山形建築研究所 休憩室

ここは、山形建築研究所の休憩室です。ちょっとひと休みしていきませんか?玄関口ではなく勝手口からお気軽にどうぞ!

着工

2016年10月13日 | 仕事
前々回の記事<一緒に食事をすること>でご紹介しましたグループホーム施設が着工しました。(^^
現場では墨出し、そして地盤補強工事を終えて土工事(掘削)が進められています。

写真は境界擁壁に印された<逃げ墨> GR DIGITAL Ⅳ 適宜トリミング。

<墨出し>とは建築現場に実寸の設計図を書く事。建築現場において不可欠な工程です。
設計者が作成した図面を実際の現場に原寸サイズで書いていく作業のことで、施工において重要かつ精密さが求められる作業です。
まず工事に着手する前の更地に建物を立てる基準となる点を示すことから始まり、基礎となるコンクリート上に内部の寸法を書き出す作業、
階段の位置やサッシの出入り口、電気コンセントの位置を書き出す作業など建物が竣工するまで様々です。

<逃げ墨(ニゲズミ)>とは基準より一定の距離を離して平行に出した墨のこと。
「通り芯より○○返り」などと云い<帰り墨(カエリズミ)>とも云ったりもします。そして写真のように芯墨方向に矢印を付けます。


天候が気掛かりだった地鎮祭も雨とはならなかったこの現場。この後も昨日のような『スカッ』と晴れた空が続くようにと、願っています。(^^)v

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
« 一緒に食事をすること 続編 | TOP | <増さんの家>完成見学会 »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL