山形建築研究所 休憩室

ここは、山形建築研究所の休憩室です。ちょっとひと休みしていきませんか?玄関口ではなく勝手口からお気軽にどうぞ!

砂利地業

2017年06月15日 | 鶴田の家_2017
先週<四方祓い>をして丁張りをかけた<鶴田の家_2017>は今日から地業(じぎょう)工事が始まりました。掘削・床付け・砂利地業といった工事。
地盤を掘って(掘削)、掘ったところを平らにならして(床付け)、そして砂利を敷きならして転圧(砂利地業)
地耐力を確保するために砕石(細かく砕いた石)を敷き均してランマ―と呼ばれる転圧する機械を使って地盤を締め固める作業です。

現場には油圧ショベル<バックホー>が再び登場! <バックホー>はヤンマーの商品名  GR DIGITAL Ⅳ
掘削工事などに使う重機を<ユンボ>と云いますが、名前の由来は、日本に輸入された、フランスのシカム社の油圧ショベルの名前。

掘削工事といえば『決められた深さまで掘ればいいんでしょ・・・』と
でも地盤面の確認、想定していた地盤との照合確認が重要。そして不用意に地盤面を荒らさないように掘削出来ているか?なんてことも重要なこと。
そんなふうにして工事は進んでいくのでした。


-山形建築研究所-ウエブサイト







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サマーカット | トップ | 家中のすまい »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。