スチャラカランナーの日々

運動部経験なし、40代マラソンランナーの趣味日記。ランニングも趣味のひとつですから。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「世田谷一家殺人事件」齊藤 寅/著

2006年06月28日 | 
 「世田谷一家殺人事件 侵入者たちの告白」齊藤 寅/著読みました。

 あの有名な事件の取材を行ううちに、いつしか真相に近づいていくルポルタージュです。世田谷の事件と日本の各地で起こった事件を関連付けるような証拠があらわれ、次第に真相が明らかになっていきます。

 証拠の信憑性や本書で書かれていることがどの程度本当なのかは、私には何ともいえませんが、本書が真実に迫っているとすると相当怖いことになる。
 それは犯人に対してということも言えるし、警察の体制にも言えます。

 ベルリンマラソンへ参加した時に、帰宅してみると窓の鍵の部分が小さく割られて、空き巣に入られていたことがあった。部屋にはほとんど現金は置いておらず、実際的には全く損害はなかったのだが。
 
 空き巣の話をしていたら会社の同僚の多くが空き巣に入られた経験があることが分かった。

 また、同じく東京に住んでいる当時、会社から帰ってくるとドアに手紙が挟まれていて、隣家に早朝強盗が入り犯人が捕まっていないので気をつけてください、とあった。
 確かに隣の家の雨戸が夏だというのにしっかり閉めてあった。
 まさにその早朝、1階角部屋で強盗に入られた家に自転車置き場をはさんで面していた私はというと、窓を開け放って眠っていたことになる。

 もちろん強盗に入られなかったことはラッキー(単にお金があるようにはみえないということでしょう)でしたが、結局私のところに警察が捜査に来ることはなかったし、郵便ポストに情報提供依頼のメッセージのようなものもなかった。

 その後すぐに犯人は捕まったのかも知れないが・・・。

 考えている以上に犯罪の被害を受けていないことは幸運なことなのかもしれません。

 怖い本です。
『本』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「秀吉の伽」加藤廣/著 | トップ | 「ついていったらこうなった... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
空き巣について (ウイチゴロリン)
2006-06-29 00:59:38
最近のことですが、会社の女の子も空き巣に入られました。玄関のドアの新聞入れを破壊されて侵入されたようです。幸い盗まれた物は何もなかったようですが、新聞入れが直るまでは中が丸見えで、しばらくは家で寝ることができなかったようです。同日に同じ階の住人も同じ被害に遭っていたみたいです。物騒な世の中です。

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
setagaya (citta' di colore)
世田谷一家殺人事件―侵入者たちの告白 斉藤 寅 この書籍が発売になったと、金曜日の新聞広告で知り、 翌日には書店で購入。そして、1日で読み終えました。 この事件は、謎が多い事件。 早く解決にならないかと、ず~っと気になっている。 それは、謎 ...
【本】世田谷一家殺人事件 (ザ・教室 blog 教師からのメッセージ)
前から、この事件はどうなったんだろう…と気になっていた事件。 その真相にせまっ...
外国人犯罪者の実態 (湘南のJOHN LENNONの独り言)
外国人犯罪者の実態 韓国籍の崔基浩容疑者 またひどい事件が起きた。渋谷区の女子大生誘拐事件だ。誘拐事件は戦後多々発生しているが、統計上では成功例はないらしい。もしかしたら外国人かと思っていたら、やはりそうだった。それも韓国籍と中国籍。この2 ...
fe46b78b5d (fe46b78b5d)
Finally I found you friend.fe46b78b5d57