人生中間地点。

バイク・カメラ・登山・自転車をメインに、
個人的な趣味や日常を日記風に記録。

プロテクター入りのメッシュパンツ

2017-04-21 | バイク
今さらだが...
初めて、プロテクター入りのメッシュパンツをGETしてみた。

「じゃー今まで、暑っついズボン履いとったんかい?」
「ひょっとして、カネ無いんかい?」

という疑問の声が、聞こえたり聞こえなかったりするが、
おおむね当たっている...。

今までは、レザーパンツかジーンズ。
基本、それでよかった。
ジーンズは手軽だし、レザーは防寒と安全性に優れているし...。

ただほら、TPOがね...。(というか、見た目と安全性の両立がね...)

「見た目より『ウデ』磨けや!!」
なんて声もチラホラしそうだが、
所詮バイクなんて大人の玩具。
格好良さ+安全性重視なわけで、『わがまま主義』なのである。(ウソ)

ということで新調したのがコレ。





RSタイチのメッシュパンツ。

「『見た目至上主義』なんか言っといてコレでっか?」
と言われそうだが、しばし。

オシャレと言っても人それぞれ。
安全に至ってはキリがない。
そしてそれらは・・・・・自己満の世界。(キリッ)
だから、ツーリングで
全身「肌色」のツナギを着ていようが、
M.ジャクソンのグローブをしていようが、
ターバンを巻いていようが
モーマンタイなのである。(ダメか....)
そして全てが『自己満』という言葉で許されてしまうさ。

で、『新調』と言っておきながら
メルカリで中古品を買ったわけ...(汗)
懐事情は切迫している。

--

届いてすぐにフィッティング。







お腹が出てきた私の体型にはピッタリのMBサイズ。
(比較的ローアングルから撮ったのだが....短い脚はどうにもならないな...)

全体がシースルーというものではないので
“ハダカ”の開放感は得られないだろうが、
炎の剣の“火鉢”を思うと、これくらいのメッシュが限界のような気がする...(汗)。

履き心地はよい。
裾丈は長めだがライデイングポジションでは丁度良さそうである。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

2ヶ月ぶり。

2017-04-17 | バイク
でかい方に乗るのは今年の2月以来か、、、
今回は走る気マンマンで、
前日からのバッテリーチャージや洗車と準備も万端。
もう少し気温が上がっていれば
先日購入したメッシュジャケットを試すはずだったのだが、、、
また次回のお楽しみとした。

この日もいつもの200kmコースを行く。

途中の道の駅で朝食兼昼食をとっていると
一人のおじさんが話しかけてきた。
「さっき後ろを走ってた方でしょ?」
そういえば、ここに着くまでに
前を黒い250ccが走っていたなと思い
「そうです」と答えると、
「やっぱり。一緒にいいですか?」と、
途中で買ったとおぼしきおにぎりの入ったビニール袋を
テーブルの上に置き私の前に座った。

「お歳は?」と聞かれ、答えると、
「私は64歳(?)になります」と言っていた。
ライダースジャケットを着込み颯爽と走っていたのを思い出すと
そんな歳には見えないくらい若々しく、
話の受け答えなんかもしっかりしていて....
自分の中の60代のイメージが少し変わったような気がした。

そこからツーリングの話しや装備、ウエアの話をひとしきりし、
いつも一人で走っているということだったので
たまには一緒にと思ったが、こちらも約2ヶ月ぶりのCBR。
約束したところで、守れる自信がなく。
喉元まで出てきた言葉を飲み込んでしまった(汗)。

その方と別れを告げ産山へ。



一人で立ち寄るには勇気がいる『三愛レストラン』は素通りし、
いつもコーヒー休憩をする長者原の『cafa キスミレ』でブレイク。

野外のテーブルに席をとると、隣に座っていたおじさんから
「おたくのあのバイクはホンダですか?」と話しかけられた。
「はい」と答えると、
「何ccですか?」と聞かれたので
「954ccです」と答えると「ほぉ〜」と頷いていた。
そこからまたバイクの話に花が咲き...
最後は「ゆっくり安全運転で帰りなよ」と
車で出て行く際にクラクションで挨拶しながら帰って行った。
この方もいつもはバイクに乗っているらしく、
5台だったかのバイクを所有。
そのほとんどが旧車らしい。
そうそう、歳は63歳。

60代は元気だな。



湯布院の道の駅でトイレ休憩。

今日はバイク日和だと思うのだが、
思ったほどのバイクと遭遇していない。
この道の駅でも居たのは6台。
連休に合わせてツーリングを控えているのだろうか。



休憩に時間がとられた結果、帰りが予定より1時間30分ほど遅れたが
この日も無事に帰り着いたので結果オーライ。
やはりバンバン飛ばすより自分のペースで走る方が楽しいな。







コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

プロテクター入りのメッシュジャケット

2017-04-14 | バイク
今さらだが...
初めて、プロテクター入りのメッシュジャケットをGETしてみた。

「じゃー今まで、暑い時期でも冬用着てはったん?」
「もしかして、ビンボーなん?」

という疑問の声が、聞こえたり聞こえなかったりするが、
あながちはずれてはいない...。

今までは、ノープロテクターのペラッペラのモノを羽織っていた。
コケなければそれでもよい。
ハダカと同じくらい風を感じるし、
適度にUVカットもするし...。

ただほら、見た目がね...。(チープというか...)

「見た目なんて!!」
なんて声もチラホラしそうだが、
所詮バイクなんて趣味のもの。(私にとって)
格好良さ重視なわけで、『見た目至上主義』なのである。(なんてね)

ということで新調したのがコレ。







RSタイチのメッシュジャケット。

「『見た目至上主義』なんか言っといてコレかよ!!」
と言われそうだが、まぁ落ちつて。

オシャレと言っても人それぞれ。
私の美的感覚がどうであれ、そこは『趣味』のもの。自己満の世界である。
だから、ツーリングで
龍の刺繍が入ったツナギを着ていようが、
スパンコールのジャケットを着ていようが、
ジーン・シモンズのレプリカブーツを履いていようが
モーマンタイなのである。
そして全てが『自己満』という言葉で許されてしまうのであるのよ。

で、『新調』と言っておきながら
ヤフオクで中古品を買ったわけ...(汗)
懐事情は切実である。

--

届いてすぐにフィッティング。







お腹が出てきた私の体型にはピッタリのLサイズ。
(次回はもう少し足長に見えるよう、ローアングルから撮ることを、キャメラマンに言っておこう)

今までは、ペラッペラしか着たことがなかったので、
外生地と内生地の二重構造やら、
プロテクターのフィット感、
適度なホールド感に驚く。
そして何より着心地が良いではないか。



実はこのジャケットを買う前に、大きな出費をしてしまい、
春だというのに、懐(ふところ)がシベリア並に寒かったので
別に狙っていた訳でもない『RSタイチ』にしてみた(本当はHYODがよかった...)
ただ、ある意味妥協ではなく、「身の丈」ということになるのだろうし、
払った金額以上に良いものだったので、満足度は高い。

ツーリング以外、通勤でも使用する予定なので
これからの季節、活躍するに違いない。



コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

Enjoy Honda 2017 HSR九州

2017-04-05 | バイク


先日『Enjoy Honda 2017 HSR九州』で熊本に行ってきた。

毎年訪れるこのイベント、高確率で雨に祟られるのだが、
今年は通り雨程度ですんだので、全エリアをまわることができた。

しかし楽しみにしていたRC213Vのレプソルカーは走らず、、、
RC213V‐Sがランデブーするものに代わっていた。






会場には、バイクや車の展示、各社のブースが軒を連ね
人気のブースには長蛇の列ができ、
中でも、NSXの試乗には大勢が並んでいた。







で今回、私が見たかったのが、新型『CBR250RR』。
海外では発売され、4月だったか6月だったかに
日本でも発売される(と聞いた)。







本物を見た印象は、「カッコイイけど華奢」って感じ。
250ccなんで、そりゃそうだろう。
ただ雑誌やネットで見ていたよりも、迫力というか、存在感というか...
やっぱり大排気量のバイクに乗っていると、その辺が....。
デザインも良いし、性能も良いので
良い年になった自分には大型よりコチラの方が合ってはいると思うのだが...。
2〜3年後くらいに考えるかな。

発売前のバイクも展示。






他にも....

SF14が走ったり、



McLaren-Honda MP4-31に乗って写真が撮れたり、



RC213Vで、ヒジヒザ擦りの撮影ができたり、1日居ても飽きないイベントなのだ。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

持病発生。

2017-03-21 | バイク
バイク乗りにとって、良い季節になってきました。

そんな折、持病発生です...(汗)。

今回は、シェルパ乗りには避けて通れないド定番、
シリンダヘッドカバーのオイル漏れだ。



この前は、イグニッションキーが回らなくなり....
その前は、雨の日のエンスト...
それに...
エンジン始動の難....
シートのすべり....
マフラーのくすぶり!?...etc。

なかなか個性の強いバイクです(笑)。


今回のは、ガスケットと液状ガスケット、対策済みボルト&ナット?などで直せるのだが、
トルクレンチを持っていない為、バイク屋に頼めば工賃も追加となる。
野生の感でできなくもないが、任せた方が無難だろう。

最近、仕事が忙しいので
バイク屋に持っていけるときが来るまで
騙し騙し乗るとしようか。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加