自転車屋男

神戸で自転車屋とスナックを営む
変な男の人生いろいろ日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「功名が辻」!!「登場人物」!!第5弾!!

2006-02-27 03:07:44 | Weblog
功名が辻

登場人物 第5弾

「浅井長政」(あざいながまさ)

1545年 北近江の領主
「浅井久政」の嫡男として生まれる。
当時の近江は「南近江」の
「六角義賢」(ろっかくよしかた)が
勢力を拡大しており
「浅井氏」は「六角氏」の
「臣従関係」にありました。
「長政」は15歳の「元服」の時に
「義賢」より「賢」の文字をもらって
「賢政」と名乗っておりました。
父「久政」は「越前」の
「朝倉義景」(あさくらよしかげ)とも
「同盟関係」を結んでおりました。
その後「六角」の「家臣の娘」を
「妻」に娶っています。
領土は「北近江」だけでしたが
「政権」は安定していました。
ただ「家臣」の中に
「久政」の「日和見主義」に
反対する物が多く
「知勇」に優れた「長政」を
「当主」として押す声が高まり
半ば強引に「久政」を
「隠居」させてしまいました。
「家督」を継いだ「長政」は
「六角義賢」に「賢」の文字を
「返上」し「妻」を「離縁」します。
「六角」に対する
事実上の「宣戦布告」です。
「六角」との「戦」を繰り返し
「六角の家臣」を寝返らせ
「勢力」を「拡大」して行きました。
当時「足利義昭」を擁立して
「京都上洛」を目指していた
「織田信長」が「お市」との
「婚儀」により「同盟関係」を
結ぶ事を申し入れ
それを受け入れました。

次回に続く・・・・

サイクルプラザ・イレブン
『兵庫県』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「同級生」!「夫婦で見えま... | トップ | 「衝撃」!!「ビッグプロジ... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます。 (lovespoon)
2006-03-01 17:09:47
詳細な人物紹介ありがとうございます。

続きも楽しみにしています。
Unknown (kiriy)
2006-03-01 18:43:08
TBありがとうございました。

分かりやすい解説で参考になりました。これからも、よろしくお願いいます。



息子さんの誕生日おめでとうございます。
TBありがと~ございます!! (雅美)
2006-03-01 21:23:27
 日本史、世界史は大好きですが…

こんなに造詣が深いのには感服いたしました(笑)

 ばっちり読ませていただきました!

 ありがとうございます。。。
はじめましてm(_ _)m (まこ)
2006-03-01 21:27:00
TBありがとうございました

歴史モノは同じ苗字に似たような名前がくっついてる方が多いので、とても覚えきれなくて苦手なのですが、名前にもちゃんとゆかりやいわれがあるんですね~。勉強になりました
はじめまして! (ウッチー)
2006-03-03 23:39:14
楽しく読ませていただきました。

今後も期待していま~す。

またお邪魔します。ありがとうございます。
有難うございます^^ (自転車屋男)
2006-03-06 16:15:09
lovespoonさん!

kiriyさん!

雅美さん!

まこさん!

ウッチーさん!

今後とも宜しくお願いします^^

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

10 トラックバック

「功名が辻」第8話 (くつろぎ日記)
今週は千代の出番はほとんど無かったですが、それにしても朝倉攻めの背景が わかり興味深いものでしたねぇ・・皆様、こういう戦いの歴史はお好きでしょう。 一豊に刺さった矢の凄まじさとったら、鉄の兜を突き抜けるもの?竹の矢が? ほんとかえ~~。痛そうで抜ける瞬間
功名が辻???永田寿康 @あまりにタイムリーで。。。 (ぬぬぬ?)
2/28、\"病院送致\"となっていた民主党永田議員が\"ひとり戒厳令解除\"で謝罪 しょせん勇み足だったんだから1週間もかけて出す結論じゃないでしょう とりあえずババ引いたやつには退場して
功名が辻 第7・8話 (月夜の浜辺)
『功名が辻』第7話“妻の覚悟”、第8話“命懸けの功名”―こちらも2話まとめて・・・
「功名が辻」第八回 (リリコ雑記)
山内一豊さんは乱世の世に生まれたけど、本っ当に運のいい人だな、と感じる今日この頃。そんな大河ドラマのホームページはコチラ。運が悪い人はどんな死に方をしちゃうか分らない戦乱の世の中、手柄を立てんと戦場へ赴き、常に敵と命の遣り取りをして“功名”を勝ち取ってき
「功名が辻ー命懸けの功名」ー千代のリストバンド (森の中の一本の木)
昨日は、お出かけしていたので朝、ビデオを見た。ちょっと時間も空いちゃったし、どうしようかなと思ったけれど、今回インパクトも強かったのでやっぱり書いておこう・・  戦国ホームドラマと思ってお気楽に見ていたのに、ちょっとショックなシーンでしたね。何がって、顔
【DORAMA】功名が辻(第8話) (深海からの手紙)
相変わらず歴史には弱い私ですが、明智光秀が信長を討つきっかけとなった足利義昭の命
功名が辻 第八話 命懸けの功名 (【管理人の戯言】)
週末だけ何かを書くというのもアレなので、今週から『功名が辻』の雑感を定期投稿しようと思って 需要が有る無しは関係なく、カテゴリーに「大河ドラマ」を登録しました。 まあ、仕事が忙しかったり飽きたり面倒になったりしたら投稿しなくなるのでご容赦ください。 なお
『功名が辻』第8回 「命懸けの功名」 (なんでもreview)
痛かっただろうなぁ…。
功名が辻 第8話:命懸けの功名 (あるがまま・・・)
痛そう・・・( ̄∇ ̄;←グサッ!!! いやぁ~、矢が顔に・・・って想像しただけでもぶるぶるっ{/ase/} 当時は薬も満足に無いんだろうし、傷は治るのかなぁ。化膿しちゃいそう・・ てゆーか、特殊メイクのスタッフさん、グッジョブ{/good/}すんげぇリアル!(笑) ケガを負った
功名が辻 第8回 (スタートライン♪)
山内家の主従関係の良さが際立った回だった{/kirakira/} 顔を踏んで矢を抜くシーンや 一豊がはっきり喋る事が出来なくてもちゃんと聞き取って 伝えたり。 重傷の一豊がしんがりを努めたいと無理な事を言い出しても 止めることなく、一緒に決死の覚悟で出陣したり。 ほーんと