大陸旅遊倶楽部的日記

三国志・水滸伝・史記の旅と中国茶のほかモロモロ…

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

関林2016~②儀門と大殿

2017年01月04日 | 三国志・水滸伝・史記の旅

昔は「関林」、現在は「関林廟」と改名(?)した関林の入場料は
40元(約640円)。
30年前は2角(0.2元/当時約12円)だったから、何と!200倍!!!

以前は山門脇で入場券を売っていたが、現在は広場に入る前に
「入場券売場」が新設されている。
我々のような三国志ファンは必ず訪れるのだから、
ここも龍門石窟に並ぶドル箱(死語?)なのね~。 


▲儀門(ぎもん)  …門前にはためく三角の赤いビニールの旗は
 景観を損ねている気がする


▲大殿▼ …やっぱり赤旗はいらない…


▲変わらないのは大殿脇に置かれた、偃月刀のみなのか
 …錆に磨きがかかった気がする

『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 関林2016~①山門と戯楼 | トップ | 関林2016~③大殿の関羽像 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL