ガタガタ言うブログ

つれづれなるままに。
創作小説は下のブックマークから。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今ハマってる3大NLカップリング

2013-03-01 21:55:57 | 趣味
1.「ジェイク・ミューラー×シェリー・バーキン」

「バイオハザード6」より。
パパンの血を受け継いだごついジェイクが、ロリロリシェリーちゃんの前では中学生みたいにしどろもどろになるのがいいんですよ!
しかも実はシェリーちゃんのほうが年上という、奇跡のカップル。



2.「アクタベ×さくまさん」

「よんでますよ、アザゼルさん」より。
ムッツリで、悪魔たち(アザゼルさんとかべーやんとか)には容赦なく血の雨を降らせるアクタベ所長が、さくまさんのためにキレるのがイイ。
ここは、ツッコミ役の悪魔がいい味出してる。べーやんかわいいよべーやん。



3.「沖田総悟×神楽」

「銀魂」より。
ケンカップルの代表。ドSコンビ。
ずっと仲良くマジゲンカしててほしい。



ああ、春コミが捗るなぁ……

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コミティア103出ます

2013-01-24 11:40:02 | 執筆
もしかして:あけおめ


新年のご挨拶がまだでした……


皆様あけましておめでとうございます。
最近めっきりブログ書くことが少なくなってしまって、申し訳ないです……
今年もゆるゆると色々書き綴っていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。



最近は「小説家になろう!」での活動がメインになってまして、
連載執筆をちまちまと続けております。
少しずつですが、読んで下さる方も増えてきたように感じてうれしい限りです。

小説家になろう!マイページ
http://mypage.syosetu.com/280186/

格納庫においてあった作品も、一部移管してます。
「芝生の魔女」はなろうのほうが読みやすくなってるかも。




で、唐突ですが、「ちーむ・ゆりあらす」で2月3日にイベント出ます。

【コミティア 103】
  http://www.comitia.co.jp/

 日程:2013年2月3日(日)/11:00~16:00
 場所:有明・東京ビックサイト東5・6ホール
  http://www.bigsight.jp/index.html

  「ちーむ・ゆりあらす」スペースNo 《に29b》 


 
ゆりあらすメンバーの合同本のほかに、個人本も出す予定です。
私も前回のHARUコミ同様、コピー本2冊ほど持っていきます。

創作オンリーのイベントですので、皆様ぜひお越しくださいませ。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

連載始めてます

2012-12-07 16:46:37 | 執筆
ひっそりと、執筆始めてました。


構想だけはずっと前からあって、プロットはだいぶできてたんだけど、書く機会がなかったというか、どうやって書けばいいのか悩んでいたり。

でも「自分の書きたいものを、書きたいように書こう!」と気持ちが強くなってきて、勢いで書き始めました。

やると決めたからには少しでも続けられるようにと、絵師様(十音馬鹿らびまる様)に依頼して、キャラデザインとイメージイラストも書いてもらいました。

イラストで執筆モチベーションをいただき、ちまちまと書き始めて早2ヶ月。
先月から「小説家になろう」で連載はじめました。


「こうせん!」

北陵工業高専三年・鯨井北都。
クラスの紅一点、逆ハー状態のヒロインなのに……超絶イケメン顔ですありがとうございましたorz
でもちょっとヒネくれてるだけで、中身は普通の女子だよ!
GLでもBLでもねえっつってんだろ!

そんな北都が副担任でチートイケメン・諏訪やテンプレ優等生・火狩、謀略家の担任・五嶋、クラスメイトやその他諸々を巻き込み、巻き込まれながら、史上最低とまで言われたこのクラスを救うべく、級長となって日々奮闘します。
コンプレックスだらけだけど、少しずつ恋の花も咲かせるよ!

高専というちょっと変わった学校を舞台にした、青春日常ラブコメ?です。(あらすじより)



ワタシの作品を読んだことがある人なら、ピンとくるかも。
あのお話の「本編」にあたります。


絵師様に連載開始をお知らせしたところ、思いがけず挿絵のプレゼントをいただいてしまいました。
これがもう素晴らしいイラストで……
自分の小説にはもったいないくらいで、本当にうれしい限りです。
小説はともかく(ぇ)、挿絵だけでも皆さん見てくださいな。
第1章1の中ほどに置いてあります。
らびまる様、重ね重ねありがとうございますm(_ _)m


自分の中ではものすごく長い話になっていて、もちろん完結させるつもりですが、時間がかかるかもしれません。

異世界でも転生でも俺TUEEでもない、地味な話かもしれませんが、少しでも楽しんでいただけるよう、そして自分自身楽しみながら書き続けていけたらいいなぁと思っています。

もちろん、皆さんが読んでくれて、お気に入りやポイント、感想なんかくれた日にはうれしくて発狂しちゃうよ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

川原泉大先生

2012-10-22 14:57:21 | 雑記
最近はMixiやFacebookのほうで近況書いちゃってるんで、こっちのほうはめっきり更新しなくなっちゃいました。
スミマセン。
読んでる人はほとんどいないだろうけど。
ワタシの近況が知りたいという奇特な方がおりましたら、mixiのほうまでいらっしゃっていただければ幸いかと思います。


なんか記事更新しないとブログのテンプレートが戻らないらしい……

というわけで小ネタでも一つ。


ワタシが尊敬するマンガ家のひとり、川原泉先生。別名教授。
ぶっちゃけ、歳の差恋愛を書かせたらこの人の右にでる者はいないと思っております。
まあ、少女マンガとしては王道ではないんだけど(汗
恋愛モノなんだけど微妙に恋愛ではないというか、コメディ色が強すぎるんかな。
でもおもしろい。女の子が妙にリアルだったりする。
代表作は「笑う大天使」なんだけど、ワタシのオススメは
「美貌の果実」(文庫版)
「銀のロマンティック…わはは」
「ブレーメンII」

です。

「美貌の果実」には3部作「愚者の楽園」「大地の貴族」「美貌の果実」ってのが収録されててどれもおもしろいんだけど、表題作の「美貌の果実」がやっぱ一番いい。
この作品のカップルはなんと16才差(汗
子持ちバツイチ社長と女子高生の物語でっせ。

「銀のロマンティック…わはは」は恋愛色薄めなんだけど、教授の作品にしてはハッピーエンドとは言いがたい?めずらしい作品。
でも読み応えあり、涙あり笑いありの良作です。

「ブレーメンII」はSFでこれも恋愛色薄めだが、キラ(♀)とナッシュ(♂)のコンビはいろいろと妄想しちゃうよねー。


最近はめっきり寡作になってしまって、数年に1回単行本が出るペースになってしまったけど、教授にはまだまだ頑張ってもらいたいものです。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏のおもひで 2012

2012-08-21 20:23:59 | お出かけ


北海道に帰ってすぐ、地元の夏祭り。
こじんまりとしたもので、娯楽らしい娯楽といえばスマートボールくらいしかないんだけど、それに熱狂的にハマるわが子たち。
息子に至っては二日にわたって入り浸り、ついに常連認定されたw





北海道でもてなし料理といえばバーベキューですよ。
一家に一台バーベキューセット。
帰省中3回やったけど、さすがに3回目は飽きた(汗




北海道のソウル?ストア「セイコーマート」。
オリジナルブランドのコーヒーなんだが、これ某社から訴えられないんだろうか(汗




山道を走っていたらふらりと現れたキタキツネ。
車を怖がることもなく、こちらが止まると「なんかくれ」と寄ってくる営業上手。
だが何もやらん(ぁ
餌付けも触るのも禁止です。




一回は行かないと気がすまない「らーめん山頭火」




久しぶりに会った甥っ子@2歳は、筋金入りの踏切鉄に成長していたw
ダンナがお土産にと撮影してきた京急踏切@品川の動画に釘付け。
ワタシがようつべで踏切動画を見せたため、彼は2歳にして禁断の味を覚えてしまった(ぇ




メロン。1食の単位が違います。
ちなみにお土産屋で売ってるメロンは高いです。高くないと売れないのだそうです。
スーパーで売ってる安いメロンも美味いのにね。




今回初めて「ノロッコ号」という観光列車に乗ってみた。
ワタシは鉄はいってないので、それほどの感慨はナシ(ぁ




近頃アップル社の新OSの壁紙に採用されたとかで、俄然注目され始めてきた美瑛の「青い池」。
昔はこんなものなかったのになぁと思ってたら、災害防止工事の副産物で近年できたものだとか。
偶然出来た水溜りがこんな人気になるとは、誰も思ってなかっただろうなぁ。
この写真はダンナがわざわざリベンジして撮り直しに行ってきた渾身?の作。
この二日前にいったときは、雨降った次の日で、青というよりはエメラルドグリーンだったのよね。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

富良野野菜

2012-07-15 16:53:22 | 雑記


奇しくも?昨日のアド街ック天国の富良野特集で、1位がラベンダーでも北の国からでもなく「富良野野菜」だったわけですが(汗


実家の畑で作ってる夏野菜が大量に届きました。
しかもこれで全部ではないという。

さらには作ってる人間(うちのじじー)はあくまで家庭菜園レベルだから、野菜の大きさが規格外に大きいものばかりorz

こんだけあっても、うちには無類の草食男子がいるので、すごい勢いでなくなっていくのよね……

息子よ、育ち盛りなんだから肉食えや!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リベンジ

2012-06-16 19:28:43 | お出かけ
A long long time ago……(違


あれは12年前、2000年のことでありました。
まだ子どもがいなかった時代、ダンナと二人で香港に旅行に行ったときのこと。
スイーツが美味しい店があると聞き、とある店を訪ねたのでありました。


杏仁豆腐が美味しいというのでそれを期待して行ったのですが、訪ねた時間には杏仁豆腐は出していないといわれてしまった。
仕方なくメニューを見ると、何となくアヤシイ日本語で
「甘い豆腐のシロップがけ フルーツ添え」
というメニューがあるではないですか。
「なんだ、杏仁豆腐あるじゃん」
とワタシたちはこれを迷わず頼みました。

出てきたのは、白いプルプルした豆腐の上にシロップとフルーツが乗ったもの。
これです、これが食べたくてここまで来たのです。
いただきますー、と口に入れる。


「!!!」
「!!!」
「……豆腐」
「……豆腐だね」


そう、それはビックリするほど豆腐──杏仁豆腐ではなく、大豆から作られたあの豆腐の味だったのです。

豆腐の味と、フルーツとシロップの甘い味が口の中いっぱいに……杏仁豆腐を期待して食べたワタシたちのHPを容赦なく削りますorz
残念な想いをしましたが、あのメニューはなんら間違ったことは言っていない。

「甘い豆腐、のシロップがけ」ではなく、「甘い、豆腐のシロップがけ」

だったわけですよ(汗



香港旅行の中で一番強烈に残っていたこのスイーツ。
もう何年も前にこの店が日本に出店したと聞いていました。
あの時はまだ未熟だったがゆえにだまされてしまったワタシたち(ぇ
今は年輪を重ね(ぁ)あの時よりも成長したつもりです。

今なら、いや今こそあの味にもう一度立ち向かうべき時なのではないか!


というわけで、行って参りました日本橋高島屋。



「糖朝 The sweet dynasty」です!


前置きが長かったですね(汗
ここはスイーツが有名ですが、香港麺やお粥、点心などの食事メニューもあります。




海老シューマイ




手前は海老蒸し餃子、奥は焼豚饅。


食事で腹が膨れたところで、いよいよリベンジの時です。
迷わず豆腐、正式名称「豆腐花(トーファ)」を頼みます。



これぞあの時と同じ「甘い豆腐のシロップがけ フルーツ添え」
12年の想いをこめて(オイ)一口。


「…………やっぱり豆腐orz」

12年経っても豆腐は豆腐でしたwww




ダンナが頼んだのは「温かい豆腐花 三種のソース付き」
ダンナも一口食べて一言

「ビックリするほど湯豆腐www」

でもこっちは黒胡麻ソース、杏仁ソース、くるみソースと一緒に食べると比較的美味しかったですよ。


この豆腐花、日本の豆腐が大豆を蒸してからすりつぶすのとは違い、生のまますりつぶして作るんだとか。
スイーツ用の豆腐らしいけど、後味はやっぱりあの豆腐なんだよね……

結果惨敗な気もするけど、逆にスッキリしました。
次行く機会があるかどうかわからないけど、次からはおとなしくオススメの「マンゴープリン」頼むようにしますwww
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

キッザニア東京@休日第2部

2012-06-11 11:37:16 | お出かけ
前回から2ヶ月ほどしか空いてませんが、学校の振替休日が集中してるこの時期に行っておこうと、昨日行ってまいりました。

土曜の2部や月曜(振替休日)の1部2部って手もあったんだけど、1部は朝早く行くのがツライし、2部も9時に終わって帰宅が11時過ぎちゃったりするからね。
比較的?空いてそうな日曜の第2部を選びました。


今回の最大の目標は、期間限定アクティビティ「時計職人」
1週間ほどしかなく、しかも結構立派な時計がお土産にもらえるとかで、あのハイチュウを凌ぐ人気だとか。
でもこれはぜひとも行かねばなるまい!と、朝8時過ぎには出発。
ららぽーと豊洲に着いたのが9時前。
既に10組ほどが、1Fの2部順番ご案内カード(整理券)待ちの列に並んでおりましたorz
さすが期間限定……


9時過ぎに3Fのキッザニア前に移動。
1部2部連続入場する人に優先的に整理券を配り、10時15分くらいからこちらに配布開始であります。

これだけ早くに行ったんだから、Aブロックは確実だろうと。
実際、ワタシの前の人まではAのカード配ってたんです。

しかし!
前の人がまさかの団体さんorz(10人以上)
ワタシの番になってAのカードはしまわれ、「ここからBブロックでーす」orz
1ブロックの数って、グループ数じゃなくて人数で決めてるのね……
とはいっても、入場の時にはAに続いてすぐ入れるので、ほとんど変わりないんですけどね(汗
でも気分的にAブロックに入りたかったよ……
ってか、時計職人は厳しそう……


集合時間の15時過ぎまでは、近くのガスの科学館「がすてなーに」を見学し、月島にもんじゃを食べに行ったりして時間つぶし。



かくして勝負の15時過ぎを迎えました。
1部の人が退場し終わったのが15時半ぎりぎり。
すぐに2部Aブロックの人が入場をはじめます。
ワタシらもそのすぐ後に続いて入場。大体15時38分くらいだったかな?
もちろん時計職人のアクティビティに突進。


間に合った!

すぐに順番カードを渡され、列に並ばされる。
子ども達は5回目の組らしい。
その後6回目の組の子たちが入ったところで募集終了。
15時40分でした(汗



その後の予約作業?がちょっと長かったなー。
早く開放してくれないと他のアクティビティに行けないよーとやきもきしながら見てました(汗
でもオープンの16時前には開放され、時計職人の時間まで子ども達はそれぞれに行きたい所へGO。


息子はまず警察署(IHI)へ。



ここでは警察官となって事件の捜査に携わります。
この回では出版社付近で事件発生?とかで現地に急行、足跡を採取してました。
その後署に戻り、捜査会議w
警察手帳がお土産です。


その次はちょっと時間が空いちゃうけど、やりたかったというお笑い芸人へ。



6名の募集で、二人ずつコンビを組んでやるみたいですね。
カンペをみながらwのライブでしたが、なかなか面白かったです。



ムスメはまずベーカリー(ドンク)へ。



パンをコネコネして、焼きあがったパンをお持ち帰り。
でもそのパンって、自分が捏ねたのじゃないよね?


次はカメラマン(SONY)。



いっちょ前に一眼レフ持って、街の中へ撮影に出かけます。
テーマは「キラキラしたものと英語」だそうで。
集合写真と自分が撮った写真がお土産。


次はすぐに入れそうだった、スポーツクラブ(ルネッサンス)のヒップホップダンスへ。
ムスメには難しかったようで、ヘンな踊りになってたwww
続けて次のチアリーディングにも参加。



これは上手だったよ。
ムスメも楽しそうでした。


ここで二人とも食事休憩を取り、銀行でお金預金してから、いよいよ本命の時計職人へ。



時計の専門家というおじ様のお手伝いの下、細かい部品を四苦八苦しながら組み立てていきます。
小学生以上という年齢制限付きのアクティビティなんだけど、見てた感じ、低学年でも厳しそうだった。
あれほど見ててイライラするものはないw
「オレにやらせろ」と隣でダンナが呟いてたwww
ともあれ、時計は完成。
いいお土産になりました。


これが終わった時点で8時過ぎ。
他のアクティビティは軒並み募集終了。
息子はレンタカーを借りて楽しみ、ムスメは街時計のダンサーに滑り込み。
本日のキッザニアはここで終了となりました。




朝から1日がかりで疲れたけど、Bブロックの前半くらいまでには入れればかなりお仕事が選べるということを学習。
今回は時計職人があったからかもしれないけど、ハイチュウが余裕そうだったもんなー。
あと、日曜2部は全体的に空いてる印象。
30分待ち位のアクティビティが多かった気がします。

さあ、次は何時行けるかなw
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ナイト & デイ/KNIGHT AND DAY

2012-06-01 23:53:34 | 映画




やっぱトムかっこいい!


トムはエージェント役がよく似合うわぁ。
女性に対して基本優しく紳士的、時に乱暴な感じがヒジョーにたまらんwww
創作する上でも理想のキャラだわ。


トムに萌えてるだけじゃダメだなw
ストーリーはジューン(キャメロン・ディアス)が空港で偶然出会い、同じ飛行機に乗り合わせたロイ(トム・クルーズ)にときめいていたら、とんでもない事態に巻き込まれることに。
組織のエージェントだというロイに、振り回されるままに逃避行に付き合わされるジューン。


この映画も「深く考えちゃ負け」な映画。
トムもいいんだけど、終始恋愛モードを貫いていたジューンがすごく可愛かった。
結局、ジューンを突き動かしていたのはロイに対する恋心だもんね。
睡眠薬飲まされたり気絶させられたり、あんだけひどいことされて世界中連れまわされても、最後はロイに会いたいがために自分から危険な場所に突っ込んで行っちゃうw
ラストシーン、ジューンがロイにした仕返しがサイコーでしたb


MIBもそうだけど、あんま難しいこと考えないですむドンパチ映画が好きなんだよね。
ストーリーはシンプルでいい。
自分はキャラ同士の掛け合いが一番見たいんだと改めて痛感。
今回はそれにいい感じのロマンスがプラスされて、萌えを充填できるいい映画でした。


しかしロイ、眠ってるジューンに水着着せるのに「ちょっと見たけど」って……
問題はそこじゃないだろ(汗
絶対触ってるだろ(ぁ
そしてジューンもロイの絶対触ってるwww
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MIB3/メン・イン・ブラック3

2012-05-29 18:30:02 | 映画



今月末で切れてしまうタダ券がもったいないから観てこい!と、ダンナにチケット渡されて見に行ってきました。

「MIB」は好きなシリーズの一つ。
ウィル・スミスが好きなんだよねー。

前日の夜に復習として1のDVDを観たんだけど、もう15年も経ったのね。
J(ウィル・スミス)もK(トミー・リー・ジョーンズ)も若い!
1はJがKにスカウトされ、黒服を着るまでの過程がとてもおもしろいです。



で、3。
あらすじとしては、突如40年前に死んだことになってしまったKを助けるべく、40年前にタイムジャンプ(スリップではなくジャンプw)するJ。
ヤングKとともに、変えられた歴史を元に戻すべく奮闘するというお話。

まあねえ、MIB自体がトンデモ設定山盛りですから。
突っ込みどころも山ほどあれども

「細けえこたあいいんだよ!」

やっぱ、この映画はJとKのかけあい(と、ピカした後の偽記憶の植え付け)を楽しむ映画ですな。
今回は設定上ヤングK(ジョシュ・ブローリン)とのコンビのほうが長いんですが、ジョシュはトミーにそっくりだしw全然違和感なかったですな。
時間的な都合で吹替版観たんですが、当然ながら声が一緒(BOSSのCMでおなじみ)で、吹替版にしたのも正解だったかも。

最後15分、不意打ちのような感動があって、コメディを楽しみながらもジーンときてしまいました。

JとK、「相棒」と呼び合う二人。
右京さんと薫ちゃんのコンビにちょっと似てるかもw
やっぱバディ物はいいなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加