元・副会長のCinema Days

映画の感想文を中心に、好き勝手なことを語っていきます。

「エル ELLE」

2017-09-09 06:36:57 | 映画の感想(あ行)

 (原題:ELLE)物足りない出来だ。監督がポール・ヴァーホーヴェンだから、もっとエゲツなく、もっとセンセーショナルに盛り上げて然るべきだったが、彼もトシを取って丸くなったのか切れ味不足で退屈至極な展開に終始。期待していた“変態度”が低すぎて話にならない(笑)。

 ゲーム会社の社長を務めるミシェルは、ある日自宅に侵入してきた覆面の男にレイプされてしまう。ところが彼女は警察に通報もせず、訪ねてきた息子ヴァンサンには何事も無かったかのように接する。翌日、いつも通りに出社したミシェルは、共同経営者で親友のアンナと共にスタッフから新作ゲームのプレゼンテーションを受ける。そして周囲に暴行を受けたことを平然と触れ回る。

 ミシェルの父は死刑囚で、母親は若い男を漁っている。ヴァンサンの妻は病院で出産するのだが、赤ん坊の肌の色は黒くて明らかに彼の子供ではない。それでもヴァンサンは普通の夫婦を演じようとする。近所に住む銀行員パトリキは一見マジメだが、熱心すぎるカトリック教徒の妻に振り回されている。斯様に一筋縄ではいかない面々に囲まれているミシェルだが、レイプ事件の真犯人とも奇妙な関わりを持ち続けることになる。

 主演のイザベル・ユペールが高評価のようだが、逆に彼女が画面の真ん中に鎮座することで、映画自体のインパクトがかなり薄められているような気がする。なぜなら、元々ユペールは根っからのクセ者で、特にミヒャエル・ハネケ監督の「ピアニスト」(2001年)では、超弩級の変態ぶりを披露している。そんな彼女が本作でアブノーマルな役柄をエキセントリックなタッチで演じても、“何を今さら”という感じなのだ。

 それでもヴァーホーヴェンの演出が賑々しく盛り上げてくれるのならば良かったのだが、今回の彼の仕事は何やらスマートでハイ・ブロウな線を狙っているためか、どうも及び腰だ。

 曰くありげな人物を多数配しているわりには、突き抜けた描写が見られない。ラストなんか完全に拍子抜け。少なくともヴァーホーヴェンが2006年に撮った「ブラックブック」の足下にも及ばない。主役をユペールのような難物ではなく、普段はマトモな役をこなしているマトモな女優を起用した方が、数段効果的だったはずだ。

 ローラン・ラフィットやアンヌ・コンシニ、シャルル・ベルリングといった脇のキャストは、馴染みが無いせいか印象が薄い。ステファーヌ・フォンテーヌの撮影とアン・ダッドリーの音楽は及第点に達しているが、それだけでは評価は出来ない。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ワールド・アパートメント... | トップ | 「夏の別れ」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画の感想(あ行)」カテゴリの最新記事

7 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
エル (もののはじめblog)
(原題:ELLE, フランス語で「彼女」を意味する) サスペンスとして評判が高いというので、公開初日8月25日に観てきた。 近くの映画館では公開してないため、ららぽーと横浜まで車......
「ELLE」 (ここなつ映画レビュー)
イザベル・ユペールが凄い。どう凄いかというと、どうもこうもなく凄い。それでは身も蓋も無いのでこう言おう。強い女…だがしかし常に芯の部分では孤独にしか生きられなかった、......
「エル ELLE」☆正しい隣人の愛し方 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
原作が凄いのか、監督が凄いのか、女優が凄いのか… 確かに言えるのは、フランス映画なのが成功のカギだったことと、このミシェルを演じたイザベル・ユベールの醸し出す雰囲気が......
エル ELLE (ネタバレ映画館)
ココアのバンホーテンと間違えやすい
エル ELLE / Elle (勝手に映画評)
社会的にも成功した女性が、ある日、自宅で男に襲われるが、なぜか警察に届けようとしない。女性が警察に届けようとしないのには、理由があった・・・。 中々複雑な人間関係です......
エル ELLE (あーうぃ だにぇっと)
エル ELLE@有楽町朝日ホール
エル ELLE  監督/ポール・バーホーベン (西京極 紫の館)
【出演】  イザベル・ユペール  ロラン・ラフィット  アンヌ・コンシニ 【ストーリー】 ゲーム会社の社長を務めるミシェルはある日、自宅で覆面の男性に暴行されてしまう。とこ......