人生中間地点。

バイク・カメラ・登山・自転車をメインに、
個人的な趣味や日常を日記風に記録。

2017年初 CBR954RRに乗る。

2017-02-13 | バイク
最近、仕事が忙しく、
休みの日は朝10時くらいまで
フトンの中でグダグダしていることが多い。

そして(バイク)当日の朝も、
フトンの中で行こうか行くまいか迷っていた。


支度は前日の夜にしておいた。

バッテリーチャージ、
ヘルメットのシールドの曇り止め、
ウエアの選別...。

でも中間着の選択に納得がいっておらずで...。

それは裏ボアのパーカー。
保温性もありタイトな造りのため
着膨れするのも防いでくれる良い代物なのだが、
アウターにコブつきのレザージャケットを着るため
ライデイングポジション上、コブとフードが干渉し合い、
前傾姿勢になった場合、その2つがヘルメットを押してきて
正面上部が見にくくなるのだ(笑)。

と、そんなことが気になり、
いく気度数が25%下がっていたのだ。

「しゃーない。ジーピーカンパニーで行こうか...」

去年の10月に購入し、ツーリングではまだ一度も使用していない
秘密兵器的なジャケットである(笑)。

使用しなかった理油は、ただ単にツーリングに行けていないからだが、
「しゃーない」とはどういう意味か。
悪い意味ではない。
このジャケットは『暖冬』を着用時期と考えていたため
『厳冬』での使用は考えていなかったのだ。
しかも、タイトな作りゆえ、裏ボアのパーカーは着込め無い...。
一応、キルティングインナーが付いてはいるが安心できず、
今回も『極暖』に頼ることにした。

そしていよいよ
『極暖』+『トレーナー』+『ジーピーカンパニー』の布陣で、
(ちなみにパンツは、『裏起毛ジーンズ』+『オーバーパンツ』だ)
寒波襲来中のお山方面へ、レッツラ ゴ〜である。

(ここまでが出発するまでのお話である(汗))

--

出発時の気温は13℃。
バッテリーチャージの甲斐もあり、エンジンも一発でお目覚め。
今日も、前回M師と行った慣らしツーリングと同じコースを行く。

走り出して数分、首がスースーするのに気がついた。

「ヤバッ!! ネックウォーマーをしてねーやん!!」

だが、スタートが遅かったため、取りには戻らずそのまま進む。
そう、今日はキグレ大サーカスの日曜日最終公演。
チビらを連れていく約束をしているのだ。





そんな先を急ぐツーリングではあるが、写真はパシャる。






毎回思うのだが、
954は楽しいバイクだ。

ストレスの無い加速に、車重の軽さ。
そして何と言っても、そのデザイン!!
日頃あまり乗れ無いが、乗れた時の喜びは変え難いものがある。









ところで、四月に延期になった浜田省吾のコンサートに
車で行こうと思っていたのだが、
954で行くのも悪く無いかと考えている。

慣れ無い道、しかも都会の道路を大型バイクで行くのは気がひけるのだが
ほとんどが高速道路だし、荷物お少ないし...。
ただ、ナップスでお買い物もしたいので
直前で決めるとしようか。





途中に寄った道の駅には『足湯』も。
さすがにブーツを脱いで、靴下脱いで、二重に吐いたズボンをめくって、、、が、
メンドくさいので見てるだけ。



甘酒。
もちろんノンアルだ。
冷え切った体を温めるのは、甘酒がいちばん!!
って、甘すぎ!!
砂糖多すぎだって、おばちゃん!!(笑)



後でわかったことだが、
M師もN師もこの日走ってたみたいで、
次回はご一緒させてくださいな。

それでは『キグレ』に言ってくるとしよう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  | トップ | ニーウォーマー »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れ〜 (azemichi12)
2017-02-15 12:31:56
あのルートは中々いい感じやろ〜^_^時間あれば色々寄れるし〜

早く慣らし終わらせてツーリング行きてーなー>_<
うぃ〜す!! (烈風魂の主)
2017-02-15 19:02:05
ちらっと走りてーときに良いカンジのルートやな!!
前半がプチワインディングで、後半は撮影&休憩スポットありやし。
次行く時は『石橋(小さい橋)』で写真撮りて〜な〜。

時間があって、雪がなければ、
産山ー三愛ー長者原ー湯布院ー別府のコースもありやな。
のんびり走っても5〜6時間ちゅーところやし。

コメントを投稿

バイク」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。