自転車屋男 2

神戸で自転車屋を営み
4年半スナックを営んだ
変な男の人生色々日記

「自転車屋の生き物歳時記」!!「ツメタガイ」!!

2017-06-15 13:32:35 | 地域
「6月15日(木)」

「自転車屋の生き物歳時記」

「ツメタガイ」

先日の潮干狩りで
仲間が1匹だけだがこれを獲っていた。

ツメタガイ(砑螺貝/津免多貝)は、
軟体動物門に属するタマガイ科の巻貝。

インド以東、西太平洋の浅海に分布する。

日本では北海道以南から沖縄にかけて
広く分布する。

潮間帯から
水深10cm~50cm程度の
砂地の浅海に多く分布し、
殻幅50mm程度に達する中型の巻貝。

殻の色は紫褐色から黄褐色を呈する。

底部は白色で滑らか。

蓋は半円形となる。

夜行性で、砂の中を活発に動き回る。

また軟体部は殻から大きく露出し、
殻を完全に覆いつくす。

肉食性であり、
アサリなどの二枚貝を捕食する。

アサリなどの二枚貝を捕まえると、
やすりのような歯舌を用いて
獲物の殻の最も尖ったところである
殻頂部を平らに削っていき、
2mm程度の穴をあけて軟体部を食べる。

繁殖期は春で、
5月頃、茶碗をかぶせたような形に卵塊を作る。

その形から通称
「砂茶碗」と呼ばれる。

生息環境により形が変化し、
内海のものは臍索中央の溝が
殻軸と直角方面に伸び、臍穴がふさがらないが、

外洋に分布するものは
臍索の中央の溝が曲がっていて、

臍穴が密閉する形となり、
ホソヤツメタ と呼ばれる。

本種は比較的大きくかつ
個体数が多いことに加え、
人間の生活環境の近くに分布することから、
人間生活に深いかかわりを持つ。

繁殖力が強く
アサリ等の漁獲対象種を食害するため、
漁業被害の原因生物となることがある。

時に大発生して
潮干狩り会場を全滅させる事もある。

本種は無毒であるが食用にされることは少ない。

これは加熱した際に身が固く締まり、
歯ざわりが悪いためである。

愛知県知多半島では
本種を「うんね」と呼び、

塩揉みして生食するほか、
煮付けやおでんの具として食している。

また、
三重県南部では「ばんちょう」と呼ばれ

甘辛く煮付けて食している。



@サイクルプラザ・イレブン@

自転車安心保険「ちゃりぽ」

https://app.charipo.net/t/420/30-40003/


サイクルプラザ・イレブン・Amazonマーケットプレイス店

http://www.amazon.co.jp

チャーリー自転車・モバオク!店

https://www.mbok.jp/



『兵庫県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「衣川の戦い」!!「源義経... | トップ | 「今日のお昼ご飯」!!「自... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL