すーさん

「すーさん」の魚釣り日記です。
日帰り温泉の入湯や麺類の食べ歩き日記等もゆっくりとご覧ください。

ソウルヌードルオブ宮津 宮津カレー焼きそば

2017-06-08 | グルメ

京都府宮津市の「宮津カレー焼きそば会」が企画する町起こしのソウルフードを一気に紹介します。

①酒房 たむら(宮津市新浜1983)

店内はスナック風で扇形のカウンターに大テーブルがある。 小柄な大将が作るカレー焼きそばは、スパイシーかつシンプルで、具には豚肉、玉葱、人参、キャベツが入り、ビールにベストマッチ。 手羽唐揚げも人気とか・・・。

平29.4.19 訪問

「カレー焼きそば500円」がコチラ・・・↓



②お好み焼 だいせん(宮津市魚屋981)

平28.8.9訪問

何とも昭和レトロ感漂う建物に驚き

入口左手のショーケースも渋い

お品書きは何と手書きではないか

舞鶴海上保安庁の「だいせん号」の写真が店内に

「カレー焼きそば600円+特大(2玉)100円」はコスパ抜群・・・↓

ドライ系の焼きそばが鉄板のどんと乗る

キャベツや豚肉のボリュームもかなりのもの

極めつけは、3人前ほどある「だいせん特製スペシャル1800円」に圧巻

 

③カフェ・レスト 絵梨奈 (宮津市字万年1015-1)

平28.7.29訪問

まずは、定番のオムライスから・・・↓

 

平28.9.14再訪問

店内の様子がコチラで・・・↓

カウンター8席と4人掛けテーブルが3卓と奥に10人ほど入れる個室がある。

早速、「カレー焼きそばドライ700円」から実食・・・↓

豚肉、玉葱、キャベツ、ピーマンに福神漬けが乗ったドライ焼きそばは、実にスパイシーでこくがあってビールに良く合う一品

続いては、「カレー焼きそばウェット700円」がコチラで・・・↓

基本的には、ドライと同じ具と味付けで、スープで延ばしているのがウェットと店主の弁。

一口で言うと、ドライよりマイルドな味わいか

残ったスープには、ライスを入れて、余すことなく頂くのが、本場宮津風とか・・・↓

いずれも甲乙付けがたく、お昼ならウェット+ご飯、夜ならドライ+ビールと言ったところか

平29.4.26 訪問

スペシャル裏メニューの「ふわふわオムチャーハン大1,000円」がコチラ・・・↓ つい最近テレビの取材で、高木美保さんと田中美奈子さんが、カレー焼きそばを食べに来ていたとか・・・↓

「いつ拝見しても、お美しいお二人でした」と店主奥様のお話・・・。

平29.5.10 訪問 平29.5.15 訪問 15日は宮津祭 平29.6.8 訪問 オムチャーハン780円を実食

 

④お食事処 糸仲(宮津市鶴賀2061)

平28.7.28~実食

国道沿いに古くからある食堂で、メニューも沢山有り、お昼はひっきりなしに客が訪れる。

「カレー焼きそば600円+定食200円」を注文・・・↓

アップ写真がコチラで・・・↓

普通の焼きそばにカレーパウダーを振りかけたシンプルな味わいは、万人受けすること必至。こちらのシンプルな塩焼きそばも人気・・・↓

焼きうどん醤油味も美味・・・↓

ホルモン焼きも中々の逸品

 

⑤コーヒーハウス 越路(宮津市鶴賀2054)

平28.7.26実食

町の中心地に古くからあるこの喫茶店は、モーニングやランチ目当ての常連地元客が訪れる。

早速、「カレー焼きそば700円」を注文・・・↓

焼きそばの上にカレーペストを乗せた感じで、ボリュームはやや少な目。お味噌汁とバナナが付く。

アップ写真がコチラ・・・↓

 

⑥ログハウス パステル(宮津市獅子崎853)

平28.9.2訪問

名前の通り、ログハウスの店内は、絵画で溢れている。

店主と思われる男性1名で切り盛りしている。

「カレー焼きそば750円」を実食・・・↓

彩り豊かなカレー焼きそばには、キャベツ、タマネギ、豚肉と三色のパプリカのほか、じゃがいものスライスが特徴的

 

