カリフォルニアレコードの世界

デザイン事務所カリフォルニアレコード社長チャーハン・ラモーンによる細腕繁盛記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お引っ越しします。

2007年08月26日 | Weblog
こちらに引っ越しします。
http://web.mac.com/charhan_ramone
コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加

速報!!

2007年08月21日 | Weblog
○無事、退院出来ました。
○取り急ぎ、ご連絡まで。ご心配おかけしました。

チャーハン・ラモーン
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

ヴァカンス~潰瘍性大腸炎な日々25

2007年08月21日 | Weblog

●入院24日目。明日の朝の採血の結果で退院できるみたいです。
●お昼に亀井菊井ペアが見舞いに来てくれる。仕事の話など。おしゃれな扇子をもらう。あぁ、扇子はいいね。盲点やったね。
●カラオケ行ってクレージーケンバンドを熱唱したい。だれか誘ってください。
●夕方、中面さんが旅行帰りに見舞いに。日焼けして真っ黒。いいなぁ。海に行きたいなぁ。
●夜に体温37.5度。明日の退院はいかに!?・・・冗談じゃないよ、まったく。
●外ではカミナリ。11階の窓からはバンバン落ちてるのが見える。映画みたい。
●写真は桂正樹&金明玉ペア。病院の外で華麗なシンクロで客席を湧かす。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヴァカンス~潰瘍性大腸炎な日々24

2007年08月21日 | Weblog

●入院23日目。お薬のおかげで大腸炎の症状はまったくありません。・・・今は副作用と戦っております。
●昨日のMRIの結果を聞きに外科整形へ。背骨さんになんの問題もなし。むしろ、年齢より若い背骨らしい。また、ほめられた。若い頃にスポーツをやってた人に背骨が痛んでいる人が多いらしい。根っからの文科系(小学校/工作部~中学校/ブラスバンド部~高校/演劇部)だった僕は助かりました。そういえば高校の体育の先生、ヘルニアやったなぁ。これから「長所・背骨」と書こうかな。
●お昼にジャガー大宮さんが見舞いに来てくれる。ジャガー寿司の話とか。さすがにプロデュースは出来ないけど、企画面などはアイデア出していこうかな。あと、焼酎亭でのジャガーさん(焼酎亭呑兵衛)の落語もローパワーズ脚本部の面々が新作落語を書き下ろす予定。イイネ!! ジャガーは贅沢もんだ。
●病院を抜け出して、新大阪駅の本屋さんへ。SWITCH NO.9を購入。
●写真はヨダミカさん。僕と二人で飲みに行っても話が尽きないんだから、変わった女性だと思います(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヴァカンス~潰瘍性大腸炎な日々23

2007年08月21日 | Weblog

●入院22日目。腰の痛みが引く。なんやったんや、あれは。
●am10時にシャワー。
●15時半から脊椎MRI検査。もう腰痛くないんだけど、念のため。でっかい病院だけあって設備もすごいです。MRIすごいよ。あんな大きな設備だとは思わなかった。ガンダムみたいなデッカいロボットに乗り込む機械のようです。寝転んだ状態で体を固定され、「大きい音がしますので」とヘッドフォンをされて、筒の中へ。ヘッドフォンからは「涙そうそう」。なんで「涙そうそう」やねん。ヘッドフォンのそとからは現代音楽のような「ピーガガガガガガ」というけたたましい電子音。でも、頭の中は「涙そうそう」。狭い筒の中、一人で笑ってもうたわ。それが15分。もちろん「涙そうそう」終わったら「涙そうそう」。ずっと繰り返し。これは洗脳か?そういえば少し沖縄にいきたいような。検査結果は明日出るそうな。これで「あんたヘルニアやで」とか言われたらどうしよう。誰も知らない土地にいって結婚相手探すしかないよなぁ。
●写真は小林洋子さん。パソコンの壁紙にゴールデン・カップスを張るという、意外にロックな方です。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ヴァカンス~潰瘍性大腸炎な日々22

2007年08月21日 | Weblog
●入院21日目。朝から腰が痛い。どんな姿勢でも痛い。
●11時から胃カメラ。胃の泡をとる薬を一杯。胃の動きを止める注射を肩に1本。喉の麻酔を口から直接のどへシュッシュと2、3回。さて、胃カメラスタート。思っていたよりつらくなかった。お医者さんからしてみれば、そうとうやりやすかったらしく「声楽でもやってましたか?」と聞かれる。とりあえず「バンドでボーカルをやってまして」と若干カッコつけた嘘をつく。腹式呼吸ができると胃カメラは楽勝(・・・けっして楽ではないけど)ということがわかった。少しでも売れない役者やってってよかった(笑)胃には異常なし。胃潰瘍もなかった。
●担当のお医者さんがやってくる。退院時期の話など。
●トラヴェリング・ウィルベリーズ・コレクション聴いてます。それにしても、ロイ・オービソンのボーカルはすごい。ドキュメンタリーDVDではジョージ・ハリスンもボブ・ディランもトム・ペティもジェフ・リンもロイ・オービソンにうっとりしてる。いや、うっとりするよ、この声には。
●テレビ見ていてもやなニュースばっかり気にしてしまうので、ストレスになるじゃないかと思い、断テレビ! 実は昨日から。
●写真は藤原さん。KURACLUBの打ち合わせもかねて。いろいろ一心寺が変わるらしい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヴァカンス~潰瘍性大腸炎な日々21

