ぱくぱくるんるんぱくぱくるんるん 海外ドラマ & 日々雑記 

                時々、時の旅人。ぱくぱくるんるんのぱくはぱくよんはのぱく。日記兼メモのようなブログ。

消えゆく「Whom」、文法上の誤りとの戦い

2017-06-16 23:15:38 | 私事

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6243578




消えゆく「Whom」、文法上の誤りとの戦い

 ツイッターのユーザーが自分のホームページを開くと、画面の上部にボックスが表示される。その中には、グレーの文字でこう書かれている。「Who to follow(フォローすべき人)」と。(ウォール・ストリート・ジャーナル)
[続きを読む] .


詳しく知る



whomは「口語で使われることはほとんどない」

出典:iKnow! BLOG 2/14(火)
.



whomの意味

出典:英和辞典 Weblio辞書
.




サントリーセサミンを1000円(税抜)で | 愛飲者200万人突破!こだわり品質の人気商品が今ならモニター価格でご提供中
サントリー セサミンEX

Ads by Yahoo! JAPAN


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170616-00012563-wsj-int





消えゆく「Whom」、文法上の誤りとの戦い


6/16(金) 16:18配信

ウォール・ストリート・ジャーナル



 ツイッターのユーザーが自分のホームページを開くと、画面の上部にボックスが表示される。その中には、グレーの文字でこう書かれている。「Who to follow(フォローすべき人)」と。

 この「Who」の使い方は文法的に正しいのか? もちろん、間違っている。

 多数のツイッターユーザーが、青いチェックマークの入った認証済みアカウントを持つ人たちを含め、文法上のこの誤りに不満を表明している。ツイッターの広報担当者ブリエル・ビラブランカ氏によると、社内で検討した結果、これらの「Whom派」は健闘したものの、より自然なリズムが選ばれ、「Who派」が勝利したという。ヘミングウェイの小説「For Whom the Bell Tolls(誰がために鐘は鳴る)の言い回しを借りれば、いわば「The Bell Tolls for ‘Whom’(『Whom』への弔鐘)」だ。

こうした文法に無頓着な行為に納得できない人は少なくない。そういった人の1人が、グーグルのシステムエンジニアのトーマス・シュタイナー氏だ。

独ハンブルク在住・在勤のドイツ人であるシュタイナー氏は、ツイッターの言葉が気にかかると話す。「(英語の)ネイティブスピーカーでない私は、この言葉を学ぶのに多大な努力をする。英語をもっと分かっていてしかるべき人たちが、よく分かっていないのだ」

 同氏は空き時間を使い、「who」を自動で「whom」に直す無償のプラグインプログラムを作成した。このプログラムのユーザーの1人は、「彼(シュタイナー氏)がインターネットを直した」と叫んだ。

 シュタイナー氏は、英国の脚本家ジェームズ・T・ハーディング氏に共感している。ハーディング氏は10代の頃、ミュージックビデオを見ては、歌詞の中のwhoをwhomを直していたものだった。彼が「Grand Order of the Whomic Empire」という仮想グループを設立したのは、この頃だ。ハーディング氏は、訪問数の少ないフェイスブックのグループ「Whom Appreciation Society(Whom評価協会)」を運営している。

 どんな場合に「whom」を使うのが適切なのか。その語が前置詞ないし動詞の目的語になるときだ。その一例がヘミングウェイの小説のタイトル「For Whom the Bell Tolls(誰がために鐘は鳴る)」というわけだ。その語が文あるいは節の主語の役割を担うときは「who」を選ぶ。

 言語に関する本を何冊か執筆しているデラウェア大学のベン・ヤゴダ教授(英語学・ジャーナリズム)は、こういった問題を気にかけている。だが、使うべきところで100%、必ずwhomを使うべきだとまでは主張していない。冒頭のツイッターの言い回しについては、「『whom to follow』にするとあまりにも堅苦しくなって具合が悪い。ソーシャルメディアは感嘆符やなにやであふれているからだ」と話す。

 作家のカルバン・トリリン氏はさらに踏み込んで、こう主張する。「個人的な意見だが、『whom』という言葉が考案されたのは、あらゆる人が堅苦しい執事みたいに聞こえるようにするためだ」

 考えてみよう。英国のバンドの名前が「The Who」ではなく、「The Whom」だったら、その音楽を聴きたいと思うだろうか。同じように、映画「ゴーストバスターズ」の有名な主題曲の歌詞「Who ya gonna call?」が「Whom ya gonna call?」だったら、そして、ボ・ディドリーの有名な曲「Who Do You Love」が「Whom Do You Love」だったら、果たしてヒットしていただろうか。

 脚本家のハーディング氏さえ、実際の人々の話し方については、譲歩の姿勢をみせている。その例外は、同氏の脚本に繰り返し出てくる1224歳の吸血鬼だ。「彼女は『whom』を使うのが適切なときはそれを使う。彼女は古風なキャラクターだからだ」

 この寛容タイプの対極にいるのが、英国のテレビドラマ「Doctor Who」をもじった「Doctor Whom」だ。これは、アダム・ロバーツ氏が生み出した「文法的に正しいタイムロード(主人公の宇宙人種族名)。同氏はロンドン大学ロイヤル・ホロウェイ校の教授(19世紀文学)を務めるかたわら、SF作品を多く発表している。

 Doctor Whomの表紙のサブタイトルには「パロディ化に徹底して立ち向かう」とある。リン・トラス氏の文法に関するベストセラー、「Eats, Shoots & Leaves(パンクなパンダのパンクチュエーション―無敵の英語句読法ガイド―)」のサブタイトルである「句読点の間違いに徹底して立ち向かう」にちなんだものだ(訳注=Panda Eats, Shoots & Leaves は「パンダは食い、銃を撃ち、そして立ち去る」となるが、読点を取り除けば「パンダは新芽(shoots)と葉(leaves)を食べる」という意味になる)。ロバーツ氏のDoctor Whomはというと、タイムトラベルをしながら、文法やその他の間違いを直していく。

 ロバーツ氏は、「私は軽い気持ちで文法の細かいダメ出しをしている。文法的なナチス主義者であることと、ナチス主義者そのものは違う」と話す。同氏は適切なときに「whom」を使い続けており、他の人たちにもそうするよう促している。「ちょっとした上品さが漂うから」だという。
.
By Spencer Jakab


【関連記事】
増える単数形の「They」
絵文字に「男性人魚」、ジェンダーレス化に対応
フィンランドのすべてが分かる4つの絵文字
「適正英語」というものは存在しない
言葉の壁は崩壊寸前-翻訳ツールが切り開く未来








最終更新:6/16(金) 18:11
ウォール・ストリート・ジャーナル
.




婚活はTie the Knotwww.ibjapan.com(安心のIBJ加盟店)会員数5万人から素敵な相手を見つけます!資料請求コチラ

お金がない…どうしよう、不安。cp-guide.comバイト・パートでも素早く手堅く作れてコンビニで使えるカード試しました?提携
Ads by Yahoo! JAPAN





















ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4年前記事6月16日はヨンハ... | トップ | 中居正広、阿部寛抜き男優1位... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。