大陸旅遊倶楽部的日記

三国志・水滸伝・史記の旅と中国茶のほかモロモロ…

洛陽龍門石窟その①~龍門石窟景区游客中心

2016年10月09日 | 中国の旅

洛陽の主な観光地は市街の南と東にある。
以下地図で洛陽に流れる二つの川は上が洛河(らくが)、下を伊河(いが)といい
昔は洛河の北側が栄えていて南側は畑ばっかりだった。

現在は南側にも高いビルが林立していて、市街地が広がった模様。
畑の中にあった関林はどうなったのだろうか…。 

 

今回は南側の龍門石窟、関林と東の白馬寺を回る。
高速鉄道の洛陽龍門駅は関林より南にあるので、龍門石窟にかなり近い。
百度地図で見ると龍門駅から龍門石窟まで、バスで50分、タクシーで15分。

龍門駅に到着後、手荷物預所にバックパックを預けてタクシーで龍門石窟へ。
龍門大道を南下したタクシーは何故か伊河を渡った。
龍門石窟は西岸だから伊河を渡る必要はない。

伊河の東岸にも地味な石窟はあったが、観光地として整備されていなかった。
東岸の観光地といえば、白園の白居易(白楽天)墓位。

……いったい何処へ連れていかれるのか?

着いた先は龍門石窟景区の旅客センターで、言うなれば入場券販売所。
人気のない入口を入って階段を下ると、観光客でごった返していた。 

龍門石窟景区の入場料は、驚いたことに一人100元(約1600円)。
1986年当時は人民料金2角(約12円)、外人料金3元(約180円)。
年年歳歳入場料は上がっていたが、ここ最近の上がり方は尋常でない気がする。
中国人全てが高給取りになったわけでは無かろうに…。

世界遺産になった為か龍門石窟は景区として拡大され、かなり手前に旅客センターを
設置されていた。
旅客センターから石窟までは歩けない距離ではないが、結構遠いので専用のカートで
移動する仕組みになっている。カートの乗車賃は10元(約160円)。
旅客センターの出口脇で切符を買い、カートの乗車列に並ぶ。
乗車口では購入できないので注意が必要。

『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鄭州経由で洛陽龍門 | トップ | 洛陽龍門石窟その②~龍門石窟... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL