常識を変えよう!Change commonsense

あなたの常識が変われば 世界はもっと広がる

能力へ翻弄されないために知るべき事

2017年07月12日 | 日記

人は生まれながらにたくさんの能力を持ってこの世に生を受けます。最近の研究では「生後間もない乳幼児は、どんな複雑な音も聞き分けられる」といった発表もなされてますが・・・これは同時に【人は大人になるにつれ、聞き分け能力が低下する】ということも物語ってるのではないでしょうか。

でも、それって 何も聞き分け能力だけにいえる事ではない! としたらどうでしょう? 母親なら皆さん、彼らの習得能力のスピードが大人のそれとは比較にならないことは よくご存知のはず。ひょっとしたら、人って『暮らしの中で必要とされない能力が次々削除されつつある』のかもしれませんね。

このように考えますと、能力って【そのうちの何を選び、どのように使うか?】で、有益にもマイナスにだってなり得るものですから、人生においてこういった“人が生まれながらに持っている能力“の中から何をチョイスし、それをどのような方向性をもって使用するか?は、とても重要な部分になってくるでしょう。

ただ “何かをチョイスする“ には・・当然、その使用目的がはっきりしてることが前提になってきますので・・使用目的が明確でなければ、そういった能力をどのような方向性を持って・・使用するのか? 何を選ぶのか? も不明になるでしょう。つまり【何のために?という目的が存在しないという事】は、どこの何に使用するのか? がわからず “その能力自体に振り回されてしまう事“ を意味するわけなんです。

要点を整理してみますと「人は多くの能力を保持して生まれてくる⇒その中で何を選択して使用するか? は自由だし自分で決めている⇒しかし、人にはあまり目的が存在せず、それもはっきりとはしていない⇒よって、その能力の中から、何を選択してどのように使用するのか?も支離滅裂になってる! と考えられる⇒そうなると当然、自覚もなしにさまざまな能力を滅茶滅茶に使ってしまう⇒ならば、人生そのものも意味不明となる可能性だってある」といった構図も出てくるでしょう。

目的があるからこそ、能力の使い道や方向性も決まってくる。けれど 目的がなければ、能力自体に振り回される。それが人ならば・・・目的を決める作業って、最も大切なことなのかもしれませんね。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人は見たいものを見て、信じ... | トップ | コレステロールと食事は関係... »

日記」カテゴリの最新記事