スチャラカランナーの日々

運動部経験なし、40代マラソンランナーの趣味日記。ランニングも趣味のひとつですから。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画「男たちの大和 YAMATO」佐藤純彌/監督

2005年12月25日 | 映画
 「男たちの大和/YAMATO」観てきました。

 公園で20キロのLSDの後。

 クリスマスイブにはあまり相応しくない映画ですが、かなり入っていました。

 ストーリーは、戦艦大和の沈没地点へ連れて行ってほしいと一人の女が現れ、女を運ぶ船の中で女と船長との縁が明らかになる中で、船長は大和の思い出を語り始める・・・。

 さすがに実物大の大和のセットを作っただけの事はある迫力ある映像でした。
 戦争での青春群像と言った作りで、一人の主人公にそれほど集中していない分、大和自体が主人公という映画でした。
 不思議なことに、日本で作られた戦争物の映画は戦争美化に見えて今一歩好きになれませんが、犠牲と死別など泣けてしまう要素満載です。

 一応は無謀な作戦に対し反対の意見をいう場面と、作戦の実施前になぜ艦隊司令官が作戦に参加していないのかなどの異論が出ているシーンが出てきているのは単純に賛美映画にならないような多少の救いといえば救いでした。
 「ロード・オブ・ウォー」の銃の薬莢の上に立つ主人公の様子と砲弾の薬莢の中の乗組員たち。負傷者もきれいに描いているわけでもないですが、なぜか賛美的に見えてしまうのは私の感性の問題なのか・・・。

 それにしても、靖国問題でA級戦犯などについて言われますが、こんな自殺的というか自殺作戦を実行させた責任者こそがAとかどうとか言う前に犯罪者と言うべき気がしますが・・・。

 スケールが大きく、思想性がないという面でハリウッド的な日本映画といえるかもしれません。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セントラルタワーズ | トップ | 練習 12月24日 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ピア)
2005-12-29 12:11:57
こんにちわ、TBありがとうございます。

私も本年最後の映画にこれを選びました。期待以上、日本映画の中ではトップクラスの出来と思います。

またよろしくお願いします!
観ますよっ (鴨池)
2005-12-30 09:57:40
TB有難うございます。ピアさんもおすすめのようで、ワタシもますます興味を持ちましたっ!楽しみに観てみます~
はじめまして (街角のLove Song)
2006-01-18 21:45:37
トラックバックありがとうございます。

大和のセットすごかったですね、すごい迫力がありました!

戦争はやっぱり怖いし嫌だと思いました・・・。
有難うゴザイマス。。。 (トモ)
2006-01-18 21:51:16
トラックバック有難う御座いました。

本日『男たちの大和』見てきました。

(2度目です!)



何回見ても良いですね・・・

内容的か?年配のお客さんが半分以上でした!





はじめまして。 (Unknown)
2006-01-18 21:59:32
TBありがとうございます。いろんな映画を観られてるんですね♪「THE 有頂天ホテル!」気になってたんですが、読ませていただいて、観に行く事に決めました。運動デビューは、私も遅かったんですよ。フラダンス・テニスとはまり、今はジム通いにはまってます*^-^*
ごめんなさい。↑ (yoshie)
2006-01-18 22:01:11
名前書き忘れてました(^◇^;)ゞ

しょっぱなから、ドジってしまった~(爆)
TBありがとうございます (おいら)
2006-01-19 00:00:33
はじめまして。

TBありがとうございます。

確かにハリウッド的日本映画ですね~!

その比喩は正解だと思います!!
TBありがとうゴザイマス (asagi443)
2006-01-19 10:35:51
はじめまして、あんな穿った感想に

TBして頂いて、ありがとうございます

実は男たちの大和には、まだまだ感想は

有るのですが、(笑)

TBありがっとうございます! (マキタマン)
2006-01-19 15:40:21
はじめまして!