2007年08月16日 | Weblog
●入院20日目。世間はお盆かぁ。スエケンの芝居にゲストでお呼ばれしてたのになぁ。残念。
●朝、担当のお医者さんに昨日から続いている胃痛と腰痛の件を話すと、「キツい薬(ブレトニン/ステロイド剤)をずっと飲んでるので胃潰瘍になっているかもしれません。近々、胃カメラしてみましょう。」との事。・・・言わなきゃよかった。というか、大腸の潰瘍治すのに、胃に潰瘍作ってどうするんだ(笑)胃カメラかぁ、やだなぁ。若手芸人がモガイている印象しかないからなぁ。それにしてもステロイド剤やっかいやっかい。
●今日は、エッソ・トリニダート・スティール・バンド聴いてじっとしときます。退院したスティールパン習いにいこうかなぁ。
●昼に腰痛のため、整形外科へ。念のため腰のレントゲンを撮る。別に問題はないらしい。むしろ「綺麗な骨や」とほめてもらった(笑)長い事寝て過ごしているからだろうとの事。
●夕方に桂正樹さんと金明玉さんが見舞いに来てくれる。いつもの面会場所がいっぱいだったので、外のベンチで。飛行機みながら。
●写真は年清さん。僕は時々、この人の陰謀で芝居の世界にいるのではないかと思ったりすることがある。決して悪い意味ではなくて(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヴァカンス~潰瘍性大腸炎な日々20

2007年08月16日 | Weblog
●入院19日目。腰痛でam5時に起床。入院して以来、寝てばっかりだからな。そりゃそうだ。そりゃそうだ。朝焼けが綺麗です。そりゃそうだ。そりゃそうだ。
●起きてから胃も痛い。これは間違いなくブレトニンさんの副作用。朝食後の胃薬でなんとか静まる。
●外出許可が出たので、銀行へ。その後、いったんカリフォルニア長屋に戻り、請求書の制作など止まっている仕事の整理。溜まっていた洗濯物をエイヤッと洗濯。
●その後、梅田へ。せっかく娑婆に出たので、さっそく掟破りのカツ丼を食べ~タワレコで物色~カフェでケーキ(掟破り)とコーヒー(これも掟破り)一杯~ジュンク堂で物色~と悪行三昧。
●金明玉さんからメール。「今日、飲みにいくけど、一緒にどない?」との事。それはさすがに無理。
●夕方、病院へ帰宅。どうも胃が痛い(・・・食べ過ぎかもしれませんが)。おそらく朝の胃薬が切れてしまったのだろう(・・・食べ過ぎかもしれませんが)。お医者さんに相談(もちろん、掟破りをした事など言いませんでしたけど)。胃薬(コリなんとかパン10mg)を1錠出してもらい落ち着く。
●写真は餘吾康雄さん。僕とちょうど10歳年上。なかなか追いつきそうで追いつきません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヴァカンス~潰瘍性大腸炎な日々19

2007年08月14日 | Weblog

●入院18日目。
●早朝、四時半ごろにトイレへ。帰りに看護婦さんに呼び止められ採血。今日は日本で一番早い採血を受けたかもしれません。
●点滴から解放され、かわりにブレトニン錠5mgを朝食後2錠。こんなちっちゃな薬でも、やはり副作用がきついらしい。症状をみて減らしていくとのこと。
●14時からシャワー。
●小林さんが持って来てくれた寺尾聴「Re-Cool」がいい!ステイリーダンみたいだったりナイアガラみたいだったり。ひさしぶりにこんなハイファイな音聴いた(笑)
●外出許可をお医者さんに相談。銀行やら申請やらいかなあかんからね。
●朝の採血の結果がよかったらしく、「このままうまく行けば、あと2週間ほどで退院できる」とのこと。8月末には退院できそうです。
●写真は西村親子と杉本マスター。ちせちゃんが可愛くなってよかった。生まれたときは朝青龍みたいな顔やったから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヴァカンス~潰瘍性大腸炎な日々18

2007年08月14日 | Weblog

●入院17日目。食事(重湯+魚の煮付け)を取り出してから、当然、便の量がふえる。状態は少しやわらかい程度。出血はほんの少し。だいぶ正常な状態に近づいてきた。
●そもそも、この病気の症状がカッコつかない。同じような名前の胃潰瘍(もしかして、正式名称は潰瘍性胃炎?※未確認)などは酷ければ吐血、潰瘍性大腸炎は血便。この違いは大きい。だって、「血を吐く」というのは周りに色々アピールできる。体を壊している事を気づいてもらえるし、少しナルシスッティックな要素もある。潰瘍性大腸炎になると、こうはいかない。周りへのアピールはほぼゼロ(かろうじてあるなら、「よくトイレいきはるなぁ」程度)。あと、血が出ている事に関しても、自主申告制。「私の便には血が混じっています!」と叫ばなきゃ誰もわからない。もちろんナルシスティックな要素はゼロ。吐血をしている男に少女漫画的にグッとくる女性はいても、血便にグッとくる女性はいないだろう(笑)
●昼に点滴(ブレドニン)一時間ほど。
●旅行に行きたい。温泉かな。高知にも帰りたいな。
●写真は田所草子さん。その昔、天満にあったグースというバーを思い出しました。芝居の稽古帰りにみんなで焼きそばUFO食べながらビール飲んでたなぁ。あのバーまだあるのかなぁ。十年以上前やしなぁ。みんなどっかいっちゃったなぁ。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加