⑦瑞松苑(宮津市国分10)

平28.8.23実食

瑞松苑は、松井物産が経営する「橋立海産センター」で、食堂は1階右手にある。

まず、入口には看板が・・・↓

食堂入口がコチラで・・・↓

「カレー焼きそば800円」がコチラ・・・↓

つゆだくでスパイシーなカレー焼きそばには、玉葱、ピーマン、白髪葱のほかに小さい鶏の唐揚げがトッピングされており、これまた絶妙なお味

 

⑧藤木食堂(宮津市万年895-9)

平28.8.9実食

街中から少し外れた場所に位置するこの食堂は、地元客同士の会話が多いのが特長的

店内左奥には数多くの掛け時計が・・・↓

壁に掲げられたメニューも渋く

一押しの「カレー入り焼そば650円」が、コチラ・・・↓

胡瓜のぬか漬けが、いい感じ

汁だくのカレー焼きそばには、豚肉、人参、玉葱、ピーマンが入り、色合い抜群

残った汁には、「小ライス150円」を入れて、カレー雑炊風にして食べ尽くすのが通とか・・・↓

「肉うどん550円」には人参の代りに蒲鉾が入る・・・↓

さっぱりとした味わいでこちらも中々の逸品

 

⑨中国料理 豚珍館(宮津市新浜1951-4)

平28.7.14、28.7.15、28.8.9、28.10.4、28.10.17、29.1.16、29.2.24、29.3.25、29.4.16実食

先ずは、定番の「スパイシーカレー焼きそば800円+大(麺1.5玉)100円」から

つゆだくの「焼きそば750円+特盛(麺2玉)200円」がコチラ・・・↓

スパイシーなつゆだくでボリュームたっぷり

賽の目に切られたチャーシューがアクセントになり旨い

少しマイルドで汁だく野菜たっぷりの「カレー焼きそば」がコチラ・・・↓

やはり、このお店は中国料理店なので、「餃子280円」が

イチオシ・・・↓

チャーシューの天婦羅も超オススメ・・・↓

海老マヨもいけるし、

イワシの天婦羅は、塩山椒でどうぞ

たまたま出して戴いた、突き出しの松前漬け 軟骨唐揚げ

裏メニューの「スパイシーカレー焼きそばロコモコ風」はコチラ・・・↓

 

⑩ 丹後酒場 香(宮津市新浜1983番地)

メニューにはないが、特別に作って頂いた「カレー焼きそば大」がコチラ・・・↓

平28. 12.9に食べた「マンボウ」の腸 「マンボウ」の干物2種類 平29.1.31に食べた裏メニューの「明太子そばめし」がコチラ・・・↓

平29.6.6訪問時の野菜炒め ママ特製の丹後ばら寿司450円 平29.6.8訪問時の海老天婦羅 空豆、玉葱がサービスで、粉末昆布茶でいただいた 勿論、「明太そばめし大」も・・・↓ コチラは初めて食べた鶏皮ポン酢

 

⑪どさん娘 宮津店(宮津市字鶴賀2051)

平29.2.13訪問

こちらは、カレー焼きそばではないが「カレーラーメン600円」に生卵トッピング

⑫中華料理 民民(宮津市京街道203-2)

平29.3.9訪問

店内はカウンター6席に4人掛け座卓が2卓

ウェットタイプの「カレー焼きそば600円」を注文した ・・・↓

注文しても返事をしない堅物そうな店主1人で切り盛りしているが、カレー焼きそばには 、もやし、人参、玉葱などのシンプルな具材が入り、秘伝のカレーソースに柔らかい麺が特徴的の唸る味わいであった・・・。

最後にメニューがコチラ

 

ジャンル:
モブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長浜ラーメン 長浜一番 3 | トップ | 九州らーめん 亀王 梅田総本店 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ロシアン)
2017-02-16 13:00:10
実食済の🐷豚珍館に一票❣️
豚珍館 (すーさん)
2017-02-16 22:16:05
また、行こうね🐷

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL