八丈島自転車倶楽部 『ザ・ぶっ飛魚』
八丈島と自転車を愛する愉快な仲間たちの話です。
 



 

冷え込む日は少ないのですが、
最近、雨がよく振りますね。

それでも、青空がのぞいた先日、
河津桜を見に行きました。

染井吉野と違って、桃色が強いので、
写真には映えますね。

八丈島は、もうすぐフリージアの季節を迎えます。

 

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




八丈島の二つの港のうちの一つ。

八重根港。

メインの底土港のサブ的な存在。


ところが先日の台風18号で壊滅的な打撃を受けてしまった。

大きな岩や6畳もの大きさで厚さ30センチもあろうかという
コンクリートがごろごろしている。

どこから来たのかと思うと、波の力で、港の道のコンクリートが
はがされてしまったのである。

信じられない力である。

 

 

改めて自然の力のすごさを思い知らされました。

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

今年の八丈の夏は、八丈らしい夏の光が少なかった。

それでも自転車にはよく乗った。

坂の多い八丈であるが、
ときにはシャカリキに、ときにはのんびりと・・・。

同じ坂でもその日の気分や体調でいろいろ楽しんだ。

 

 

 

八丈の海の青は特別らしい。
八丈ブルーとも言われている。


夏の青い空も実に美しい。
青い空には白い雲が実に似合う。

気まぐれな雲はいろいろと形を変える。

今日は、八丈富士に浮かぶ白い羽根のようだ。

 

 

 

八丈には二つ(多分)の灯台がある。
これは末吉の灯台。

灯台の白が青い空と海によく似合う。

 

 

  青と白。

  八丈の魅力のひとつ・・・・・・・。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

今年のある夏の日、西瓜をもらった。
それも、二つ三つではない。

家の前の畑でおじさんから、
30個以上もらってしまった。

ご近所で分けたのだが、それでも10個以上が
我が家の廊下に。

これだけ並ぶと、圧巻である。
さらに知り合いに分けたのだが、
それでも5個くらいを我が家で頂いた。

八丈の西瓜は、西瓜好きの人に言わすと、別格とのこと。

確かに甘い。

我が家は西瓜好きであるが、
この日をはじめに、今年ほどたくさんの西瓜を
食べた夏は初めてのような気がする…。

 

  

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

八丈の夏の花といえば、
やっぱりハイビスカスです。

ただ、夏の花といっても、
実際は、1月でも咲いているんです。

さすが常春の島です。

 

ヒメオウギ。

最近、増えてきたように思えます。
6月末から7月が一番見頃のようです。

 

 

 

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

※しばらくお休みしていました。
 過去の記事を少しずつアップします。

 

久しぶりに八丈島を出ました。
新宿駅から夜行で、白馬に行きました。

5月上旬の白馬は、残雪と桜が最高です。

 

 

久しぶりの仲間4人でのツーリング。 
何とも言えない時間です。

 

 

何度来ても、白馬・安曇野は良いところです。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




またまた、久しぶりの更新です。

フリージア、島桜、アビ、新緑。
春爛漫の八丈をのんびり走りました。

この1週間の八丈は最高の天気でした。。。。。


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


大根  


 

 

八丈島の冬の風物詩にもなっている
大根の日干し。

先日、茅葺の軒下に干してある大根を見つけました。
裏は炭焼き小屋のようですが、
とても雰囲気のあるある風景でした。

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

八丈のバイク4台目です。

世田谷のツバササイクルで組んでもらいました。
島では、唯一のランドナーでしょう。

 

 

 

 

 



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




 

八丈島のバイクの紹介の3台目は、
FUJIのバイクです。

実はこのバイクは、オークションで落としたものです。
前のオーナーもオークションで落として、
街乗り用に組み上げたようです。

もとはランドナーのフレームだったようです。

 

フロントをダブルにすれば、走りも広がるのですが、
このチェ-ンカバーがなかなかいい味を出していて・・・。

 

 

 



コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )




サリーのバイクです。
八丈ではこれ1台かもしれません。

カーボンだアルミだと言う昨今の中で、
鉄を貫くメーカーです。

旅志向というところもいいですね。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




八丈の仲間のバイクをいくつか紹介します。

トウキョウバイクの新しいモデルです。
限定販売のようですが、スタンダードモデル
よりコンポがいいようです。

トウキョウバイクは基本的にフロントが
シングルで、以前のモデルは、ダウン
チューブにシフトワイヤーのアウター受け
がひとつしかなかった(たぶん)ので、
フロントをダブルトリプルにカスタムしに
くかったのですが、現在のモデルは、
アウター受けが二つになっているので、
後々ダブルなどにもできるようになった
みたいです。




コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




 報告が遅くなりました。

少し寒い日ではありましたが、無事に
『第2回 ツール・ド・八丈島』が行われました。

スタートには、10名(プラスお子様2名)の方が駆けつけてくれました。
定刻の12:00にスタート。

まずは、永郷地区を1周。
いつものことながら、気持ちの良いアップダウンです。


アロエ園で休憩をして1時間10分ほどで底土の野営場に到着。
ここでおやつタイム。
第2ステージから参加の女性3名を加えてのんびりのお茶タイムです。

      
         



温かい飲み物にほっと一息。 

さあ、いよいよ第2ステージ。


今回は第2ステージを、A・Bの二つのコースに分けました。
男性7名が八丈富士のAコースに、女性3名と男性1名は坂下地域の
Bコースに向かいました。

八丈富士Aコースは、三根の登り口から上がります。
この坂は、八丈の中でもハードな上りです。



6合目のふれあい牧場までは、40~50分ほどなのですが、
休憩なしだと結構きつい。

この日は風もなく比較的上がりやすかったのですが、やっぱりきつい。
でも上り終えた達成感はなんとも言えません。

この日は冷え込んだせいで、空気がとても澄んでいて、
御蔵島や三宅島はもちろん、新島や大島(たぶん)までもが
よく見えました。そしてなんと。これも多分なのですが、富士山の
ようなシルエットが見えたのです。
はたして本当に富士山だったかわかりませんが、
とにかくこんなに視界がいい日は初めてでした。



牧場で一休みした後、通称鉢巻道路をのんびり走りました。
坂が多い島のコースで、のんびり走れるひと時でした。

さてBコースは、鴨川沿いにほたる水路でのんびり走りました。
このあたりは、島では珍しい田園風景を楽しめるコースです。

途中、防空壕跡を見学したり、湧水を味わったりして、
島の歴史と自然を堪能しながらのんびりのぽたリングでした。

     

 16:30  沈む夕日の中、八重根港で合流。

  

 第1回、第2回と、冬に行ってきましたが、
 第3回は5月くらいにできればと考えています。
 
 そして今度は、少し規模を大きくして・・・・。
 楽しみにしていてください。

 参加いただいた方お疲れ様でした。



コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




少し寒いですけれど、晴れました。

『第2回 ツール・ド・八丈島』開催します。

みなさん、よろしくお願いします。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




いよいよ、明日になりました。
今回は、参加者が若干少ないようです。
仕方がありません。師走ですから。

でも楽しみです。
皆さん、温かい格好をしてきてください。
楽しみましょう!!

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