人口密集

2017-05-16 | 日記

間が空きすぎ&自分のブログをよく見ていないので、オリンピックやめちまえというような内容を2回立て続けに書いたような感じになっていて少し笑った。

テロや予算の観点からオリンピックやめちまえよ、という記事を書いたが、それはまぁ1つの側面。

もう1つの側面としては、実際はほんともうこれ以上、「外国人にホイホイ東京へ来て欲しくない」という思いがある。

ラッシュ時にデカイ荷物持って乗り込んでくる外国人を見るたびに、やれやれと思う。

3分電車が遅れただけでホームから人が落ちんばかりに溢れるのですよ。我々はウンコと同じ。1回いっかい溜まったら流さないと、もう流れなくなる。

東京住みで電車通勤の日本人はけっこう大変のです。適度な人口密度が保たれている国には到底理解できないだろうが、我々は賢くないので。行き詰まった街づくりシュミレーションゲーム状態なのですよ。これこそ空気読んでね、という表現が当てはまる。

しかし、この理論はクレーマー理論である。弱者の理論。別に東京へ観光に訪れるのは自由である。違法でもなんでもない。

アホな受動喫煙どうのとか、パチンコやってる人がどっかのミサイル作ってるだの喚く、弱者の理論である。いろいな意味で弱い人ね。そんな事言い出したらキリがない。自分が生まれてきて今まで、ただの1つも他人に迷惑かけていません!と宣言できる人ならまぁ文句言う資格あるけれど。とにかく自分の不遇を誰かの所為にして優位に立っていないと不安で不安で自分を保てない人たちのこと。


この場合、訪れる事が違法でもなんでもない東京に外国人が訪れることを良く思えない。何故なら人口が過密し過ぎてあらゆるストレスが半端でないから。私は主に新宿ー渋谷という行動パターンだが、私は絶えず誰かの歩行ペースを乱し、私は絶えず誰かに歩行ペースを乱される。

道を歩けば、今そこでスマホしないと死ぬの?て聞きたくなるようなのが目の前をチンタラ歩いてて、それを追い抜いたと思えば、今どうしても横に並んで話していないと死んじゃうの?て聞きたくなるようなのが横に並んで道を塞ぐ。この繰り返し。

人の歩行ペースなんてそれぞれだから、遅いことに文句をつける気はしない(スマホ依存除く)、ただ縦に並んでくれる?その道幅に応じて。いくらでも広いならいいけど、二人しか歩けないような道を二人で横に並んで歩くって、オールドタイプとしか思えない。戦争映画なら真っ先に死ぬタイプの鈍感さ。

あれ、傘の先を後ろに向けてるのと同じ、なんにも周りが見えてない、なんにも周りを気にしない人と同じ。

どこかの誰かが原因の電車遅延に週4のペースで巻きこまれ、その度にさほど重要でもない荷物のように車内に押し込まれ、時にはその状態で駅と駅の間で止まったり。見ず知らずの人間同士がこんなに密着すること自体が既に異常。冤罪にせよ故意にせよ痴漢がなくならないわけである。私は身長だけは高く、リーチがあるのでそういう状況では必ず両手を伸ばして何かに掴まることができるが、それができない男性は気の毒で仕方ない。望んでもいない寿司詰め状態に追いやられ、そのうえ動かしようのない手を常に女性に触れないように気を付けビクビクしてるなんて完全に異様である。最近よく聞く言葉で言えば、これこそ人権侵害である。故意で痴漢するどうしようもない部類の人間がいるのも事実ではあるが。私は通勤ラッシュを味合うようになって20年経つが、とにかくダサかろうがなんだろうが、カバンは絶対にたすき掛けできるモノを選ぶ。なるべく小さいやつ。電車の中で手を下にしなければならない状況は絶対に避けるべきである。

話が完全にそれたが、利用客で原因の遅延でJRを責めるのは弱者。別にJRを擁護する気は毛頭ないのだが、少なくとも利用客が原因での遅延については、JR死ねだのなんだの言うべきではないと思う。それでも通勤ラッシュを避けるべく早起きして家を出ているにも関わらず、頻繁にそんな目に合うと自分の心がけひとつなのだと思い直すも、やはりストレスを感じるわけである。

なぜこんなにも東京近郊だけに人が増えてしまうのか。日本の人口は減っているのに。

次回はそのことを考えたいと思います。












ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オリンピックやめちまえよ | トップ | 古館って奴ぁ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。