身の回りの一人一人の

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

私の読书趣味幅広い

2017-03-20 18:39:28 | 日記
ジャンプを取りに来て、私をめくり、ゆっくり见れた多くの地方の筆跡母圏、母の话はまた絮叨鳴った、お母さんはいつもは、女の子に精通し、必ずしも诗琴書画、必ずしも全容が必ず浅薄なできた。ちゃんと読书、読书、息を探し当て、自華こそ、どんな知っていける世渡りこそ、心豊かになると、知恵のある、魅力的ないい女だ。私の子供の家庭の影響を受け、特に人気の親の官僚、読書の習慣をつけ、口調が蔵書も好きです。蔵書は多くはないが、なにしろができる本読むことができる。「いい読书、不求甚解;1が、快く食とにらめっこ忘れ「好き、好きな本を読むには、学富五车どころ、全容が、私の読书趣味幅広い。本は私の生活に充実した内容を、私の人生を豊かにした。
私が歪曲されないため、方針を変えないで/疎外疑わない信念/亦、年老いて足を遅らせる。これは97歳の時、董竹君自伝小説『私の一世紀の人生」のページを書いたくだりがある。彼女の精神に感动されて、私が[……これは老人1位世紀いばらの経験がある。董竹君、一洋车夫の娘、12歳の大工さんに卖唱女は、生まれつき丽质の外見と、秀外慧中、賢明な性格で、たまにのチャンス、彼女に知り合った、革命党に追い込んだ、飞督军夫人「。」结婚后に耐えられず、封建的家庭と夫权統治、再び単身日本へ飛び出し、捨て去ら向学。一女子は弱いはるばる留学の途中、探し、試練に苦しむ。彼女は一に乗り出し、ざまの叶の女子は、明哲一つになって、柔らかさ、気质から超脱する、自分の独立の精神の世紀の女の魅力がある。上海錦江食堂創業者になる。彼女は97歳高齢の時に発表した小说『私の自分の自伝1世紀の人生』。彼女の成功を確認した点は、二つの半分は神の手が、それが宿命;半分、自分の手でそれは必死だ。
「自分と思うように一匹の壳を引き受けるつついその尖った口で、破壳をつついて、ついにある日伸ばした足を伸ばし、翼ある踊って、壳の外に飞び葱绿一枚を見た。私はついにだけでなく周囲の世界に魅了され、また私自身の存在をも周囲の世界」を惹きつけたことは『マンハッタンの中国の女』の著者周励代序で自分をこのように紹介した。1985年、30歳の彼女は、悔しい、上海外国贸易の安易な仕事、40ドルを持って米国に留学。異国で、彼女はいくら試練を経、どんなのいじめを受け、彼女も下げ、屈服しない多くの困难を克服し、勉強し、どんな、真剣に人間、仕事を、彼女は奋闘して、いつも何とか运命を変えて、大変では未来に憧れている。わずか数年の时间、彼女は自分の努力で自分の価値を证明。彼女の运命は大きく変わった。「私は远い町を見下ろし、ニューヨーク一扇扇長身の窓、炎暑紺色の空、たとえ深夜ニューヨークもそう美。ここで、この窓口で、私は世界で最も适を見つけた私の位置。」彼女は、マンハッタンが自分の会社では、マンハッタン街のニュー公園が自分のマンション、彼女は彼女の夫の爱は、幸せな家庭。私の読书趣味幅広い
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。