日本映画の美を追求できる映画ではないと思いますが、戦争を題材にしているって言う部分では良い映画だと思います。とにかく、いろんな意見の出やすい映画ですね・・・。
平和 (松浦 安直)
2007-08-15 21:59:07
大和たましいのことをアメリカの人にも知ってほしいので英訳版をさくせいしてアメリカでヒットさせてほしいです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

10 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「男たちの大和」期待を超える出来栄え! (ロック詩人・辻元よしふみのブログ)
さて、恐らく本年の辻元的に最後を飾る映画だろう「男たちの大和」を見てまいりました
生きる (ピア 徒然見聞録)
「男たちの大和」観ました →公式HP なんというか、この映画を観にいこうと思う人は始まりも終りもわかっているはず。 もう、本当に、最初のシーンから胸が苦しくなります。 何も言うことはありません。 CGも、原寸大の大和セットの撮影も、なにもか
男たちの大和/YAMATO (麻衣・里菜推進連合)
男たちの大和/YAMATO見てきました。 もちろん今回もレイトショーでの観覧 大人1200円で見られるのでお得です。(^ ^ 今作はタイトルの通り戦艦大和のお話です。 中身に関する感想は続きに書くとして この映画を見て改めて自分が日本人である事を 再認識させられま
映画『男たちの大和 YAMATO』 佐藤純彌 (~Aufzeichnungen aus dem Reich~ 帝国見聞録)
<戦後60周年記念作品>と銘打たれた戦争巨編!! 嗚呼、日本男児たるもの、これを観ずにいられましょうか!!! ということで観てきました。うーむ、困ったな。なぜ困ったのかというと、まったくグッと来なかった! のであります。うーむ、 Oh! イッツ・ザ・非国民
ひつこく【男たちの大和/YAMATO】 監督の意図とズレてしまった観客の奇妙な感動 (反米嫌日戦線「狼」(美ハ乱調ニ在リ))
『男たちの大和/YAMATO』が記録的なヒットになっているそうだ。興行収入が50億円を超える勢いだそうで、劇場ではすすり泣く声が充満。 ボンクラ映画ファンの聖書『映画秘宝』2月号に『男たちの大和/YAMATO』佐藤監督のインタビュー記事が掲載されている。 佐藤 何人かに
男たちの大和/YAMATO (toe@cinematiclife)
これが、今年最後の映画。 邦画だったっていうのが、自分では結構意外だけど、またしても号泣しちゃった。 私、戦争モノは苦手なので、泣くとは思ってなかったんだけどね~。 <STORY> 鹿児島県枕崎の漁港で、神尾(仲代達矢)は内田真貴子(鈴木京香)に依頼され戦艦大和が
映画 「男たちの大和」 観覧 (モデル・蒔田陽一「ニッキー、まっきー」)
一日オフだったので 渋谷の映画館で 「男たちの大和」 見てきました。 公開されてもう一ヶ月くらいたつのに結構混んでいるのに以外。 途中、「日本が変わる時、犠牲がある。」というシーン。そこの長島一茂さんの 「日本が生まれ変り、目覚める時に散る。本望じ.
男たちの大和 (Diary of Saemi)
YAMATO浮上! -ドキュメント・オブ・「男たちの大和/YAMATO」- / 邦画 (メイキング) 見に行ってきました。男たちの大和。凄い迫力でした。もうただ滝のように涙が流れた 生きるってことを考えた。 生きているってことを考えた。 生かされていることを考えた。
男たちの大和または正月映画雑記 (2cvbbc weblog)
少し時間が出来たので、
「男たちの大和/YAMATO」を観てきました。  (ブツヨク人 ~ GOのハッピー?!ライフ ブログ ~)
遅ればせながら昨日「男たちの大和/YAMATO」を観てきました。 監督・脚本: 佐藤純彌    原作: 辺見じゅん「決定版 男たちの大和(上下)」(ハルキ文庫刊)   キャスト: 反町隆史 / 中村獅童 / 仲代達矢 / 山田純大 / 鈴木京香 / 松山ケンイチ / 蒼井 優、