山形建築研究所 休憩室

ここは、山形建築研究所の休憩室です。ちょっとひと休みしていきませんか?玄関口ではなく勝手口からお気軽にどうぞ!

お伊勢参り 続編

2016年10月19日 | 休暇
江戸時代には<男は一生に一度はお伊勢参り、死ぬまでに一度は行くべきと・・・>云われたお伊勢参り続編です。


鳥羽駅から伊勢市駅へ、改札を抜け見てくるのは鳥居。駅をスタートしてまず一礼。参拝前にはお清めをし、鳥居をくぐるまえに一礼すること。帰りも同様とのこと。

伊勢神宮は太陽を神格化した天照大御神を祀る皇大神宮と衣食住の守り神である豊受大御神を祀る豊受大神宮があります。
天照大御神が祀られている皇大神宮を一般的に“内宮”(ないくう)、豊受大神宮は“外宮”(げくう)と云っています。

外宮をまわってから内宮を参拝するのが昔からの習わしとされているそうで、まずは外宮を参拝。二礼二拍手一礼を。

外宮では左側通行、内宮では右側通行、神様が通る真ん中は開けておくのがしきたりだそうですが、参拝者の多さに普段からこんなにいらっしゃるのか?とちょっと驚き。


おなじみの見上げ写真もここでは霊験あらたか。(^^

続いてはバスの乗って内宮へ

鳥居の前で一礼し、宇治橋で五十鈴川を渡ります。


しばらく歩いて御手洗場(みたらしば)へ、 五十鈴川の水で手を洗って身を清めます。 澄んだ清らかな水、その冷たさがしみわたりました。


2013年の式年遷宮で新しくなった御正殿。日本人の大御祖神である天照大御神をお祀りしているので写真撮影はここまで。

で、ここからはオマケ・・・内宮前にある<おかげ横丁
おかげ横丁は伊勢神宮へのおかげ参りブームが起こった江戸から明治期の伊勢路の建築物を移築などで再現した観光スポット。

「お伊勢さんのおかげ」という感謝の気持ちを込めて頂きます。

帰りは鳥羽駅で見た<しまかぜ>にのって

3列配置の本革シートはふんわりとやわらかく上質なソファのように快適で、このまま宇都宮までこの心地好さで帰れたら・・・なんて思いながら。帰路を楽しみました。

ちょっと急ぎ足の旅でしたが、からだも気持ちもリフレッシュできたお伊勢参りの小旅行でした。
また機会があれば、今度は季節を替え、再訪したいと強く感じています。



ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
« お伊勢参り | TOP | 小さい夏 »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL