22
こんにちは!

武田トート@爬虫類(爆)なーるほどです。

charlotteさんのレポ読んで期待爆裂です。

山口トートと対極にあるトート像ですね。

私もルキーニは轟悠さんが良いと思いましたよ!一路シシーもドイツで頑張ってるシシーに比べればまだまだ若いですけどね・・・(苦笑)
Tトート (charlotte)
2006-05-08 13:08:08
ゆづさん

もしかして内野トートはご覧になってます?

私は見ていません~

武田トートは若いですよ~!だからそんな年上のお姉さんに惚れなくっても…って思っちゃった。爆

でもホント、私はなんだかんだ言って惚れました。えへへ

ゆづさんは観劇もなさるんですか?ぜひ色んな記事を拝見させてくださいね♪





makiさん

こんにちは~!

こんなに悪態ついてファンからクレーム入ったらどうしよう!と思ってました;

一路さんのヅカ時代を知れば、トートの方がいいのでは?って思っちゃう私です。爆

そうそう、○○シシィに比べれば・・・殴!!

でもあの方は歌がめちゃ上手いから気にならないんです。

一路さんも頑張っていたと思うので、その辺りも鑑賞のポイントですよ(と、一応ホロウしておく・・・笑)

私にはマテトートのインパクトが強すぎて、今回の武田トートはごく普通のお兄ちゃんの恋に見えました。あ、また爆弾発言。

こんな所ですがまたのお越しをお待ちしてま~す!!

是非感想を聞かせてくださいね!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL