プサとダルの日々~時々鉄子

GもDもわからない音楽ド素人がハンマーダルシマーとプサルタリーの2つの楽器に挑戦中!
どうなることやら…

鍛冶屋と糸紡ぎライブ おーるどタイム

2017-03-21 00:57:40 | ハンマーダルシマー

3月19日日曜日、ワークショップの後、健さんとサリ・ランさんのライブ。ワークショップ出席者の特権で席を選ばせてもらった。写真を撮りやすい位置に陣取る。これが間違いの元だったのだが。
ライブが始まると2人の世界に引き込まれてしまう。 親戚関係のダルシマーとプサルテリは相性がいい。自然でしっくりくる。プサルテリの音がいつもより大きく響いていたような気がする。気のせいかな。ほんとにいつも思うけど、健さんのダルシマー、引き寄せられる。
デュオ名にちなんだ曲、言葉はわからないが背景にある物語を思いながら聴いた。こういう歌を歌いついでいったその時代を想像してみる。フィクションかノンフィクションかはわからないけど、井戸端会議のようなものだったのかもしれないな。カンティガのような宗教色が強いイメージだったけど、こんな歌が残っているのが面白い。
今日はプサルテリとリコーダーだけだと思ってたらバグパイプが出てきた。吹くのはたいへんらしい。
ウードも飛び入りで出演。急遽決まったのでソロ1曲とワークショップでやった課題曲その2を3人で。普段耳にしない音なので実に面白い。

 

 

 

 

 

 

 

 

写真をいっぱい撮れたのはよかったのだが、そのためにほかのお客様に不快な思いをさせてしまった。シャッター音、確かに大きくて響く。わかっててやってしまったのは罪が重い。スマホはアプリがあるらしいのだが、カメラには機能がない。ブルーグラスは気にせず撮ってしまうが、ほかの時には気をつけていたのに。いつもは入り口近くにいて邪魔にならないように撮っていたが今回はいい席をとってしまった。間違った選択だったな。場所もホームグラウンドなので緊張感がない。何をいっても言い訳にしかならない。その時間は取り返しがつかないのに、ほんとうに申し訳ないです。これからは気を引き締めて気をつけます。

 

 

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ワークショップ ダルシマー... | トップ | 鍛冶屋と糸紡ぎのジャムタイム »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL